NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

その他

スノーボードでパウダー時の板とか長さとか埋まるしセッティングは?

ここんところ日本海側は大雪で大変だったみたい。ってことは、スキー場も新雪でウッシッシだったのかな。パウダーの時ってスノーボーダーは喜ぶけど、板を選ばないとねえ。特に長さとかある程度ないと埋まるし、セッティングもどうするかっていうのがありますよね。

スポンサードリンク

スノーボードでパウダーの板とか長さとかは?

スノーボーダーって、パウダーが好きですよね。パウダー食いとかいって、朝イチで、パウダーのところを滑るのを目指している人もいるし。

ってことですが、パウダーってうまく滑れる人ならいいけど、私のようなヨレヨレ中年だと、人生と一緒ですからね。

すぐに埋まるってこと。ですから、当然パウダーよりもハードパックされたゲレンデの方が好きなんです。

まあ、アルペンの人たちはそういう人が多いかな。そのあたりは、パウダーの日はフリースタイルに履き替えるっていう人もいるけど。

もちろん、パウダーボードで滑るのが一番ですが、パウダーボードだとねえ。パウダーの以外はなかなか滑りにくいから、道楽者じゃないとねえ。

そうなると、1本で何でもこなせるフリースタイラーの人たちはウッシッシなんですよね。

が、世の中にはオタンコナスっていう人たちがいるんですよ。アルペンでパウダーを滑りまくるってアンポンタン。

まあ、彼らはアルペンボードしか持ってないから、パウダーボードもへちまもないんですけどね。でも、パウダーも好きってことみたい。

なんですが、もちろんアルペンだとウエストが細いから、沈みやすいですよね。私の人生と一緒。でも、私はおなかは出ているんですけどね。って、関係ないか。

ですから、パウダーになるとロングボードを出してくるんです。っていうか、日頃からロングボード依存症の人たちなんですけど。

面積が広い方が浮力を受けやすいからとかなんとか言いながら、「やっぱりボードが長いと、パウダーでもいいねえ」とか言っております。

まあ、彼らはパウダーでもなんでも、はっきり言って関係ないみたいですけどね。ただ、日頃ハードパックのゲレンデが多いから、たまにはパウダーを満喫しようってことみたいです。

確かにパウダーの日でも、ロングボードだと沈みにくいから、それなりに滑れるけど、やっぱり疲れますよね。

後ろに重心かけないといけないし。それでも、どこかの元プロ&デモがよく言うように「楽しく滑るってことは、どんなバーンでも滑れるようになることです」っていう面からだと、パウダーの日もアルペンボードで滑れるようになると、楽しさは倍増ですけどね。

そういうアンポンタンがいたら、「ああ、アルペンのロングボード依存症の可哀そうな人たち」って思ってやってください。

スノーボードでパウダーの板でも埋まる?

とはいってもねえ。もちろん、ロングボードでパウダーを滑ったことがあります。某山形の天元台での虎の穴キャンプ。

これまたコーチがねえ。その「どんなバーンでも」とかいうおネエさんと、いつでもどこでもロングボードのドーン教教祖でしたからね。

「じゃあ、今日はパウダーだから、ロングボードで楽しみましょう」って、アンタは楽しいかもしれないけど、我々は大変なんだから。

「後ろ足加重でいかないと、ノーズが潜ると滑らなくなりますからね」って、そんなことは分かっているけど、意外とずっと後ろ足加重って難しいんですよね。

もちろん、それでノーズが潜ると、もうダメ。板全体が埋まっていくから、滑るどころではありません。

それにね。一番困るのは、止まったとき。ていうか、1日で1メートルぐらい降ってると、ふかふかじゃないですか。

ですから、ロングボードだとアルペンでも長いから、沈まないんだけど、停止して、後ろ足を外して、足を雪面につこうとしたら、底なし沼みたいに、沈没、沈没、また沈没ってことになります。

そういうこともあって、パウダーだとねえ、埋まるのには注意しないといけません。それでも、板に対する体重のかけ方とか、いろいろと試せるのでやってみてください。

あと、転んでもじぇんじぇん痛くないですからね。日頃できないようなこと、極限まで倒しこんだりとかもありです。

そのあと脱出できなくなっても、責任はとれませんけどね。特にステップインとかのバインだと外すのも大変だから、ご注意ください。


スポンサードリンク

スノーボードでパウダーの板のセッティングは?

ちなみに、パウダーボードでのセッティングっていうのは、これまた結構なセットバックになるみたい。

なんたって後ろ足加重ですからね。ただ、そんなわけで、その日だけアルペンでパウダーを滑ろうっていうときは、セッティングもへちまもありません。

上級者になると、後ろ足をバインから外して、バインの後ろに置いて滑ったりしていますけどね。

まあ、確かにカービングするわけじゃないから、それで波乗りのような感じでスノーサーフィンっていうのなら、後ろ足が固定されてなくても滑れるみたいですけど。

といっても、急斜面になるとねえ。「私をスキーに連れてって」の矢野君みたいに、片足でジャンジャン滑れる人じゃないとねえ。怪我には気を付けてくださいね。
メンズ ヒップパッド ヒップパット プロテクター ガード インナー タイツ スパッツ ヒッププロテクター ケツパッド ケツパット スノーボード スキー 防寒 スノーボードウェア スキーウェア スノボウェア と一緒に スノボ スノボー ボード PS-17


チリバツな関連記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

その山形でパウダーをアルペンで滑った時。ドーン教教祖が「じゃあ、今日はパウダーで転んでも痛くないから、思い切って極端に後ろ乗りとかしてみましょう」ってことなりました。

が、パウダーを滑ったことのある人は分かると思いますが、結構ずっと後ろ乗りって疲れるじゃないですか。ですから、「そんなのやってられないよね」

ってことで、極端な後ろ乗りをした結果、バランスを崩して転倒。パウンダーだから、埋もれて脱出出来ないってことで、時間稼ぎをしようってことになりました。

当然最初はドーン教教祖が見本。「こんな感じで」っていうので、「分かりましたー」とか言いながら、2番手が滑りだします。

おりゃー、とかわざとらしく声なんか出して、超後ろ乗りでターンしながら、転倒。我々はこれまたお約束通り「大丈夫?」とか声を掛けます。

これで10分は休憩だなって思ったら、200メートルぐらい下で見ていたドーン教教祖、ハードブーツなのに、「大丈夫?」とか言いながらダッシュで登ってきて、そのおっさんを救出。

作戦Aは失敗に終わったってことがありました。パウダーとドーン教には気を付けたいものですね。では、良い新雪を。

関連記事
ハンマーヘッドの乗り方って?

スポンサードリンク

-その他
-,