NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

ゲレンデ

スノボードのチケットの早割が発売に?共通券とかシーズン券とかも

スノーボードのチケットっていうか、スキー場のチケットですな。既に申込み開始のところもあるし、8月になると早割が発売になるところもあって、オタンコナス達はソワソワしているみたい。最近はゲレンデの共通券も増えたしね。もちろん昔ながらのシーズン券もありますけど。

スポンサードリンク

スノボードのチケットの早割が

スノボオタク達って、何度も滑りに行くから、早割で安く買おうって言うオタンコナスがたくさんいるんですよね。

だって、通常だったら、5万6万するシーズン券が、早割とかだったら半額とか4割引きとかですからね。そりゃー、気合が入りますよね。

って言っても、籠ラーズみたいに、そのゲレンデだけっていうのなら、シーズン券でいいけど、多くの人はメインのゲレンデはあっても、他にも滑りに行きたいですよね。

ってことで、そう言うアンポンタンのために、「長野県共通リフトシーズン券」っていうのがあります。

長野県のほぼ全部のスキー場で使えるって言う奴。それにシーズン券だから、何度でも滑れるってことで、毎週滑りまくっているスットコドッコイ御用達なんですね。

が、これが限定200枚で、抽選によって購入の権利が当たるっていうもの。だって、長野県のほぼ全部のスキー場のシーズン券で、3万円ですからね。

普通にチケット買ったら、6回か7回行ったら元がとれるじゃないですか。ですから、すごい競争率。

ただね。これって長野県ってついているじゃないですか。ですから、長野以外の人を長野に呼ぼうってことで、地元民はほぼ当選しないっていわれています。

これはもう今季っていうか、2017-2018シーズンの申し込みが始まっています。2017年は8月24日(木)が締切だから、申しこんでおいてくださいね。

SNOW LOVEのホームページで登録してからになるけど、別に怪しいメールとか来ないから、じゃんじゃん登録しておいてください。

スノボードのチケット共通券は

というのが、今までの流れでしたが、ここんところは、マックアースの共通券っていうのもありますよね。

スキー場再生工場のマックアース。いいのか悪いのかは置いておいて、潰れかかったとかいうか、閉鎖しようかというスキー場を買い取って、再生しているのがマックアース。

ですから、現在は全国的にマックアースのスキー場が増えているんです。ってことで、それじゃあ同じ資本のスキー場なら、これまた共通券を作っちゃえってことで、全国のマックアースのスキー場で滑れる共通券っていうのが出てきました。

これまた例年8月1日から発売で、早割ですからね。当然お得です。今年はだいぶスキー場も増えているみたいだから、確実にってことなら、こっちを買うのも手ですね。

特に私みたいに長野県民だと、長野県共通チケットはほぼ無理ですかね。安全策を取るっていうのならマックアースです。
マックアース30っていうのなら、全国の30のマックアースのスキー場が滑り放題。

8月1日から8月31日の超早割りだと55,555円ってことで、お徳です。この冬も滑りまくりたいっていう方は、お早めにどうぞ。

あと、早割じゃないけどJTBの共通券っていうのがあって、全国の31のスキー場で滑れるシーズン券っていうのがあります。これも誰でも買えます。

シーズン券だから、ホントオープンから5月のクローズまで使えるってことで、複数のゲレンデを滑りまくる人にはおすすめ。5万4千円です。

が、そこまで滑らないって言う人は、27スキー場の共通回数券っていうのもあります。こっちは回数券だから、27枚でおしまい。

まあ、1シーズン30日ぐらいしか滑らないって言う人はこっちかな。私なんかも回数券にしていましたけどね。3万5千円です。


スポンサードリンク

スノボードのチケットの早割シーズン券は?

籠ら―ズ御用達の通常のシーズン券っていうか、そのゲレンデしか使えないシーズン券は、だいたい9月から発売のところが多いけど、これまた昨今早まっているから、メインにしたいゲレンデがあったらチェックしておいてくださいね。

ホント9月とかだったらほとんど半額っていうのもあるから、あまりゲレンデを変えない人はシーズン券を買っておいた方がお得ですよね。

長野市周辺のゲレンデとかだと、2万弱ってところもあるから、これまた4~5回来たら元が取れるって言う寸法です。

まあ、どこもここんところ経営が厳しいから、早めに囲い込んでおこうってことなんでしょうけどね。その辺り、また情報が入り次第お届けします。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

シーズン券のことを、我々はシー券って言ってるけど、若い人は意外とズン券っていういみたい。シー券だと、パー券とかいいたくなりますけどね。

ズン券だと、もちろんズンドコ節っていいたくなりますよね。はいはい、そんなの誰も知りませんでした。

ただ、私の様にスーパーヨレヨレ星人になると、シーズン中1回か2回だし、それも午前1回午後1回ぐらいしか滑らないから、回数券で十分なんですよね。

ってことで、人生とギャグの滑り過ぎにご注意ください。お大事に。

※スキー場についての記事は、こちらにまとめてあります。
スキー場についての記事一覧まとめ

スポンサードリンク

-ゲレンデ
-,