NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

その他

スノーボードの怪我はシーズン初めが多いし中級者は調整から

早いところだと、10月頭からスキー場がオープンするってことで、滑りに行こうと思っているオタンコナスがたくさんいるみたい。ですが、シーズン初めは怪我が多いですからね。それも中級者あたりがねえ。まずは調整から、じっくりやりましょう。

スポンサードリンク

スノーボードの怪我はシーズン初めが 

スノーボードって、季節のスポーツだから、シーズンオフがありますよね。っていうか、シーズンの方が短いぐらいかな。

ですから、10月からオープンするキー場があるってことで、張り切っているオタンコナスがいますが、滑り始めは気を付けてくださいね。

というのも、いくらオフトレをやっていても、雪の上との感覚って違うじゃないですか。特に10月とかのゲレンデはコンディションも悪いし。

オフトレって言っても、雪渓とかで夏もずっと滑っていて、シーズンオフがないスットコドッコイはご勝手にカンジですが、そうじゃないとやっぱり使う筋肉とかが違いますからね。

比較的似ているウエイクボードとか、スケートボードでも微妙に違ったりするし、そうじゃないと、足裏の使い方とかがねえ。

そういう意味では、シーズン初めは初日はホントに感覚を確かめるだけ。足裏の使い方とかを試してくださいね。

そうじゃないと、「オフトレもやってるし、じぇんじぇん大丈夫」とか言ってると、いきなり不整地で吹っ飛んで、怪我したって言う人もいます。

そうなんです、不整地がねえ。できるじゃないですか。いくら富士山の麓だか、どっかの寒冷地だか知らないけど、まだまだ気温は高め。

ってことは、そういうところにアンポンタンが集結すると、すぐにゲレンデが荒れてきますよね。人工のウエイブが出てたりしてね。

それを無視して、2~3本足慣らしたってんで、フルカービングとかすると、これが布団が吹っ飛んだってことで、本当に下手すると骨折とかになるから気を付けてください。

スノーボードの怪我は中級者の方が

っていうのも、我々ヨレヨレ中年になると、まずそういう10月とかのシーズン初めにはいくらゲレンデがオープンしているからと言っても、滑りに行きません。

ですから、怪我のしようがないんです。それに初心者だとねえ。「去年やったけど、どうだっけ?」とか、これまた慎重。

なんですが、中級者っていうか初級脱出ぐらいの人だと、ちょうどスノボが面白くなったところだから、年齢に関係なく、スキー場がオープンと同時に滑りに行くんですよね。

で、一応最初の2~3本は足慣らしとかいうけど、「去年やったことができるから、これならトップシーズンまでに、じゃんじゃん滑ってレベルアップするぜ」とか言って、初日から全開。

もちろん、そんなことをすると身体は全壊ってことで、運が悪いとそのシーズンを棒に振るから本当に気を付けてください。

上級者になるとねえ。上級者っていうかトップレベルですが、その時期何をすべきかが全部ノートに書かれているから、一つ一つ確認しながら、次のステップってことで、怪我のしようもありません。

まあ、そんなレベルには到底無理でも、トップライダーがどういう風にシーズンインをしているかは、キャンプ等で聞く機会があれば聞いてみてください。とっても参考になると思いますよ。


スポンサードリンク

スノーボードの怪我防止はまずは調整から

ということで、上級者はもちろん、ちゃんとした中級者もシーズン初めはいわゆる「調整」っていうのをやります。

これは用具の調整でもあります。セッティングっていうやつ。去年と同じはずだけど、ヨレヨレ中年になると、年々体力が衰えるから、イマイチしっくりこない。

バリバリの現役の人達は、オフシーズンにパワーアップして、去年よりももっとパワフルに滑れるようになったとかいうこともあります。

ですから、セッティング調整ですよね。それで早くても2~3日はかかります。ついでに身体の調整もってことで、同じように圧をかけて言っても大丈夫かとか、身体の使い方を一つ一つ確認してくのが調整です。

そういうことを考えると、やはりシーズンインして、最初の2~3日から5日目ぐらいまでは、3割5割と言うところかスタートして、10日目ぐらいからフルでっていうのが、無理のないシーズンインじゃないでしょうか。

あっ、もちろん私の様に人生3割3分3厘の人は、ずっと3割のままでいいんですけどね。ちなみに、私の人生は未だに、0割2分5厘ぐらいです。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

歳を取ると、去年できたことができない。ひどいとオフシーズンの間に膝が痛くなって、階段が降りられなくなったとか、靴下が履けなくなったとかありますからね。

シーズンインどころではありません。そういう意味では、30代後半から、まだまだ若い者には負けんとか言っている40代前半の人が危ないかも。

着実に老化は進んでいますから、去年できたからといって、いきなりの無茶は自爆行為です。お気を付けください。では、良いシーズンインを。

関連記事
スキー場の記事まとめ一覧

スポンサードリンク

-その他
-,