NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

ギア

スノーボードのエッジ角度ってどうするの?チューンナップで75度?

9月になったらスットコドッコイ達がって書いたら、早速エッジ角度を88度にしましたとかいうオタンコナスからもメールをいただきました。88度でも87度でも勝手にやってくれ。っていうか、エッジ角度ってそんなに重要なの?チューンナップでしてもらうしかないけど。中には75度にしたって人がいたけど、ホンマかいなってカンジ。

スポンサードリンク

スノーボードのエッジ角度って?

前回の記事で、9月になるとJSBA(日本スノーボード協会)の年度が新年度になるから、スットコドッコイ達が騒ぎ出すって書きました。

そんなこと言ってたら、JSBAのイヤーブックも届いたってことで、やっぱりアンポンタンたちが何かし始めるみたい。

というのも、これまたスノボオタクから、『先日ショップに行って、エッジ角度を88度にしてもらいました』だって。まあ、そういう時期ですからね。

っていうか、88度にするとどうなんだってことですが、当然食い付が良くなるから、カービングがしやすくなるっていうか、ギュインギュインのカービングが出来るってことになりますよね。

まあ、オタンコナスの人達は88度でも87度でも勝手にしてもらればいいけど、私の様に、趣味でスノボやってる人だとねえ。何?そのエッジ角度っていうのは?ってことになりますよね。

エッジ角度はエッジの角度ってことで、ボートのエッジを研磨した時の角度です。っていうか、アレって90度じゃないの?って思いますよね。

基本は90度です。出荷時は90度。だって、直角ですからね。ただ、90度のままだと、ボードの形状によっては雪面に噛みすぎたりして、ズラしができなかったりするんですよね。これは人生がズレている人でもズレないんです。

あと、すぐにエッジが引っかかるって言う現象も起きたりして。ですから、意外とエッジチューンでは、ベースっていうソール面のエッジを1度ほど落とすっていうか、引っかからないようにする人が多いんです。

そうすると、ソール面が1度落ちているから、サイド面からすると、90度じゃなくて、91度になってしまっているから、そこも1度落とす必要があって、それを89度って言ってるんです。

ですから、よく言われるのはベース1度のサイド89にしておきますか?なんて感じで、ベースをちょっと丸めるっていうか引っかからないようにするけど、横も1度落とすから、トータルでは90度でバッチシカービングしますよって言う奴。

なんですが、レーサーとかになると、もっとギンギンにしたいってことで、サイドを1度じゃなくて、2度削って88度にするって言う人もいます。

それが冒頭で書いた「エッジ角88度にしちゃいました」っていうアンポンタンのこと。確かに食い付はいいんですけど、エッジを鋭くすると、今度は丸くなるのも早いから、アイスバーンとか滑るとすぐに丸くなって、またチューンに出さないといけないっていうことになります。

過去に、某レジェンドデモが、「87度っていうのを試そうと思っている」って言っていた時期があったけど、それはデモってことで、何本もボードがあるから、大会で1本滑ったら、スペアに変えるとかできますからね。

ちなみに、今は実業家になってしまったけど、アルペンの女王って言われていた某デモ、さびサビの板を誰かが持ってきて、「懐かしい」とか言って乗ったけど、キレっキレのターンしていました。

その時私は88度の板だったけど、当然ズレズレのドリフターズ。やっぱり弘法は筆を選ばずってことみたいですよ。

ですから、趣味で滑る人は、89度でも88度でもお好きなように。でも、87度とかは止めておいたほうがいいと思いますけど。

スノーボードのエッジ角度はチューンナップで?

ところで、そのエッジ角度、どこでどうすればいいの?ってことですが、上級者とかオタクな人達は自分でやる人もいます。

が、エッジはかなりデリケートなところだから、通常はチューンナップのときに、エッジ角度はこんなカンジでって言えばそうしてくれます。

が、実際は88度って言っても、全部88度ってことはなくて、ノーズからヘッドの部分は食い付がいいように88度で、ウエスト部分は88.5度。テール部分はまた88度とかそんなカンジですかね。

それに、どんな滑りをしたいかにもよるから、バリバリのレースなのか、テクニカル系の何でもありなのか、単にクルージングしたいのかにもよって違ってくるから、行きつけのショップで、こんなカンジでっていうと、じゃあこの板だとこうしておきますかってことになります。

板の特性とかもあるから、88度にしてくださいっていっても、この板だと意味ないよってこともありますからね。そこは、いろいろと相談してみてください。

できれば、店長とかと一緒に滑ってみると、アンタの滑りだとこれぐらいの方が良いパフォーマンスが出るからとかも言ってもらえますからね。オタクのマネして、単に数字だけ言わないように気を付けましょう。


スポンサードリンク

スノーボードのエッジ角度を75度に!?

ということで、通常は89度かせいぜい88度。今はそういう人がいるのかどうか知らないけど、ギンギンにしたいって言う人で87度にするかどうかってカンジです。

それもあって、私はよくギャグで、「じゃあ今期は85度にしてもらおうかな」とか言ってました。ら、店長も「そんなに削ったら芯が出て乗れなくなるよ」とか、相手してくれたけど。

って思っていたら、この前サイト見てたら「エッジ角度を75度にしようかと思っています」って言う人がいました。75度って、出来るんかい?ってカンジ。

多分素人っていうか、初心者脱出系の方だったので、サイドウォール角の事じゃないかと思うけど、エッジ角度で75度って言うのが出来るのなら、是非乗ってみたいものですね。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

メタルボードが出てからは、もちろん上級者はエッジ角度も重要でしょうが、ヨレヨレ中年になると、逆にずれないから、エッジ角度はベースをマイナス5度ぐらいにしてもらった方がいいんじゃないかと思ったほどです。

その分、急斜面でも谷周りからエッジが食いつくから、俺って天才?って思いましたけどね。って言っても、ホントにずれないから、緩斜面でもギュイーンってなって、逆に危なかったですね。人生もそれぐらいズレないといいんだけど。

では、エッジ角度の研ぎすぎにご注意ください。お大事に。

スポンサードリンク

-ギア
-,