スキー場の早割シーズン券ってリフト券が安くなるけどコンビニでも?

スキー場の早割シーズン券ってリフト券が安くなるけどコンビニでも?

スキー場の早割シーズン券っていうかリフト券。

何やら今年は6月から発売開始したところがあるとか。

ってことで、アンポンタンたちは大騒ぎ。

これって、コンビニで買うよりも安いんですかねえ。

スポンサードリンク

スキー場の早割シーズン券って?

最近はなんでも早割ブームですが、

当然スキー場のリフト券にも早割っていうのがあります。

スキー場って、一部のオタンコナス御用達を除けば、

早くて11月とか12月のオープンですよね。

それに対して、9月10月にシーズン券を買ってくれたら、

お安くしますよっていうもの。

まあ、スノボオタクのアンポンタンたちは、

毎年それを買っているから、7月ぐらいになったら、

そろそろかなあとか言い出すんですけどね。

っていうのも、これが年々発売が早くなっているんですよね。

以前って言っても10年ぐらい前ですが、

そのころは早割といっても10月ぐらいから。

当然ですよね。そろそろ今シーズンの滑る予定を

どうしようかっていうのが、それぐらですからね。

が、ここ数年9月から発売とか、

ひどいと8月発売とかで、もちろん早いほど割引率が大きいから、

オタンコナス達は当然早いうちに買うんですよね。

だって、8月中とかだったら4割引きとかになるとねえ。

定価が6万円だと3万6千で買えるってなると、

1回5千円だとしても、7回行けばトントンですからね。

同じスキー場にそこまでいかないっていう、

極めて全うな人だと、そんなに早くというか、

そもそもシーズン券を買わないでしょうけど。

なんですが、今年(2019年)は、ナント!

6月1日から早割を売り出したスキー場があるっていうことで、

これまたスットコドッコイたちは大騒ぎ。

6月っていうと、かぐらみつまたとかで滑っているオタンコナスだと、

やっとシーズンが終わったところ。月山だとこれからですからね。

そんな時に、もう次回というか、次のシーズンのシーズン券でしゅか?

ってことで、ある意味スキー場も厳しいんでしょうね。

早めにお客を囲い込みたいっていうことみたい。ただね。

この岐阜県にあるウイングヒルズなんですけど、

料金だけはそんなに安くないんです。

せいぜい1万円程度の割引。

なーんだってことですが、そのほかに特典がたくさんあるから

、ウィングヒルズでじゃんじゃん滑る人にはいいみたい。

特にゴンドラ優先乗車とか、ファーストトラックってことで、

通常よりも15分早くゴンドラに乗れるとか、

そういうのは、アンポンタン達にはたまりませんよね。

あと、一般の人でも、同伴者が半額になるとか、

提携スキー場のリフト券が半額になるとかって、結構考えていますから。

ってことで、あのエリアで滑る人は、

ウィングヒルズの早割を検討してみるのもいいんじゃないでしょうか。

スキー場の早割リフト券も

でも、僕ちゃんそんなに滑りまくるオタクじゃないから、

シーズン券はいらないかなっていうのが、趣味スノボっていう人ですよね。

まあ、我々の様にヨレヨレ中年になると、

オタクでもそんなに滑る体力がないから、

回数券で十分なんですけどね。それも余ったりしてね。

なんですが、シーズン券じゃなくても、

1日券の早割をやっているところもあります。

当然定価で買うよりも1000円ぐらい安かったり、

ランチ券がついていたりします。

ですから、必ず行くスキー場が決まっていれば、

そのスキー場の1日券の早割を数枚とか、

ファミリーやカップルなら複数枚買っておくのもお得。

その辺は、スノーナビとかでまとめて買えるから焦る必要はないけど、

それでも11月も中旬になると売り切れますからね。

9月になると確認しておくのがいいと思います。

それに1日券なら、行かなくなっても、

友達とかに同じ金額で売れますからね。喜ぶと思いますよ。

スポンサードリンク

スキー場の早割はコンビニでも

そんなことしなくても、コンビニでも売ってるじゃんっていう人もいます。

もちろん、スキー場によっては、

近隣のコンビニでランチセット券とかを1000円引きとかで売っているところもあります。

ただね。これは結構湯沢エリアのスキー場が多いんですよね。

あと、中央道沿いのスキー場もやっているけど、

結構割引率が低い。せいぜい500円ぐらい。

ですから、ホントにシーズン中数回滑りに行くっていう人ならいいけど、

オタクとまでいかなくても、結構毎週のように滑る人にはねえ。

ちょっとどうですかね。

その辺はべつの記事にもしたけど、

やっぱり色んなスキー場を滑りたいっていうアンポンタンには、

JTBの共通リフト券とか、マックアース30とかでしょうね。

ヨレヨレ中年のために、そろそろ共通回数券とかも出してほしいんですけどね。

はいはい、それよりも共通マッサージ券が必要でした。
鷲ヶ岳高原ホテル・レインボー

チリバツな関連記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

シーズン中10日以上滑りに行くのなら、

シーズン券もアリだけど、やっぱり同じスキー場だけっていうのは、

イントラか修行僧かオタクぐらいですよね。

ってことで、よく行くスキー場がシーズン券を出していれば検討してみるのもいいけど、

首都圏とか関西圏から滑りに行く人は、

趣味スノボの人だとやっぱりいろんなところが滑れる方がいいような気がしますけどね。

では、健康のためギャグと人生の滑りスギに注意しましょう。お大事に。

関連記事
スキー場の早割チケットって?

スポンサードリンク