NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

ゲレンデ

スキー場のシーズン券が安いのは?おすすめとか格安とかは?

スノボとかスキー依存症のオタンコナスは、そろそろ今年のシーズン券をどうしようかなあっとか言う時期ですよね。そういうアンポンタンは勝手にやってもらって、今シーズン初めてシーズン券を買おうと思っている人だと、安いのはどこ?とかおすすめとか格安とか知りたいのかな?

スポンサードリンク

スキー場のシーズン券が安いのは?

9月になるとスノボオタクはそわそわするんですよね。一つはJSBA(日本スノーボード協会)の年度が新年度になるっていうのがあるみたい。

それから、地域によっては朝晩は少し涼しくなるから、ベースワックス30回とかいうアンポンタンは、ワックス作業を始めたりね。

そして、もう一つはシーズン券ですよね。シーズン券って、もちろんホームにするゲレンデがないと意味がないけど、昨今早割でかなり安くなったりしますからね。

というのも、以前はシーズン券の販売って、だいたい10月からで11月中に買えば2割引きとか3割引きというカンジでした。

が、いつの頃からか9月から販売するところが出てきたんですよね。当然、9月一杯だと超安い。スキー場によっては半額ぐらいじゃないですか。

で、10月11月と段階的に高くなるから、ホームゲレンデが決まっている人は早めに買うみたいですよね。

もちろん、以前ここでも紹介した共通シーズン券っていうのがあります。系列のスキー場だとどこでも使えるって言う奴。

あと、JTBのなんかだと全国の主なスキー場だとどこでも使えるって言う奴ですよね。

ホームを決めてなくて、いろんなところで滑る人はそっちの方がいいでしょうけど、それだとどうしても5万とかそれぐらいかかるんですよね。

ホームが決まっている人なら、そのスキー場しか滑れないけど、3万とか、下手すると2万っていうところもあったりするので、そろそろ気になるスキー場をチェックしてみてくださいね。

あっ、オタクの人は別にコメントくれなくていいですかね。僕ちゃんは毎年どこそこのシーズン券を9月中にいくらで買っているとか。

中には去年のシーズン券を写真入りで送ってきたりするから、ご勝手にどうぞ。人生の滑り過ぎにも注意してほしいですよね。

スキー場のシーズン券のおすすめは?

じゃあ、そのスキー場のシーズン券、お勧めは?ってことですが、シーズン券だから、そのスキー場に滑りに行かないと意味がないですよね。

単に安いっていうだけで買うと、行ってみたらあんまりしっくりこなかったってこともあるから、そこは気を付けてください。

ただ、中にはいわゆるローカルスキー場っていうのがあるじゃないですか。メジャーじゃなくて、地域の人がメインで滑るスキー場。

そういうところは、そもそもリフトチケットが安いですよね。ですから、シーズン券も安いです。

ですから、行ける場所なら早割で買っておくのも一つの手です。だって、8回行けば元が取れるとかいうこともあったりして。

その8回っていうのが、1回あたり2500円とかだとねえ。毎週滑りに行く人だったら、今日はちょっと出遅れたから足慣らしとか、そういうときはシーズン券が使えるところでもいいじゃないですか。

もちろん、そこがバッチリのゲレンデ構成だということないんですけどね。長野市周辺なんかだと、いいづなリゾートが結構早めに買うとお安くなっています。

が、2017-2018シーズンは経営も変わったんじゃないかな。ですから、そこは確認しておいてくださいね。


スポンサードリンク

スキー場のシーズン券の格安は?

ところで、シーズン券を格安で買う方法ってあるの?って言われるとないことはないってカンジですかね。

っていうのは、スキー場によってはもちろん早割って、超早割とか言って9月中に売り出すところは安いです。

が、中には10人以上一緒に買うと破格とかいうスキー場もあります。10人以上2万円だかなんか、15人以上で1万5千円。20人で1万1千円って、高いスキー場だったら2回分じゃんってところ。

でも、ちゃんとした結構大きなスキー場だったりするんですよね。ですから、チームとかサークルとかだとそういうところのスキー場にするのもありですよね。

あと、そういうところはだいたい地元のショップが集団買いすることが多いんです。ですから、しょっちゅう北信に滑りに行くってことなら、地元のショップにも顔出しておくと、「じゃあ、一緒に買う?」ってことになりますからね。

そういう意味でも、ショップは本当にサロンってカンジで、もちろんボードやブーツを買うのが一番ですが、プロショップになれば、「ちょっと来ました」っていうのもありです。

まあ、あんまりそんなことしていると「銭にならないのがまたたむろしているからねえ」とかいうけど、実はうれしいですかね。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

20人だかで1万1千円っていうのは、上越のとあるスキー場。今年はやってるのかどうかまだ未確認だから、具体的な名前は控えさせていただきましたが、結構そういうところがあるんですよね。

ですから、そこをホームにしているチームはもちろんこと、ショップなんかでも、ウチはどこそこのシーズン券一緒に買うから、必要なら申しこんでってことがあります。

その辺は、地元民とも仲良くなって、情報を入手してください。では、良いシーズン券を。

関連記事
スキー場の共通シーズン券って?

スポンサードリンク

-ゲレンデ
-,