NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

アクセス

ワイパーの雪用ってあるの?交換したら効果は抜群?

車の冬支度っていうと、タイヤとかバッテリーとかがすぐに思いつくけど、実はワイパーもありますよね。特に滑りに行く場合は豪雪地帯ですからね。雪用のワイパーてあるの?っていう人に、交換するにはどうすればいいかとか、その効果についてお伝えします。

スポンサードリンク

ワイパーの雪用って?

このブログって意図してないのに、冬場は毎週のように滑りに行くアンポンタンが読んでいるんですよね。

ですから、そういうオタンコナスたちは、あー、はいはいってカンジでしょうが、たまに間違って、スノボとか、車、冬支度 とかで森田検索してくる人がいるからちょっと書いておきますか。

っていうのは、滑りに行く場合、当然雪があるところに行くわけだから、車で行く場合は、それなりの準備っていうか装備をしますよね。

まずはスタッドレスタイヤとかチェーンとか、あとウォッシャー液とかも凍らないモノに替えるとか。

最近のはキーレスエントリーだけど、鍵穴が凍ってもいいように、瞬間的に溶かすスプレーとか。もちろん、雪かきグッズとか。

なんですが、意外とやってないのが雪用のワイパー。別に替えなくて問題ない人はいいけど、豪雪地帯に何回も行くのなら替えた方がいいですよね。

っていうのも、長野県なんかは広いから、一口に長野に滑りに行くっていっても、中央道沿いとかだと、雪自体はあんまり降らないんですよね。寒いけど。

が、野沢とか行くと、ほんと豪雪。朝駐車場に停めて、夕方戻ってみたら、埋まっていたってこともしょっちゅうあります。

それに、気温が低いから雪かき用のブラシにも絡みついて、雪かきが大変なんですよね。その分、雪質は最高ですけどね。

で、そんなところに首都圏とか関西圏とか、中京圏でもいいけど、雪がないところから行くとなると、道中降雪があるとねえ。

いくらワイパーを動かしても、ワイパーに雪がくっついて、でんでん前が見えないんですよね。これは経験してみないと分かりません。

っていうのも、通常のワイパーってもちろんガラス面にはゴムで雨とか雪を拭くんだけど、それ以外は金属ですよね。

ですから、いくら熱線で溶かしても、外気がマイナス10度とかだと、すぐに凍ってしまうんですよね。そこにじゃんじゃん降雪があるから、またまた雪がくっつく。

ってことで、ワイパーを動かしているのに、気が付いたらワイパーが雪を集めたみたいなカンジになって前が見えなくなるんです。

しょうがないから、信号待ちにときに手で雪を取らないとってことで、よく窓から手を出して何やらしている人がいますよね。アレですアレ。

これがねえ。新潟県の湯沢ぐらいだと、年とか月によるけど、そこまで冷えないから、簡単に手で取れるし、雪用のワイパーでなくてもなんとかなるんです。

が、野沢みたいに雪もジャンジャン降るし、気温も低いってなると、雪用ワイパーじゃないと前が見えなくなります。

ってことで、長野県とか新潟県に住んでいても、「今まで雪用のワイパーにしたことはない」っていう人もいるから、その辺はどこに滑りに行くかで用意してくださいね。

まー、人生もギャグも滑ってるオタンコナスたちは、当然どこに行くか分からないから、雪用のワイパーにしていますけどね。

っていうのは、雪用のワイパーってブレードの部分もゴムで覆ってあるから、雪がつきにくいんですよね。

それで、気温が低くて豪雪地でもワイパーに雪がくっつきにくいってことで、前が見えなくなるってことが少なるなるんです。

そのあたり、当ったり前のテンテンよっていうオタンコナスはいいけど、知らなかったーっていう方は、カーショップで雪用のワイパーっていうのも見てみてください。

ワイパーを雪用に交換するには?

じゃあ、今年は結構野沢とかにも行くから、冬用のワイパーに替えよっかなあっていう場合、どこに行けばいいの?ってことですが、カーショップで大丈夫。

もちろん、新車で買ってすべてディーラーに任せているっていう場合は、ディーラーでやってくれます。

が、自分で替えれる人は、こんなブログ読んでないか。ああいうのって、工賃が高いじゃないですか。ですから、自分で替えれる人は、自分で替えてください。

ただね。通常ワイパーってゴムだけ変えればいいけど、冬用のワイパーはブレードごとの交換になるから、そこはきちんと確認してくださいね。

って言っても、通常交換の仕方が箱に書いてあるから、日本語が理解できて、通常の作業ができる人なら問題ありません。

私も若いときは自分で交換していました。が、この年になるとねえ。そもそも、説明書の文字が小さくて老眼には読めない。

以前できたことができなるなってるから、ワイパーブレードを外すところからできない。それに、そんなことしていると腕がつって大変。

っていうような人はカーショップなり、ディーラーなりに頼んでください。お金はかかるけど、無用な時間とか身体の不具合とかおきませんからね。

ちなみに、雪用のワイパーって、ちょっとお高いんです。って、もちろんブレード全部ですからね。だいたい数千円です。

ワイパーって数百円っていうイメージだと、なんじゃそりゃってことですが、それはワイパーゴムだけの値段。

夏用っていうか、通常のワイパーでもブレード全部だと、2~3000円はしますからね。空気抵抗を抑えてとかいううたい文句に騙されるオタンコナスは、すぐに交換しているからわかると思いますけど。

ってことで、気になる人は一度カーショップで、「冬用ワイパー」っていうのを見てくれば、だいたいの値段がわかると思いますよ。


スポンサードリンク

ワイパーを雪用に交換したら効果は?

でも、その雪用のワイパーにしたら、本当にバッチリ雪がつかないの?って言われるとねえ。こればっかりは、どこまではバッチリなのかは人それぞれですからね。

もちろん、夏用っていうか、通常のワイパーに比べれば格段に雪がつかないから、視界は良好です。

が、じゃあでんでん雪がつかないかっていうと、そんなことはないじゃないですか。ですから、その辺を指摘して、雪がつかないって言ったけど、意外とくっついてるじゃん、嘘つき!

って言われてもねえ。そこは許容範囲ってことでお願いします。ただ、野沢なんかの豪雪地でも、雪がどんどんくっついて前が見えなくなるってことはないから、そこはケースバイケースでお考えください。

まあ、毎週滑りに行ってるアンポンタン達が、ほとんど雪用のワイパーに替えているってことを考えると、やはりそれなりの効果はあるってことですよね。
【PIAA ピア】【FSS50BW】雪用ワイパー フラットスノーシリコート 適用品番50B 500mmスノーワイパーブレード


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

東京に住んでいるときでも、毎週のように滑りに行っているときは、当然スタッドレスに替えると一緒に冬用のワイパーに替えていました。

が、上にも書いたけど、意外と新潟の湯沢なんかだと気温がそこまで低くならないから、普通のワイパーでも大丈夫だったりしてねえ。

ただ、湯沢もそうだけど、長野県の豪雪地飯山とか、白馬も降るときはそうだけど、あの辺は冬用のワイパーじゃないと、マイナス10度とか当たり前だから、普通のワイパーだと視界が確保できなんですよね。

あっ、もちろん冬用のワイパーに替えても、人生の視界がクリアになるかどうかはその人の人生によるから、視界が悪いって言われても知りません太郎。では、良いワイパーを。

関連記事
スタッドレスタイヤの各社比較

スポンサードリンク

-アクセス
-,