NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

その他

スキー場の年末の宿の予約とか裏技とか最後の手は車泊?

今年はなんか雪が多そうですよね。やっぱりカメムシのせい?っていうか、そうなると、年末年始っていうか、年越しをゲレンデでしたいとかいうアンポンタンも増えるのかな。って、もう12月ですからね。宿は空いているのかな。空いてないときの裏技ってあるの?最後は車泊ですかね。

スポンサードリンク

スキー場の年末の宿の予約は?

ここんところ、12月のクリスマスでも雪不足の年が続いていたけど、今年(2017年)は、何やら雪が多いというか早いみたいですね。

まあ、私が真面目に滑っていたころは、丸沼とかだと、11月下旬で4~5コースオープンしてたし、12月にはいると8割方滑れましたからね。

ってことで、オタンコナス達も金曜日も休んで滑ったりしています。新雪で雪に埋もれたとか言ってたけど、人生にも埋もれているからしょうがない。

そうなると、そういうオタクというかオタンコナスは置いておいて、趣味がスノボという人たちも、「じゃあ、年越しはスキー場で」とかいいだすんですよね。

確かに「私をスキーに連れてって」でもねえ。スキー場での年越しで、万座から志賀高原まで「4時間かけて振られにいくのは馬鹿だよなあ」っていうセリフがあるぐらいですけどね。

ただねえ。これだけスキー・スノボ離れって言われても、大みそかはやっぱりほとんど満室になるんですよね。

それに、最近外国人が増えているじゃないですか。ですから、ちょっと前までは大丈夫だったところでも、結構「満室です」って言われたりします。

一応、年末というか、大みそかの予約のリミットは11月中って言われていますけどね。昨今は白馬とか人気のエリアは早くなっています。

このブログをいつ読んでいるかによるけど、計画的な人は9月10月から予約しますからね。

それに、雪がなくてもその宿に行くのが恒例になっていたりするから、ホントに人気というか、設備充実で値段もお手頃だと、結構きびしいかも。

ということで、とりあえずまずはネットで検索してみてください。で、空いているところもあります。12月半ばぐらいまでならですね。

が、12月に入ると、やはり値段は高いです。そうじゃなくても、お正月値段だから、結構1割2割増しは当たり前っていうところも多いですよね。

で、いきなり一人3万円とかだとねえ。もちろん、ネットビジネスでウッシッシの方なら、3万円でも4万円でもどうぞってことですが、一般庶民はちと厳しい。

そういう場合は、電話攻撃。ネットに出しているところって、それなりの需要があって、経営者も代替わりしているから、その辺はきちんとビジネスとしてやっています。

が、いまだに家内制手工業じゃなかった、サービス業ですね。一家でやっているようなところだと、ネットもへちまもなくて、毎日の準備でやっとってところもあります。

そういうところは、ネットに出てないけど、結構古くからやっていたりして、意外と穴場だったりするんですよね。

ですから、その地域の観光協会に電話して、12月31日の宿を探していますけど、っていうと、空いてるところを教えてくれたりします。

あと、電話番号一覧を教えてくれたりね。その辺、若い人は電話を嫌がるけど、これは結構使えるので、テレホンアポインターの研修と思って片っ端からかけてみてください。

結構空きがでてきます。それに泊まってみるとウッシッシだったりしてね。成功を祈ります。

スキー場の年末の宿の裏技は?

というのが、正攻法。まあ、観光協会に電話すれば、だいたいなんとかしてくれますけどね。それでも白馬とはいいませんが、人気のところは、本当に満室ってこともあるから、これは出遅れたアンタが悪いってことであきらめてください。

そうはいっても、初めてスノボをするとかじゃなければ、行きつけのスキー場なりスクールとかあるんじゃないですかねえ。

そこで知り合いって言っても、売店の人とか、レストランのおネエさんとか、スクールのイントラとかですが、SNSとかでつながりがあればしめたもの。

その人が居候というか、宿泊しているところが空いてないかどうか聞いてみてください。それに、そこが空いてなくても、結構そういうところって、回しっていうのをやるんです。

うちは一杯だけど、お向かいは空いてるとか、ちょっと離れるけど、○○さんちなら、3人までO.K.とか、持ちつ持たれつの世界ですからね。

ですから、その辺について聞いてもらえるようなら、ダメもとでどこか空いてないか聞いてもらってみてください。

意外と年配のおネエさん(昔の)がやってたりすると、数人ならなんとかなったってこともありますからね。

ということで、一見さんだとだめだけど、そういう意味でもホームゲレンデは一つ作っておくと、何かと便利です。


スポンサードリンク

スキー場の年末の宿は車泊?

それでもやっぱり空きがないっていう場合は、しょうがないから車泊ですな。といっても、最近は、特にスノーボーダーの方は、車泊前提で滑りに行く人も多いですからね。

ワゴン車というか、ミニバンとかで防寒対策バッチリのお泊り仕様のくるまだったら、そっちの方がいいっていう人もいるぐらい。

その辺は、ご自由に。って言っても、私の所属しているスノボサークルに、フィットに板3枚か4枚積んで、それで車泊しているおっさんがいるんですよね。

板を抱いて寝ているみたい。っていってもねえ。よくそれで寝られるなあって思うけど、年末年始は、7連休だか8連休を、それで各地のスキー場を回るんですよね。

確かに今はどこでも道の駅とかあるし、日帰り温泉もあるから、じぇんじぇん問題ないけどねえ。滑り終わったら身体伸ばして寝ないと、筋肉痛が取れそうにないんですけどね。

そのおっさん、人生半世紀過ぎているのに、朝一からリフト終了まで滑ってるんですよね。人間じゃないのかも。猫みたいに狭いところが好きなのかな。

ってことで、そういうオタンコナスはどうでもいいけど、車泊可の車だったら、それもいいかもしれませんね。晩御飯まで、どこかで食べて、あとはさっさと寝て、早く起きてご来光を拝みながらのファーストトラックっていうのもねえ。新年から人生も滑りまくりそうですけどね。
越後湯沢温泉 NASPAニューオータニ


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

年末年始っていうか、年越しをスキー場でっていうのも、もちろん何度かやりましたが、意外とヨレヨレ中年になるとねえ。疲れてさっさと寝てしまいますからねえ。

結構どこの宿も、やっぱり新年ってことで、晩御飯の後に年越しそばが出たり、年越しのイベントっていうか、その土地の伝統の踊りとかやったりと、結構趣向を凝らすところも多いですね。

その辺もあって、年越しをスキー場で過ごしたいっていう人もいるけど、そこは年相応にしないと、元日から滑って転んで長野県になりますからね。お気をつけください。では、良い年越しを。

関連記事
スキー場の年末年始って混雑してる?

スポンサードリンク

-その他
-,