スノボで不整地とかコブってどうする?滑り方とか板とか

スノボで不整地とかコブってどうする?滑り方とか板とか

春になるとゲレンデも雪が緩むから、午後になるとバーンが荒れるというか、いわゆる不整地って言う奴になりますよね。まあ、コブができたりしてねえ。じゃあ、どうする?ってことで、滑り方とか板とかも考えないとね。

スポンサードリンク

スノボで不整地とかコブは?

スノボオタクとか、レースに出ている人は達は勝手にやってもらえばいいけど、スノボはじめて2~3年目っていうとねえ。

3月になって雪がゆるんでくるとゲレンデが荒れてくるから、なんか滑る気がしないっていう人も多いですよね。

そもそも、雪が緩んだ段階で、今シーズンはおしまいとかね。って、私もそうでしたからね。

ただねえ、バッジテストとか受ける人は、不整地っていうほどじゃないけど、荒れたバーンでもちゃんと滑れるようにならないとね。

これは、1級とかじゃなくても、バッジテストってだいたい午後が検定じゃないですか。ですから、午前中はいいカンジだったのに、午後の荒れたバーンで吹っ飛んだとかスーパー縦回転になったとか言う人も多いです。

って、もちろん私のことですけど、これがねえ、不整地で練習しておくと、多少の荒れたバーンは問題なくなります。

ってことで、ぜひこれからの時期は荒れたバーンで滑ってみてください。できれば、一度コブキャンプとかに入るといいんですけどね。

私もコブとか滑ったことなかったし、大きいのは自分の背よりも高いコブってあるじゃないですか。

ですから、無理無理って思っていたけど、もちろん、最初は小さいコブから、そして段々と大きいのにしていけば、ヨレヨレ中年でもなんとかなります。

その後、普通のバーンを滑れば荒れたバーンでも楽しく滑れるので、シーズンも長くなりますからね。

あと、レースをやるオタンコナス達は、ゲートをもってない人とかだと、敢えてコブに入って練習するみたい。

ってことで、どこぞのオタンコナスデモ&元プロが『楽しく滑るっていうことはどんなバーンでも滑れるようになることです』って言っていたけど、まさにその通りってことです。

滑り方はねえ。中々文字だけだと難しいけど、コブのトップを滑るのか、底を滑るのかっていうけど、初心者は山の途中ぐらいの方がアプローチしやすいですよ。

モーグルの選手みたいに底というか谷を滑れるようになると、かなり直線的に滑れるから早いですけどね。

そういう意味では、スキーからの転向者とかでアルペンオタクの方が、実はコブが得意だったりします。

あっ、もちろん人生の不整地なら私も負けませんけどね。はいはい、不整地滑走じゃなくて、私の場合は滑落でした。失礼、失礼。

スノボで不整地とかコブの滑り方は?

じゃあ、実際にどうやって滑るのかっていうと、それを私に聞くのは無謀というもの。っていうか、もちろんブログで説明している人もいます。

コブのトップで板を回して、谷に向かって落としていくとかなんとか。って、ホントですかあって思うけど。

これは最低動画がないと難しですよね。ある程度コブを滑っている人が、ここが上手く滑れないっていうのなら、勝手にオタク談義をすればいいけど。

ですから、コブ攻略とかいうDVDでも見てください。確かにトップデモとかが分かりやすく解説しているから、知識として得る分にはいいと思います。

が、スノボって普通に滑るのもそうだけど、そう簡単に言われたことはできないじゃないですか。ですから、別にキャンプに入らなくてもいいけど、ゲレンデで実際に滑ってみながらなじゃいとね。

ただ、敢えていうなら、プレス系の滑りってありますよね。ずっと圧を掛けながらターンをするやつ。

それから抱え込み系の滑り。これまた抱え込みターンって言われているやつ。この2つを使える様になるし、使わないと滑れません。

それもあって、抱え込みショートってどうやればいいのとか言ってる場合じゃなくて、とにかくコブ斜面から脱出するだけでも、知らないうちになんちゃって抱え込みになっているから、その辺は覚えておいてくださいね。

結局それば荒れたバーンでも有効になって、今までだとこんな春のバーンはっていうのが楽しくなるって言う訳です。

スポンサードリンク

スノボで不整地とかコブの板は?

ところで、そんな不正というかコブバーンですが、板はやっぱり柔らかい方がいいんですか?って聞かれたら、そりゃーそうでしょう。

以前は、アルペンでもコブ専用のちょっと柔らかかったり長さが短かかったりするモデルなんかも発売されていました。

もちろん、普段はアルペンだけど、コブだけはフリースタイルに履き替えてってこともでも楽しく滑れると思います。

が、単にバーンが荒れた場合、コブじゃないバーンですけど、そういうときは、意外とロングボードの方が安定した滑りが出来たりします。

といっても、これはロングボード依存症に限るかもしれませんが、通常フリーランのときには、すぐにロングボードを乗りたがる人だと、春の荒れたバーンもロングボードの方が、板全体で凸凹を吸収するから、滑りやすいですけどね。

ってことで、その辺もいろいろと試してみてください。もちろん、いきなり綺麗に滑ろうとすると、3ターンぐらいでコースアウトするから気を付けてくださいね。
白馬東急ホテル

チリバツな関連記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

人生の不整地は得意なんですけど、ゲレンデはねえ。コブキャンプとかでなんとか慣れてきたけど、すごーく疲れますよね。

まあ、オタンコナス達は、コブキャンプが終わると、「じゃあ、今度は整地バーンで楽しく」とか言って、リフト終了まで滑るみたいですけどね。

ってことで、健康のため人生とギャグの滑り過ぎにはご注意ください。では、良い不整地を。

スポンサードリンク