NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

ゲレンデ

日本スキー場開発の本社が白馬に?本社変更で定款とか配当は?

日本スキー場開発が本社というか、正しくは本店ですが、それを白馬にするとか。って、どういう意味?定款も変えるとかで、かなり白馬にシフトするみたい。今後の配当というか、株主優待も気になりますね。

スポンサードリンク

日本スキー場開発の本社が白馬に?

日本スキー場開発っていうと、ウィンタースポーツ軍団っていうか、スノボとかスキーオタクにはおなじみですよね。

白馬の八方尾根とか岩岳とか栂池もですよね、あと鹿島槍もかな。菅平とか竜王とか、長野県のスキー場をたくさん運営している会社。

もともとは、日本駐車場開発っていう駐車場屋さんだったんだけど、スキー場にも進出してきています。

で、その日本スキー場開発が本社というか、本店を白馬に変更するっていうのを発表しました。

まあ、最近は何でもかんでも白馬っていうか、HAKUBAって世界的にスノー関係、登山関係では有名になりましたからね。

パタゴニアも直営店を出しているし、その他登山関連のショップも直営店を出しているってことで、日本スキー場開発も本店を白馬にするんですかね。

あっ、ちなみに本店と本社って、微妙に違うんですよね。知ってる人は、あーはいはいの世界ですけどね。

本店っていうのは、どんな会社でも、もちろん合同会社どこふく風もですが、登記するときに決めないといけないものなんです。

法律用語だし、定款には「本店をチリバツ共和国1-1-1に定める」とか明記されるんです。

ですから、法人税も本店があるところの自治体に治めます。大きな会社の本店があると、その自治体も潤うってことですかね。

本社っていうのは、いわゆるその会社の中枢機能があるところ。ですから、大阪発祥の会社が、東京本社とかいう言い方をすることもありますよね。

その場合、だいたいは大阪にも本社があって、本社が2つあるんかい?ってことになります。2つでも3つでも大丈夫。ただし、本店は1つだけなんです。

っことで、まあ本店をその土地にするってことは、その土地に深いつながりをもちますよっていうことになります。

ですから、特に今回のように、もともと東京に本店があった会社が、白馬に本店を移すっていうのは、白馬につながりをもちますよ。ってことを内外にアピールするってことでしょうな。

そういう意味では、合同会社どこ吹く風も、いずれ白馬かどこか、雪に関連したところに本店を変更してもいいかも。

はいはい、そんなインチキな会社は来られたらイメージが悪くなるから、来るなって言われてしまいますね。世の中厳しいですな。

日本スキー場開発の本社変更は定款も変える?

まあ、上にも書いたけど、日本スキー場開発ってスキー場を8つかなんかもっているんですよね。そのうち6個が長野県。で、その中でも白馬に集中しているってことで、白馬が拠点ってことにするんでしょう。

ただ、本店を変更する場合は定款も変えないといけないんです。変更登記っていうやつ。なんですが、何やら本店の変更だけじゃなくて、他の項目も少し変えるみたい。

不動産の売買、交換、賃貸借、管理、仲介とか、地域開発の調査、企画、設計、コンサルティングも、改めて事業内容に加えました。

ってことは、白馬でマンションとかホテルとかなんかそんなこともやるのかも。外国人がこぞって別荘を買い漁っていますからね。

中々目の付け所がいいっていうか、誰も考えているんだろうけど、そもそも資金がないとね。出来ないことだから、羨ましい限りです。

そういえば、青木湖スキー場とか、ずっと売りに出ているけど、鹿島槍を持っているんなら、ついでに買ってくれてもいいのにね。

上場企業だから、株主総会かで「青木湖スキー場を買わないんですか!!」って質問してもいいかも。って、そもそも日本スキー場開発の株式を購入するお金もなかった。やっぱり世の中厳しいねえ。


スポンサードリンク

日本スキー場開発の配当は?

株式っていうと、日本スキー場開発の株式を持っている人には配当っていうか、株主優待がありますよね。

それ目当てで、日本スキー場開発の株式を所有する人もいるぐらい。日本スキー場開発が運営しているスキー場のリフト割引券がもらえるんですよね。

割引券って言っても、半額とかになるから、4000円のリフト券が2000円だとねえ。かなりのお得ですよね。それも1枚で4名使えるのが5枚とか。

売買単位が100株だから、意外と買いやすいのかも。もちろん、多数持っている人で、1500株とか持っていると、シーズン券までもらえるっていうだから、お金持ちは限りなくお得に出来ているんですね。

まあ、私のように明日のおまんまもどうしようかっていう人だと、株式投資なんて別世界の話ですが、意外と株価も1450円ぐらいだから(2017年8月現在)、正規雇用の人だと買えるのかな。
白馬姫川温泉 白馬ハイランドホテル


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

スキー場も、淘汰の時代なのか、大資本のグループに統合されてきていますよね。それでも存続してくれればいいけど、結局どこも買い手がないとねえ。

そういう意味では、ロングボード依存症が好きなスキー場って、だいたいガラガラだから、経営も厳しいし、買い手もつかないんですよね。

やっぱり宇宙人から10億円ぐらいもらえたらねえ。すぐにチリバツスキー場がオープンするんですけどね。では、良いスキー場を。

※スキー場についての記事は、こちらにまとめてあります。
スキー場についての記事一覧まとめ

スポンサードリンク

-ゲレンデ
-,