NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

猫に首輪は必要か?安全バックルのものや嫌がる場合は?

2017/05/28

猫って、昔は鈴とか付けていましたよね。サザエさんのタマもそうだけど。が、今って猫に首輪を付けるべきかどうかって、結構賛否両論あるみたい。でも、私は安全性のあるものを付けた方がいいと思うんですけど。って言っても嫌がる猫もいるし。困ったものです。

スポンサードリンク

猫に首輪は必要か? 

猫を飼うっていうと、昔なら首輪をしますよね。鈴とか付けてねえ。シャンシャンなるから、猫ちゃんがどこにいるかも分かるし。

ってことで、飼い猫=首輪っていうイメージの人もいるみたいですが、22世紀の現代だと、首輪は賛否両論別れています。

まず第一に、外に出ていったときに、首輪をしてないと野良猫と間違えられて保健所に連れて行かれるかもしれないっていうのが、一番の心配。

また、首輪にネームプレートを付けていたら、逃亡猫ってことで、連絡してもらえる可能性も高いしってことで、首輪賛成論の方がいらっしゃいます。

が、その反面、猫ってクビの辺りをよく足で掻いていますよね。それに、一番なででもらって気持ちの良いところ。

ってことで、子猫の時から付けていればまだしも、成猫になってから首輪をしようとするとすごく嫌がる猫が多いんですよね。

それもあって、首輪をつけてもそれを外そうとする猫が多いみたい。外すだけならいいんですけど、中途半端に外れて、口に引っかかって猿ぐつわみたいになったりすることも。

そうすると、首輪って結構硬かったりするから、猫の口が切れたり、歯茎に食い込んでやはり怪我をしたりするんです。

それはまだ軽症の方で、もっとひどくなると前足で外そうとして、辺に片方だけ外れていわゆるたすきがけみたいになってしまい、それが擦れて肩からお腹にかけて裂傷になったりすこともあるみたい。

そして、そして一番怖いのは、首輪が何かにひっかかって、首吊り事故になることも。現にそれで亡くなった猫も結構いるんですよね。

ってことで、完全室内飼いを推奨している22世紀の現代なら、首輪は要らないっていう人も結構いるんです。このあたり難しいですよね。

それに、今はマイクロチップを埋め込むっていうのが主流になってきているから、脱走して保健所に捕まっても、マイクロチップで野良猫か飼い猫か分かるから、首輪は必要ないっていう人もいます。

猫の首輪で安全なものは?

ペットというより、既に現代だと家族の一員の猫ちゃんですからね。事故で怪我したり亡くなったりしたら、元も子もありません。やっぱりマイクロチップにすべきですかねえ。

ってことですが、これまた難しくて、マイクロチップを埋め込んでも、必ずしも保健所で対応出来るとはいえないんです。

マイクロチップもほぼ現在は統一されつつありますが、それでもまだ種類が何種類かあるから、そのマイクロチップに対応している読取機がないと、保健所でも飼い猫か野良猫かわからないんです。

それから、マイクロチップにはGPS機能はないから、保健所とかに連行されればいいけど、どこかの民家に紛れ込んだ場合は意味がありません。

ってことで、猫の関連団体とかでは、マイクロチップと首輪と両方しましょうっていうのが、主流ですね。そうすると、マイクロチップで対応できないときでも、首輪に連絡先が書いてあれば、戻ってくることもあるし。

でも、首輪付けて事故が起きたら意味ないし。って心配ですよね。ですから、今は安全設計首輪っていうのがあります。っていうか、首輪を着けるのならそっち。

これは、ある程度の力がかかると首輪が外れるっていう仕組みになっているので、猿ぐつわになったり、どこかにひっかけて首吊り事故になりそうなときは、外れるって言うわけです。

ですから、逃亡したときに、何かに引っ掛けると外れてしまうので、安全ではあるんですけど、そのかわり飼い猫か野良猫か分からなくなるってことで、マイクロチップも入れておきましょうって言うわけなんです。

大きな猫保護団体なんかが保護した猫には、必ずマイクロチップを入れて里親に出していますしね。これまたマイクロチップも賛否両論あるけど、私は入れるべきだと思います。

そうそう、その安全設計の首輪も別に高くないから、首輪は必ず安全設計ものにしてくださいね。そして、着けるまえに、ちゃんと外れるかどうか、手で引っ張ってみて確認してください。


スポンサードリンク

猫が首輪を嫌がる場合は?

ところで、もう一つの問題は、猫が首輪を嫌がる場合ですよね。子猫のときから着けていればそうでもないけど、成猫になって着けようとすると、結構嫌がるみたい。

ってことで、まずはシュ・シュみたいな軽いもの、髪を留める色ゴムとかでもいいけど、あのへんから始めるっていうのがいいみたいです。

で、その後ゴム製の伸びるやつだと、危なくもないし、猫もそんなに気にならないから、それに付け替えて、慣れたあたりで安全設計のちゃんとした首輪にすると、ほぼ大丈夫って言われています。

あっ、それから鈴はダメですよ鈴は。サザエさんのタマとかは鈴をつけていますが、猫って音に敏感。ですから、歩く度に首元でシャンシャンなるとストレスになると言われています。

ですから、鈴はなしでネームプレートだけ。それもプレートと首輪は短めの紐と言うかコードにしてください。ぶらぶらしていると、それも猫ちゃんは嫌だし、ひっかかると危ないですからね。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

ということで、中々むずしい問題ではありますが、普段はおとなしい猫が何かの拍子にびっくりして、玄関がちょうど空いた時に逃げてしまったっていう話はよく聞きます。

また、地震とか家事とかの災害のときに、逃げてくれたのはよかったけど、そのままどこに行ったかわからなくなることも。

ってことで、逃亡対策は網とかだけじゃなくて、猫ちゃん自身にも施すことが必要ではないでしょうか。ただ、上にも書いたように、いろいろと賛否両論あるので、猫ちゃんの首輪と宗教と投資についての最終的に判断はご自身でお願いします。では、良い猫ちゃんライフを。

関連記事
猫の脱走防止策は?
猫の首輪の名札は?
※初めて猫を飼いたいと思ったオタンコナスの記事は、こちらにまとめてあります。
初めて猫を飼いたいと思ったオタンコナスまとめ一覧

スポンサードリンク

-
-,