NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

その他

スノーボード協会JSBAの更新時期で会費が変わった?住所変更も?

スノーボードの協会っていうと、日本スノーボード協会のJSBAになるけど、そろそろ更新時期ですよね。何やら今回から会費も変わったみたいだし、住所変更とかも簡単にできるのかな。

スポンサードリンク

スノーボード協会JSBAの更新時期

このブログを読んでいるアンポンタンなら、JSBAに入っているか、以前入っていたから、あ~はいはい、ってことですが、これから入ろうと思っている人とかが、間違ってアクセスしてきたってこともあるから、一応書いておこうかな。

趣味でもっていうか、特にスポーツ関連って協会ってありますよね。日本ナンチャラ協会っていうやつ。

で、スノボの場合もあります。日本スノーボード協会。これがスノボの協会。バッジテスト受けたり、レースに出たり、イントラになったりって言う時に必要。

ですが、これが日本の悪いところで、長らくスノースポーツっていうと、スキーじゃないですか。ですから、全日本スキー連盟(SAJ)っていうのもあるんです。他にもスキー関係の協会はあるけど。

で、オリンピックとかはそっちが仕切っているから、なんだかなあってことですが、一応スノボの協会っていうと日本スノーボード協会で、JSBAってことになっています。

バッジテストなんかもでも、JSBAとスキー連盟と別々でやっているけど、スキー連盟の1級に受かっても、JSBAの2級に受からないって言われています。

が、着眼点が違うから、一概にどっちがどうとはいえないけど、まあ、JSBAの1級に受かれば、スキー連盟の1級もちょちょいのチョイです。

そんなJSBAですが、毎年9月始まりで、8月31日終わりっていうのが、年度となっています。ですから、今は2016-2017年度があと2ヶ月ってカンジかな。

で、だいたい7月になると、次の年度の更新ってことで、会費払って下さーいっていうのが、会報誌とともにやってくるんですよね。

それがもったいないっていう人もいるけど、まあ、毎年色々と変更点があったり、イントラの人は講習の情報が乗っていたり、もちろんイントラやバッチテストの資格は、更新しないと無効になりますからね。

一般会員は、今まで年間5000円。レースに出る人でレース登録をする人はプラス1000円ってことになっていました。新しく入会する人は、登録料が1000円です。

が、何やら次回2017-2018年度から、システムが変わるとか。一律一般っていうか、ユースとかジュニアじゃないと、年間6000円で、レースも出られるってことにしたみたい。

レースに出る人が増えたのと、区分けが面倒っていうのがあるのかも。はたまた財政難で、みんな出られることにして、その分1000円でも多く収入をってことかも。

まあ、なんでもいいけど、その辺が変わっているので、今まで通りと思っていた人は注意してくださいね。

スノーボード協会JSBAの更新で会費が変わった?

で、会費もそんな訳で、レース登録とかがなくなったから、一律6000円ってことなんですが、もう一つ変わったのがウェブ会員っていうやつ。

今までは、会員登録すると、今は年に4~5回でしたっけ?以前は毎月だったんですけどね。会報誌が送られてきます。「雪坊主」っていうA4版の冊子。

それに、イントラ講習とかバッチテストとか、テク選とかレースとかの情報が載っていたんですよね。

あと、会員証も送られてきます。これも以前は紙のものが毎年だったんですけど、何時の頃からか、最初にプラスチック制のものが送られてきて、あとは更新のたびに有効期限とか会員番号とかが書いて有るシールだけ送られてきて、それを張替えっていうやつ。

ですが、ウエブ会員になると、会報誌とか会員証は送られてこないってことみたい。その分、ウエブで会報誌も見ることができるし、会員証もダウンロードできるとか。

会員証って、普段はあんまり使わないけど、バッチテストとか検定のときとか必要なんですよね。それに、サポート店とかで割引があったりして。

ってことで、まあ紙にするのがお金がかかるし、郵送費がねえ。一番かかるってことで、そうしたのかも。それに、冬場はこもる人とかもいて、郵便物だとねえ。結局見ないってこともあるみたいですからね。

ですから、特に申請しないと継続の人は自動的にウエブ会員として登録されるとのこと。ペーパー会員っていうか、今まで通り、会報誌と会員証を送ってほしいっていう人は、カード会員として申請してください。

ただ、カード会員だと、ウエブページは見ることができないんですよね。ですから、カード会員だけど、ウエブも見たいって言う人は、プラス1080円で追加オプションっていうのがあります。

同じ様に、ウエブ会員でも追加オプションで1080円払えば、紙の会報誌と会員証の張替えシールを送ってくれるそうです。


スポンサードリンク

スノーボード協会JSBAの更新で住所変更も?

というのも、2017-2018年度は、段階的に移行していくってことで、両方のコースを作ったみたいですが、2018-2019年度からは、全員ウエブ会員になるとのこと。

そうすると、住所変更とかもウエブ上でチョチョイのチョイってできるっていう訳みたい。特に、レースに出る人とか、その辺結構面倒ですからね。

ですから、そういう面ではウエブ上で完結するっていうのは、ありがたいですよね。協会としても、紙代とか郵送代の節約になるし。

あと、今回だけかどうかは知らないけど、とりあえず2017-2018年度に関しては、ウエブ会員で申し込んだり更新したりすると、抽選でリフト券が当たるみたい。

まあ、それだけ、ウエブ会員になってほしいってことなんでしょうけどね。そうそう、支払も、今までは銀行振り込みか自動引落、あとは郵便局での支払でしたよね。

が、今回からクレジットカードでもO.K.ってなりました。もちろん、コンビニでも払えますけど。ということで、22世紀の社会に対応していこうってことみたいですよ。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

まあ、JSBAでもSAJ(全日本スキー連盟)でも良いけど、そういう協会に登録するっていうのは必要かどうかっていう話はありますが、取りあえずオタンコナスのみなさんは登録していますよね。

うんちくを仕入れないといけませんからね。って、それは私だけか。あと、バッチ検定とか、微妙に着眼点とか変わっていたりするんですよね。

もちろん、イントラの人は協会に登録してないと話になりませんけど。ってことで、真面目にスノボをする人は、登録しておいていいんじゃないかと思います。

そうそう、2017-2018年度の新規登録は7月3日(月)からです。更新の場合も、クレジットカードとか、コンビニで支払う場合は同じく7月3日(月)からになるので、今すぐ行ってもだめですよ。お気をつけください。では、良い更新を。

スポンサードリンク

-その他
-,