NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

山歩き

白馬五竜の高山植物園のオープンは6月から?アクセスや温泉と宿は?

白馬五竜の高山植物園が6月中旬からオープンってことで、ナイトゴンドラとかもあるし、トレッキングコースもあるし、夏も白馬っていいですな。アクセスとか、温泉とか宿に着いてもね。お伝えします。

スポンサードリンク

白馬五竜高山植物園がオープン?

白馬って冬のイメージっていうか、スノボやスキーでウッシッシってことですが、夏も楽しめますよね。

もちろん、北アルプスだから、山登ラーっていうか、山ガール(含む【昔の】)達がワンサカやってくるし、本格的な縦走軍団もね。

ただ、3000メートル級ですからね。そこまできついのはイヤっていう人達が、夏の白馬を楽しもうってことで、避暑を兼ねてやってくるんですよね。

白馬も山がたくさんあるけど、白馬五竜の高山植物園が6月中旬からオープンって、地元の新聞に派手に広告出していました。毎年6月から10月第1週まではグリーンシーズンでオープンするみたい。

10月も後半になると降雪があるし、そもそも9月でも上に上がると、結構寒いですからね。6月もですけどね。

で、白馬五竜の高山植物園って、もちろん高山植物がたくさん植えてあるから、それを見に来るって言う訳ですけど、ちょっとしたトレッキングコースにもなっているんです。

アルプス平自然遊歩道っていうところだと、展望リフトを降りて、一周約30分ってことで、とりあえず山ガールもどきをやってみたい人にはうってつけ。もちろん、山もオヤジでもいいけど。

他にも、見返り坂コースとか、小遠見コースとか、段々と難度があがっていくけど、それでも大したことないから、今年山ガールデビューしたい人にはもってこいです。

白馬だとねえ。他に栂池自然園とか、八方尾根の八方池までのコースとか、どれもそんなにきつくないけど、はじめの一歩というと、五竜でしょうね。

というのも、山麓からゴンドラテレキャビンで、一気に中腹まで行けますからね。そこからもう一面目の前はお花畑ってカンジ。

私の様なヨレヨレ中年だと、一旦ちょっと下ってリフト乗り場に行けば、地蔵ケルンがあるところまで連れてってくれるから、そこで遊歩道を一周してもいいし、そのママ下りながら、植物園を見ながらテレキャビン乗り場まで降りてきてもいいっていう寸法です。

ということで、夏の白馬も冬とはまた違った姿を見せてくれるので、今度のお休みには行ってみるのもいいんじゃないでしょうか。

そうそう、白馬五竜では、グリーシーズンの間は、日曜日月曜日を中心にナントゴンドラっていうのも運行しているんですよね。

夜、上に上がって夜空を楽しんでくださいって言う奴。上りが、19:30~20:00、下りが21:00~21:30で、大人2000円、子供1000円で、ガイド付きです。

通常の昼間のゴンドラ料金は、大人1800円、子供900円。その後のリフト付にすると、大人2200円、こども1100円かな。もちろん、往復料金です。

白馬五竜高山植物園のアクセスは?

で、白馬五竜の植物園のアクセスはっていうと、滑りたガール(含む【昔の】)とか、滑りたオヤジだと、冬場に滑りまくってるから、あ~はいはい。ってことでしょうけど、今回初めてっていう人だとねえ。

白馬ですから、車だと148号線沿いになります。松本方面から来るのか、長野方面からくるのかによってインターがが変わるけど、上信越道の長野インターか、長野自動車道の安曇野インターから、どちらも1時間ぐらいかな。

電車だと最寄駅は大糸線の神城駅だけど、白馬の方がタクシーはたくさん待っていますよね。長野駅から、特急バスもあるから、北陸新幹線を使える人だったら、長野まで新幹線で行って、そこから特急バスで、白馬五竜まで運んでくれます。

長野駅からは1時間ぐらい。料金は1300円ぐらいかな。新幹線口っていうか、東口からの乗車になるから、善光寺口に出ないようにしてくださいね。


スポンサードリンク

白馬五竜高山植物園付近の温泉や宿は?

その白馬五竜の近辺って、結構温泉もあるんですよね。白馬全体が温泉がジャカジャカ出ているし、白馬の温泉については、別記事にしてあるから、そっちを読んでくださいね。

有名なところでは、十郎の湯。24時間やっているし、仮眠室もあるから、リーズナブルにしたいのなら十郎の湯の仮眠室を予約するのもいいかも。

もちろん、周辺にペンションやホテルもたくさんあるから、ゆったりしてもらってもいいんじゃないでしょうか。おすすめはたくさんあるけど、ファミリーやカップルだと、やっぱり眺めがいいというと、ハイランドホテルかな。

ここは立ち寄り湯もあって、それだけ入りに来る人もいるぐらい。夕日が沈むときのお風呂からの景色は最高です。
白馬姫川温泉 白馬ハイランドホテル


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

白馬五竜は、スノボサークルのメンバーが近くに住んでいて、いつも朝練してから出勤っていう舐めたオッサンなんですよね。

冬はもちろんスノボ、グリーシーズンは以前はフィッシングだったけど、去年あたりから、なんかしらないけど、自転車。トレーニングも兼ねているみたい。

ってことで、そんなアンポンタンは置いておいて、とにかく夏にまず白馬エリアに行くには、誰でも楽しめるところなので、今年の夏はちょっと候補にいれておいてもいいんじゃないでしょうか。では、良い白馬五竜を。

関連記事
白馬の日帰り温泉は?

スポンサードリンク

-山歩き
-,