NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

ゲレンデ

白馬乗鞍スキー場のゲレンデやリフト券について

2017/02/14

白馬乗鞍温泉スキー場、通称ハクノリ。何やらアルペンスノーボーダーに人気とか。初心者にもやさしいって聞くけど、ゲレンデってどんなカンジなんですかねえ。リフト券についても知りたいしっていうあなたにお伝えします

スポンサードリンク

白馬乗鞍スキー場のゲレンデって?

白馬乗鞍温泉スキー場って、白馬エリアの中でも一番奥っていうか、まあ糸魚川の方からくると手前になるけど、首都圏とか近畿圏、名古屋方面からだと、一番奥ですよね。

ですから、意外とあそこまで行かずに、八方とか五竜とか、中には手前のさのさかとかまでしか行かないっていう人も多いみたい。それもあってか、結構空いています。って言っても、白馬乗鞍、長いから通称ハクノリって言ってますけど、ハクノリのメインゲレンデは混んでます。

白馬アルプスホテル直結っていうこともあって、バスツアーで若い人もワンさか来るし、ゲレンデも初心者向けですからね。メインゲレンデしか滑ったことがないと、あんな奥まで行っても混んでるし、バーンも面白くないし、って言う声も聴きます。

が、実は里見ゲレンデっていう、ちょっと連絡コースを通らないといけないゲレンデは空いているんです。年末ぐらいかな。混んでるのは。3連休でも空いています。

それに、1枚バーンなんです。ってことは、そう。アルペンおやじ(含むガール;もちろん昔のガールも)にはウッシッシ。ここだけで十分ってカンジですかねえ。

リフト降りてすぐのところは、中急斜面だから、ショートターンで小刻みにいってもいいし、もちろん最初からフルカービングでもO.K.

それに横幅があるバーンだから、ロングボードでロングターンもしまくり千代子なんです。ってことで、我々の中高年スノボサークルは、よく年末年始の集会はここでやっています。

ただ、アルプスホテル方面の若栗ゲレンデから来ると、行きはヨイヨイ、帰りはヨレヨレになるから注意してくださいね。

っていうのも、連絡通路っていうか連絡コースの若栗ゲレンデ付近、里見ゲレンデから行くと最後の部分ですが、ちょっと登りになってるんです。

ですから、その前のところからかなりスピードを付けないと途中でスケーティングをしないと止まります。そんなこともあって、里見ゲレンデは空いているのかもしれません。

でも、一度このバーンを滑ってしまうと、他のゲレンデの混雑ぶりがイヤになるんですよね。特にロングボード依存症に方々には楽しめるゲレンデだと思います。この冬はお試しください。

そうそう、営業期間は、だいたい12月の中旬から。自然雪ですからね。その年によります。クローズは4月第一日曜日。

朝は8時から、クローズが17時かな。ナイターはアルプスホテル正面の若栗ゲレンデしかやってないから、正しい中年は、さっさと引き上げて宿で一杯やってくださいね。

白馬乗鞍スキー場のリフト券は?

で、白馬乗鞍スキー場のリフト券ですが、平日は3300円。土日が3800円です。が、上に書いた里見ゲレンデに行くのなら、コルチナ共通リフト券がお勧め。コルチナ共通券は、平日土日とも4500円。

というのも、里見ゲレンデの一番右側っていうか、コルチナ側は、以前は白馬乗鞍スキー場だったんです。が、今は白馬コルチナスキー場。

ゲレンデだけ見たら分からないんですけどね。リフトが3本かかっていて、一番右側がコルチナになるって訳。ですから、そこを滑るにはコルチナのリフト券が必要です。

が、そのエリアだと両方滑れた方がいいですよね。ですからコルチナ共通券で滑ってください。っていうのも、上で書いたように、白馬乗鞍スキー場のメインゲレンデっていうか、アルプスホテル側から来ると、行き帰りが大変。

特に帰りは、ヘロヘロになりながら最後の登りになっているところをスピードを付けて登らないといけません。その後も駐車場に行くまでには結構滑ります。

が、白馬コルチナスキー場からくると、一番左のゲレンデっていうかリフトで登ると、その里見ゲレンデの一番右側のバーンの上に出るんですね。

ですから、白馬コルチナの駐車場に停めて、そこからのアクセスの方がラクちんって言う訳です。白馬コルチナでも、メインゲレンデではないので、わざわざ里見ゲレンデに来るオタンコナスはそんなにいないってことで、空いていますから。

ということで、できればリフト券はコルチナ共通券を買った方が、身体には優しい滑りができるというものです。特に中高年の方は覚えておいてくださいね。


スポンサードリンク

白馬乗鞍スキー場のアクセスは?

ということで、ハクノリ(白馬乗鞍スキー場)って言っても、実は白馬コルチナスキー場に行くようなものですが、そうすると、駐車場は白馬コルチナの方がいいってことになりますよね。

アルプスホテルに泊まるとかいうのでなかれば、上で書いたようにコルチナからのアクセスの方が断然ラクちんです。ですので、まあどっちをメインにするかは別にして、里見ゲレンデで滑ろうってことなら、コルチナの方がいいでしょうね。

っていうのは、里見ゲレンデ通いのツウになると、実はコルチナでもなく、もちろんアルプスホテルのある方のハクノリでもない駐車場に停めるんです。

というのも、白馬乗鞍スキー場を目指してきて、そこからコルチナスキー場に行こうとすると、途中にコソっと左折できるところあって、その先に駐車場があるんです。

里見ゲレンデ駐車場って奴。そんなに停めれないから、10時を過ぎると厳しいけど、それでも30~40台は停めれるし、意外とツウな人以外は知らないから、まあとりあえず昼前なら行ってみてください。

で、そこに停めれると、里見ゲレンデのすぐ横になんです。ですから、行きかえりもラクちん。もちろん、里見ゲレンデの左2つのリフトしか乗らないていうのなら、コルチナ共通券を買う必要もないってことで、ロングボード依存症の方々が滑りに来ているんです。

ここだけの話なので、ちょっと探してみてくださいね。もちろん、そこでピンクのゾウさんステッカーを貼ったヨレた中年を見かけたら「疲れますねえ」と声を掛けてみてください。きっと後悔する人生が待っていると思います。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

ということで、某スノボサークルなんかも、第一回合宿を行ったゲレンデですし、最初はここに籠っていたっていうプロスノーボーダーとかもいるゲレンです。ロングターンがしたい時には行ってみてくださいね。では、良いロングターンを。

※スキー場についての記事は、こちらにまとめてあります。
スキー場についての記事一覧まとめ

スポンサードリンク

-ゲレンデ
-,