NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

ゲレンデ

白馬岩岳スノーフィールドの営業期間や営業時間と混雑状況

2017/02/14

スノボファンに人気の白馬岩岳スノーフィールド。営業期間や営業時間、それに混雑状況を知りたいっていう人も多いみたい。あと、ゲレンデの特徴とかもって言う人にお伝えしますね。

スポンサードリンク

白馬岩岳スノーフィールドの営業期間や営業時間は?

白馬岩岳ってスノーボーダーにとっては、一度は行ってみたいゲレンデですよね。一時期は、デモンストレーターが3人、プロスノーボーダーもたくさん排出していて、白馬岩岳のスノーボードスクールで教えてもらいたい!っていう人も多みたい。

いやいや、そんな上級者じゃなくて、楽しく滑るだけでいいんですけどっていう人にも、最近は安いバスツアーとかもあるみたいで、今度岩岳に行くんだっていう人も結構いるようです。

そんな白馬岩岳スノーフィールドって、営業はいつからなんですかねえ。白馬エリアは基本的に自然雪なので、その年によります。

ホント、コレばっかりはってカンジで、以前といっても10年以上前ですが、その頃は12月に入ったら営業開始みたいでしたけど、最近は12月半ばとかクリスマスぐらいという年もあるみたいです。

ですので、その年の雪の状態を確認しながら、オープンを待ってくださいね。あっ、でも、クローズっていうか、終了は決まっています。例年4月第一日曜日。

まあ、これも雪の状態によるけど、どんなに雪が多くても4月第一日曜日が最終営業日。少ない時は、3月最終日曜日って言う年もあるみたいですけどね。まあ、大人の事情っていうか、実は田植えの準備とかがあって、そういうことなんですよね。

営業時間は、朝8時からゴンドラが動き始めます。おしまいは上からだんだんとリフトが止まってくるから、16時半ぐらいかな。ナイターはやっていません。ゴンドランの下りは17:00が最終です。

コースは全部で25コース。ゲレンプロフィールはこんなカンジ。
総面積:120ha
コース数:25
最大標高/最低標高:1289m/750m
標高差:539メートル
最長滑走距離:3300メートル
最大斜度:35度
リフト・ゴンドラ数:13本
レベル割合:初級30%、中級50%、上級20%

で、岩岳っていうと、学生スキー大会とかをやるスキー場なので、ガツガツ滑るっていうイメージもあるけど、麓の方では初心者も楽しく滑れます。

あと、3月に入っても、ゴンドラで上まで行けば、トップシーズン並の雪なので、営業期間中は最後まで良い雪質で滑ることができます。でも僕ちゃん初心者だから、上まで行ったら滑ってこれるかどうか心配だなあっていうあなたでも心配いりません。

というのは、よく言われているように、岩岳って上部と下部との連絡通路みたいなところが、通称「廊下」ッて言われていて、コースが狭い上に斜度がほとんどない。

ってことで、その前からスピードを付けて行かないと止まってしまいます。それに、コース幅が狭いので、初心者が座り込んでいたりして、それをよけながら滑らないといけないってことで、ボーダー初心者には厳しいっていう声があるんです。

が、岩岳マスターになると、そんなことも問題ありません。っていうもは、上部ゲレンデで滑る場合は、下りもゴンドラを使うんです。私は毎回そうしています。まあ、これを「岩岳流」っていうんですけどね。

ですから、上部だけで滑り人、下部は雪質が悪い日なんかは、ゴンドラで上に上がって、上で滑る。それでもかなりのコースバリエーションがありますからね。

で、帰るときには下りもゴンドラを使うっていうのが正しい岩岳の楽しみ方です。ゲートトレーニングチームのホワイトモンキース所属の茶原さおり元プロ&デモも、「今日はゴンドラで降りようかな」とか言う日もあるし、全く気にする必要はありません。

特にピンクのゾウさんステッカーを貼った中年が下りもゴンドラを使っていたら、『疲れますねえ』と声をかけて見てください。楽しいひと時が待っていると思いますよ。

あっ、チケット料金を書き忘れた、1日券が4200円プラス保証金1000円です。保証金は帰るときに、機械に入れたら戻ってきますので、忘れないようにね。

あと、早割系の安いチケットもあるので、探してみてください。2900円ぐらいだったと思います。


スポンサードリンク

白馬岩岳の混雑状況は?

そんな白馬岩岳、混雑状況は?って言われると、これが意外と土日は混雑しています。以前は、ってこれまた10年以上前はそうでもなくて、八方とかのほうが混んでいたんですけどね。

ここ数年は格安バスツアーでやってくる若い人が多いみたいなので、土日はなかなか厳しいものがあります。特に下部というか山麓ゲレンデは混んでいますねえ。

ですので、ゴンドラで上まで上がってみてください。そうすると、結構スイスイと滑ることができますからね。でも、初心者の人は上に書いたように、「廊下」で大変な目にあいますから、必ず下りもゴンドラを使いましょう。

そうすると、足も疲れないので、翌日も楽しく連続滑走ができますしね。あっ、でも、いくらゴンドラを使っても人生の疲れは取れませんからその旨お気をつけください。

混雑といえば、岩岳の湯っていうのも、週末の午後3時ぐらいからは混雑します。駐車場の横にあるから便利は便利なんですけどね。ですから、混雑を避けるのなら、白馬地域の他の八方の湯とか倉下の湯とかに行く方がストレスはないでしょう。

ちなみに、駐車場はよほどのことがない限り入れないってことはありません。大会があっても大丈夫。駐車料金も無料ですから安心です。とは言っても、年末年始、3連休なんかは9時以降になると、かなり離れたところになってしまうので、そこは心しておいてくださいね。

白馬姫川温泉 白馬ハイランドホテル


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

ということで、スノボフリークには人気のゲレンデなのが白馬岩岳スノーフィールド。ゲレンデクルージングだけでも楽しく滑れますし、コブもあります。パークは上部ゲレンデの裏手側になってしまいますが、これまたありますので、フリースタイラーからアルパインライダーまで、幅広く楽しめると思います。

また、白馬のゲレンデで一番眺めが良いスキー場とも言われています。晴れると北アルプスの山々くっきり見えるので、ぜひ上部ゲレンデに行ってみてください。では、良い岩岳を。

※スキー場についての記事は、こちらにまとめてあります。
スキー場についての記事一覧まとめ

スポンサードリンク

-ゲレンデ
-,