NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

ギア

スノーボード初心者の板の選び方で長さや硬さや形状は?

2017/02/14

スノボデビューして2年、そろそろマイボードがほしいんだけど、選び方ってどういうところに気をつければいいんだろう。やっぱりデザインがカッコイイのがいいよねっていう僕ちゃん。まずは、長さと硬さと形状について知ってね。その辺りをお伝えします。

スポンサードリンク

スノーボード初心者の板の選び方で長さは?

スノーボードの板の選び方って言ってもねえ。なかなか難しいものがありますよね。マイボードを買おうっていうのなら、何度かはレンタルで滑っていますよね。

そういう意味では、レンタルで調子の良かった板を買うっていうのが、失敗が少ないですよね。

っていっても、結構レンタルボードって、どこのメーカーか分からないのとかもあるし、そもそも、そういう目で見てないですよね。その辺りが分かってからでも遅くないですけどね。

えっ?今シーズンはマイボードでステッカーとか貼ってギュインギュイン言わせたいって?困った人ですねえ。じゃあ、とりあえず初心者が選ぶときの着目点というか、注意するところを説明しますね。

まずはボードの長さですよね。スノーボードって、大きく分けてアルペン(アルパイン)という、レースを目的に作られた板と、フリースタイルという、ゲレンデクリージングから、飛んだり跳ねたり、BOXなどの構築物を滑ったりするのと二つの種類があります。

アルペンは、上級者向けっていう人もいますが、そんなことはなくて、スキーからの転向者の場合は、アルペンの方がしっくりきたりします。

が、スノボ人口の9割はフリースタイルって言われているので、今回はフリースタイルについて説明しますね。

えっ?アルペンとフリースタイルの違いが分からないって?じゃあ、ブーツかな。いわゆるスノボブーツっていうか、登山靴のようなゴワゴワのブーツで主に紐で締めるものですが、これがソフトブーツで、フリースタイル用です。

アルペンのものは、ハードブーツっていって、一見スキーブーツとおんなじようなもの。プラスチックで出来ていて、金属のバックルをパチン・パチンと止めるもの。これを使っているのがアルペンです。

ですから、ほとんどの人がイメージしているスノーボードっていうと、フリースタイルになるので、そこだけは間違わないようにね。アルペンオタクの人は、別記事でちゃんと書きますから待っていてください。

で、そのフリースタイルボードの長さですが、一般には慎重マイナス15センチとか言われています。が、これが難しくて、170センチの人だと、身長マイナス15センチっていうと155センチになるけど、180センチの人なら、165センチの板になりますよね。逆に身長が150センチの女性だと135センチってことで、子供用になってしまいます。

ですから、だいたいそれぐらいっていうのも目安に、身長が150センチの人なら、140センチぐらいの板になりますし、180センチの身長の人なら160センチぐらいかなあというところです。

自分の顎ぐらいがいいって話もありますが、これも身長によりますからねえ。まあ、長すぎず、短すぎずってことで、ちょうどいいのを探してください。

なお、一般的には長さが短い方が操作性は上がります。ターンがしやすいってこと。長くなると操作性は落ちるとけど、直進安定性があがります。すなわち高速でも安定するってこと。

ですから、初心者のうちは、ターンのきっかけがつかみやすいちょっと短めっていうのもありです。上達と共に買え変えるということは念頭においておいてください。

ちなみに、私のようにヨレヨレ中年になると、去年できたことが今年はできなくなるから、これまた退化とともに買い替えっていうのが必要になりますけどね。

スノーボード初心者の板の選び方で硬さは?

長さがだいたいこのくらいっていうのが決まったら、次は硬さです。硬さにはいわゆるフレックスといって、縦方向っていうか、板を立てて真ん中辺りを押して硬さを確かめる人がいますが、あの時の硬さをフレックスといいます。

そして、ねじれ具合の硬さをトーションといいます。このトーションっていうのが、スノーボードの場合は重要で、なんたって斜め乗りじゃないですか。そしてねじってねじってターンするから、いくらフレックスが固いっていっても、トーションが柔らかいとイマイチだったりします。

が、そんなこと初心者にはわかりませんよね。それにこれはもう実際に乗ってみないと上級者でもわかりません。体重とかの問題もありますからね。

ですから、これまた初心者向けの一般論として説明しますね。まず、初心者の場合は基本的にフレックスが柔らかい方が操作しやすいですね。

ターンの導入部分や、板に力を加える場合に、板が柔らかいとすぐに反応しますが、固いとなかなか伝わらなくて、ターンがしにくいということがあります。

ただし、柔らかい板っていうのは、今度は高速安定性に劣ります。ですから、上達してスピードが出せるようになると、板がバタバタしたりして、使いにくいってことになります。

ですから、これまた最初の板は、上達とともに次の板に買い換えると言う意識で買うことが重要です。ちなみに、これまた書かなくても分かると思いますが、私の人生はバタバタじゃなくてジタバタしております。失礼しました。


スポンサードリンク

スノーボード初心者の板の選び方で形状は?

あと、形状っていうのがあります。今までというか、10年ぐらい前までですかね。スノーボードは殆どがキャンバー形状といって、真ん中がちょっと反っているというか、地面においた時に、地面から離れていて、しっかり踏み込むことにより、板が雪に食い込み、その反発を使ってターンしたり、ジャンプしたりしていました。

が、10年ぐらい前にロッカー形状というロッカーボードというのが出現しました。ジャズではありません。フォークでもないけど、ってしつこいですね。

これは逆に板の真ん中が雪に付くカンジで、両サイドがちょっと上がっているとか、雪から離れている形状。

ってことで、なんじゃこりゃーっていうのが、当時のスノーボーダーの感想でしたが、このロッカー形状により、板がしなり易いのでプレス系トリックがやりやすいってことで、一部のトリック系ライダーや、パウダーが好きなライダーには絶賛されました。

が、初心者でいきなりロッカーボードを乗ると、その後の操作性が分からなくなるので、最初はロッカーボードではなく、キャンバー形状のものを選ぶようにしてください。

もちろん、オレは一生ロッカーボードしか乗らないっていう、ハードロッカーはの方はお好きなように。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

ということで、ホントにホントに、初心者が最初に買う板ってことで説明しました。連続ターンができるようになって、中級者面でも滑れるようになったら、ゲレンデクルージングなのか、ジブトリックなのか、キッカーなのか、パウダーなのか、はたまたレースなのかなどなど、ご自分の方向性にあった板を探してみてください。

そして、その段階になったら、必ず試乗してから決めるように。意外と人のいうことって自分に当てはまらない事が多いですからね。なお、アルペンの板については、別記事にしますので、そちらを御覧ください。では、良いボードを。

関連記事
スノーボードアルペンの選び方~初心者編
スノボアルペンボードフリースタイルからの転向の場合は?
アルペンボード選びのチェックポイントは?
アルペンボード初心者無料体験レッスンって?
スノーボードのソフトブーツ初心者が選ぶには?
スノーボードハードブーツの選び方は?
スノーボードのゴーグルの選び方は?
アルペンボードは初心者でも乗れるのか?

スポンサードリンク

-ギア
-,