NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

移住

長野県への移住で小川村はおやき村?支援体制がいいみたい

2017/02/15

160517

だうも、まいどです。ここんところ、昼間は30度近くまで気温があがりますが、朝晩はまだちょっとひんやりってことで、梅雨入りまでのこの時期はとっても過ごしやすいですね。そんな長野ですが、実は小川村ってご存知ですか!?長野市の隣。おやき発祥の地とかいわれています。何やら移住者への支援体制がいいみたい。私もそっちにすれば良かったかな?

スポンサードリンク

長野の移住で小川村は?

小川村ってどこ?っていわれてもねえ。私も長野に移住するまで知りませんでした。長野市と白馬村の間。ですから、長野市経由で白馬に行ってる人は、通っているんですよね。

平成の大合併で周辺の町村は長野市とか大町市に編入されたけど、小川村だけは村として残っているんです。

で、一昔っていうか、オリンピック前ですかねえ。それまでは、大変なところだったと思いますよ。雪深いし、長野に出るのもくねくねした山道を通らないと行けないし。白馬にもおんなじようなもの。

ですが、オリンピックのお陰で長野から白馬までオリンピック道路っていうのが出来て、1時間ぐらい。バスでの話。自家用車で走れば40~50分です。

ですから、その中間地点の小川村も、長野市まで車で30分ってことになったんですね。ということは、住居は小川村で勤め先は長野市って言う若い人も増えているみたい。

みたいっていうか、村として存続させないといけませんからね。定住者とか移住者への支援が充実しているんです。

車がある人なら、長野市よりも小川村の方が住みやすいんじゃないですかねえ。その辺りはヨソ者としては、こっちに来るまで知りませんでしたからね。ちょっと失敗したかなってカンジです。

それに、星がキレイなところでも、マニアには有名みたい。村内にもプラネタリウムがあったり、天体観測のイベントをやっていたりと、自然が好きな人にはもってこいの場所です。

あと、桜も有名です。立屋の桜っていうのがあって、齢伝承300年のエドヒガンザクラ。樹高は15mです。春には大勢の方が訪れています。

ということで、長野市辺りを移住の候補地に考えている方だと、小川村も候補地にいれてみてはいかがでしょうか。

長野に移住しておやき村?

というのも、長野の名産っていうか名物におやきってありますね。今では色んな種類のおやきが出回っていて、意外と全国的っていうか、首都圏を中心に有名なのは「いろは堂」のおやき。

わざわざ東京から買いに来るって言う人も多いみたい。鬼無里(きなさ)っていう今はもう長野市の一部になったところに本店があって、これまたいいところですけどね。

そのいろは堂のおやきは揚げてあるんです。が、おやきには蒸してるものとか、焼いているものとか、いろんなものがあって、もちろん中に入れる具も野菜というかなすとかかぼちゃとかから、あんとかりんごとかの甘いものまであります。

で、小川村のおやきは縄文おやきって言われていて、縄文時代の遺跡から雑穀の粉を練って焼いた跡が発見され、一説にはこれがおやきのルーツだと言われているんですね。

ですから、当然村内にはおやきのお店もたくさんあって、特に縄文おやき「小川の庄」っていうところでは、年配の人がおやきを作っているんです。

ということで、小川村には高齢者でもその経験を活かしてはたらくところがあるし、もちろん、ゆったりのんびりしながら、ボケ防止のためにっていう22世紀型の働き方もできるみたい。

私みたいに完全リタイアをしたいっていう人でなければ、結構理想的な第二の人生が過ごせるんじゃないかと思います。

とりあえず、縄文おやき小川の庄には一度行ってみてください。ただし、国道から入って看板が出ているところから、一方通行の山道をくねくね行くのでそこだけは注意。っていっても、ランクルとかの大型車でも一方通行なので心配いりません。


スポンサードリンク

長野の移住小川村の支援体制は?

そんな小川村、なんたって村ですからね。人口も3000人いないんです。このままいけば若い人はどんどん都会に出ていくってことで、村をあげて移住者・定住者への受け入れを推進しているみたい。

まずは、住居。これがアンタ。普通は公営住宅って築40年とかそんなんじゃないですか。なのに古くても平成に入ってから建てられたもの。中には平成25年完成とか言うものも結構あるんです。

だって、若い人に来てもらわないといけませんからね。まあ、別に若くなくてもいいけど、とにかく都会からでも来てくれるような設備にしているってことみたい。

それに、長野市のものと比べても、1~2割安んですね。もちろん地価が安いってこともありますが、安いのに新しいってことで、コレはお買い得、あっ、買うんじゃなかったですね。借り得じゃないですかね。

但し、私のような寂しい中年は入れません。同居出来る親族がいることってなっているので、独り者はダメなんですけどね。まあ、こういうところでも、世間の厳しさを実感しております。

あと、これから子育てって言う若いカップルには、出産支援金だ、給食無料だ、医療費無料だなどと、至れり尽くせり、自然が好きで、長野に移住したいっていう若い人達にはありがたい制度みたいですね。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

ということで、結局寂しい中年はどこに行っても厳しいってことですが、結構長野市じゃなくて、その周辺にまで広げてみると、住みやすいところはたくさんあるみたい。

えっ?その前に引っ越すお金がないだろうって?その通り!!やっぱり、早く宇宙人から1000万円もらうか、宝くじでも当たるしかないってことですかね。では、みなさんも移住するときは、しっかりリサーチしておきましょう。お大事に。

関連記事

長野県飯山市って移住にいいらしいけど 
長野に移住したい人は富士見町のテレワークタウン?

スポンサードリンク

-移住
-,