NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

ギア

スノーボードのワックスは春でも滑るのはブラシが重要?

春になると雪もゆるむから、スノーボードが滑らなくなるって言う人が多いですね。ギャグを言ってないのかも。っていうか、もちろん春用のワックスを塗るのが重要ですが、意外とブラシをちゃんと使ってない人も多いみたいですね。

スポンサードリンク

スノーボードのワックスは春だと

スノーボードで滑りに行ってると、春になると雪が緩んで板が滑らないって云う人も多いんですよね。私の人生とギャグは毎日滑っているけど。

そういえば、駄洒落大魔王も最近はダジャレを言わなくなって、真面目に検定員試験受けたりしてたけど。

そんな与太話はどうでもいいけど、で、春になると滑るのを辞めるとかいう人もいますよね。それが賢明。あたたくなったら、他の趣味をするのがね。

って言っても、オタンコナス達は、とりあえず3月中はとか4月まではとか、ゴールデンウィークまではとか、好きにやってくださいってカンジ。

ただね。板が滑らないとやっぱり疲れますよね。それに、前にも書いたけど、黄砂とかがやってくると、急にその部分で減速してこけそうになったり。

一説によると、そういうのを「妖怪板挟み」っていうらしいけど、確かに急激に減速すると危ないですよね。

それで、春雪にあったワックスは何がいいかとか、春用のを塗ったのに、なんか合わなかったって言う人も多くて、ウダウダいっているみたい。

その辺のおすすめワックスは以前書いたから、そっちの記事を読んでほしいけど、意外とその前の手立てをしてない人も多いみたい。

結局板が走らない、滑らないっていうのは、ギャグが足りないんじゃなくて、汚れが付いているってことですよね。

雪が汚れているから滑らないし、その汚れた雪が板についているから滑らないって言う訳。

っていうことは、汚れを取ってあげましょうってことです。ですから、まずはしっかりブラッシングをするっていうこと。これで随分違います。

もちろん、春用のワックスを塗るのは大切ですが、4月以降も滑っているオタンコナスだと、ちゃんとホットワックスで下地を作っていますよね。

ってなると、滑りが悪いときは、ゲレンデでも1本滑るごとにブラッシングしてあげると、結構滑りが変わります。

レーサーなんかを見ていると、インスペクションしたあとに、リフトで上まで登って、そこにザックを置いてあって、ブラッシングしていますよね。

あれで随分滑りが変わるんです。ですから、春に滑りに行く時は、簡易ブラシでもいいので、一つポケットに入れておくと、私のギャグより滑るようになると思いますよ。

ブラシの種類は、基本的にはナイロンブラシでいいけど、結構探すとナイロンと間にちょっと柔らかいブロンズが入っていたりして、汚れが取れやすいのもあります。

その辺は、ショップであーだこーだ言って、お勧めのモノを探してきてください。

スノーボードのワックスは春でも滑るのは?

ということで、ワックスはもちろん大事ですが、実はブラッシング。これはゲレンデから帰ってきてホットワックスする時もおんなじ。

特に春は土が出てたり、リフトのオイルが雪に落ちているところとかを通ったりして、ソールが真っ黒ってことが多いですよね。

ですから、まずはブロンズブラシでしっかりブラッシング。黒いカスがかなりでてくると思います。その後は、ナイロン、馬毛と順番にやると、それだけでも結構ソールがツルツルになります。

そして、そこから春用のワックスを塗ると、春雪でもかなり滑りが変わってきます。レーサーの人は勝手にやってもらっていいけど、通常のレジャーだとねえ。

そこまでやらないと思いますが、結局斜度がないところで、スケーティングするかどうかの違い。しっかりブラッシングして、春用のワックスを塗っていると、他の人がスケーティングしているところでも、スイスイ行きますからね。

ってことで、ワックスの前のブラッシング、もう一度動画等でやり方を確認しておいてくださいね。

もちろん、行きつけのショップがあれば、そこで店長に聞いてもいいし、結構ワクシングセミナーとかやってますからね。聞いてみてください。


スポンサードリンク

スノーボードのワックスは春だとブラシが

ということで、春に滑るにはブラッシング重要って言うのが分かったと思いますが、そうは言ってもねえ。スノボ用のブラシって結構大きいのが多いですからね。

ちょっとポケットに入らない。ってことで、そこまで神経質にならないのなら、ザックとかに入れておいて、休憩時や昼食時にっていうのでいいんじゃないでしょうか。

ただ、意外と小型の簡易型のブラシっていうのもあって、それだとポケットに入るんですよですよね。ですから、そういう小型のが見つかれば、ぜひゲットしておくのがいいと思いますよ。

まあ、オタク達になるとねえ、そういうブラシはもちろん、ドライバーセットとか、六角レンチセットとか、よくそんな小型でポケットに入れても危なくないような収納形式になっているなあっていうのも持っていますけどね。

どこでバイン等が壊れても大丈夫ってことみたい。って言う私も小型のドライバーだけは持っていましたが、最近はそれも重いので辞めています。
【マツモトワックス】Miniナイロンブラシ/スノーボード クリーニング用品 ミニブラシ【あす楽対応】


チリバツな関連記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

春はねえ。板が滑らないって言う人が多いけど、レースでもやるんじゃなければ、春雪の滑り方を練習すれば、シーズンも長くなりますからね。

もちろん、ワックスとかストラクチャーも大切ですが、雪質に合った滑り方っていうのもぜひ研究してみてください。ただし、人生にあった世の渡り方っていうのは、未だに分かりません。では、良い春雪を。

関連記事
春用のワックスは何がいい?

スポンサードリンク

-ギア
-,