NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

リタイアに向けて

確定拠出年金の運用は?バランス型とか配分とかナニ?

2017/02/15

160601

だうも、毎度です。投資信託のバランス型ってナニ?配分ってどうするの?とかそういう質問がきました。私に聞くっていうのもねえ。ウンチクラクターとして書いてみますかね。

スポンサードリンク

確定拠出年金の運用は?

 

確定拠出年金って、たとえば、毎月1万ずつの掛け金を積み立てているとして、それをどう運用するかはその人の好きなようにっていうものですよね。

好きで確定拠出年金にした人なら、いろいろと研究して、あーでもないこーでもないってやっていると思いますが、勤めている会社が勝手に確定拠出年金にしているから、よく分からんって言う人も多いみたい。

そうすると、投信とかにするとリターンもあるかもしれないけど、元本割れもあるかもってことで、全額銀行預金にしていますっていう人もいます。

それが正解。金融商品っていうのは、いくら周りがワーワー言って、こっちのほうがいいよとか、銀行に預けるなんてもったいない。とか言っても、自分で理解出来てないものに投資するのはお金を捨てるようなもの。

というのは、こっちのほうがいいとか言う人だって、もし損しても補填なんか絶対にしてくれませんからね。銀行とか郵便局、ましてや証券会社の人のいうことは、理解できないかぎり絶対に乗ってはだめです。

だって、結構金融機関の人でも、突っ込んだ質問をすると、上司に代わりますとかいうことも多いんです。単にノルマとして売らされているだけの人もいるぐらい。ですから、何度も書きますが、内容が理解できないかぎり、目減りするといわれようと銀行預金(郵便貯金)が一番です。

だって、元本保障ですからね。まあ、日本国が潰れたらしょうがないけど、その時はチリバツ共和国にでも亡命してください。

そんな確定拠出年金ですが、今はまだ全額銀行預金でもいいんですけど、この先ちょっとは運用を考えてみたいっていう方だと、投資信託を勉強されるのがいいと思います。

確定拠出年金をどう運用するかというのは、投資信託になりますから。でも、投資信託ってナニ?よく分からんって言う人は、書店に行って、投資信託入門みたいな本を一冊買ってきて読んでください。

買わなくても最近は図書館にでもあります。難しいことを書いてあるのはやめて、字が大きくて読んでいて内容がスラスラ理解できるものがいいでしょう。

1冊読めば仕組みとかがだいたい分かるようになります。で、それでもちょっとどうしようかなあという場合は辞めておきましょう。金融商品は迷った時は辞めるって言うのが基本ですから。

そうじゃなくて、ちょっとやってみようかなあと思ったら、まずは掛け金のうち半分は今までどおり銀行預金、残りの半分で投資信託って言う風にしてみてください。これだと、もし失敗しても、半分は今までどおり預貯金ですから、元本保障です。

それに失敗って言っても、一気にゼロになるわけではないので、毎月ウオッチしていて、ちょっと危ないかなあと思ったら、またまた全額預貯金に戻せばいいわけですから。その辺はすぐに対応できるのが確定拠出年金の良いところです。

私も現在掛け金の半分は預貯金、残り半分を投資信託にしています。それが前回書いた、教科書通りに設定したけど、この3年で元金が1.5倍になったっていうやつです。

確定拠出年金の運用はバランス型?

じゃあ、ちょっと試しに半分だけ投資信託にしてみようかって思ったかもしれません。ここから先は、少なくとも投資信託の入門書は1冊は読んでいるっていう前提で書きますからね。分からない言葉は入門書で確認してくださいね。

で、その半分、投資信託のナニがいいの?ってことですが、これはもうズバリバランス型にするしかありません。1つの投信でバランス型になっていれば、それで十分なんですが、一般的な投信と違って、確定拠出年金の中に入っている投信は、中々そういう1つでバランス型になっているっていうのがないんですよね。

その場合は、自分でバランス型を作るってことになります。っていうか、今でこそバランス型投信って言うのが出てきて、特にそれは成績もいいし、手数料も安いんですが、一昔前はなかったんですね。

ですから、皆さん自分でバランス型の配分にしていたんです。これは投信を今後やる上での基本ですから、出来るようにしておいてください。

っていうのも、簡単です。日々ボケーっとしている私にだってできるぐらいですから。まず投信の種類ですが、いろいろとあります。が、初心者でバランス型を作るには、「国内株式」「国内債券」「海外株式」「海外債権」の4つということになります。

以前はだいたい投信っていうと、1口1万円からだったので、この4つを1口ずつ合計4万円ほど毎月購入していくって言う人がおおかったんですね。

ただ最近は、一口3000円とか、バランス型で既にこの4つが組み込まれているとかいう投信だと、1万円で全部網羅ってこともできます。

それに、確定拠出年金の場合は、例えば毎月の掛金を1万円とした場合、半分の5千円を銀行預金、残りの5千円で投資信託。それも5千円をどう配分するかも自由に設定できるんです。

ですから、世間一般のバランス型を買うよりも低価格でバランス型投信に投資出来るっていうわけなんですね。但し確定拠出年金の場合は60歳まで払い出しできないので、そこのところだけは注意が必要です。


スポンサードリンク

確定拠出年金の運用の配分は?

それじゃあ、確定拠出年金にしている5千円分は「国内株式」「国内債券」「海外株式」「海外債権」にまんべんなくおんなじ割合にすればいいのかなって思いますよね。

これはもう好みというしかありませんから、ご自分で勉強してみてください。って言うと元も子もありませんでしたね。それがわかっている人は、こんなインチキ記事は読んでませんでした。

基本的によくまだ分からないっていう場合は、もちろん、四等分っていうか何%ずつにしますかって設定するところがあるから、全部25%にしても問題ありません。

が、これまた今のご自分の年齢にもよるんですよね。20代30代の方で、まだまだ攻めたいっていうか、多少失敗してもやり直しの期間があるっていう方だと、国内及び海外の株式の比率をあげたほうが、リターンは高くなります。

が、50代で年金開始まであと10年とかになると、まずは資産を減らさない事が一番ですよね。その場合は国内海外ともに債権の比率をあげたほうが安定します。が、その分リターンは少なくなります。

その中間の40代だと、って言っても40代前半と後半で変わってきますが、若干株式を高めにして少し攻めつつ、大きな失敗がないようにって感じですかねえ。

ですから、私の場合は設定したときは、40代前半だったから、国内海外の株式の比率が高めでしたたが、そろそろ人生半世紀ですからねえ。全て等しい配分に戻そうかと思っているところです。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

ということで、そんなこと当たり前のテンテンよっていう方は、途中で読むのを辞めていると思いますが、確定拠出年金ってそういうことなんだって言う方は、これを読んですぐに投信に切り替えないようにしてくださいね。

っていうのは、何度も書きますが、まず投信の入門書を1冊読んでください。そうすると、同じ国内株式を対象としている投信でも、どこを見て選べばよいかが書いてあります。

もちろん海外の株式、国内・海外の債権についてもですけど。それを理解できないうちは、投信には手を出すべきではありません。逆に損することになりますから。全額銀行預金にしていたほうがよっぽど着実に貯めることができますからね。

次回はその辺も解説してみたいと思います。では、良い老後を。

スポンサードリンク

-リタイアに向けて
-,