NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

猫をこれから飼う時の準備は?初期費用とか注意点とか

2017/05/03

猫を飼いたいって思ったら、準備っていうか、いろいろと揃えるものがありますよね。もちろん、それには費用がかかるから、初期費用がどれぐらいか知りたいし。その他注意点とかも確認しておきましょう。

スポンサードリンク

猫を飼う準備は?

ということで、猫アレルギーの検査も終わって、あとはお気に入りの猫ちゃんをもらうだけってなったら、まずは猫ちゃんをお迎えできる環境を整えないといけませんよね。

ペット可の住宅っていうのは基本ですが、その他食器やら、トイレやら必要です。とりあえず必要なものってなんでしょう。

まずは、もちろん餌用の食器ですよね。水を入れるボールっていうか、同じものでもいいけど。これがないと猫ちゃんのご飯が用意できません。

食器はプラスチック製と金属製、それに陶器の三種類が主だとか。プラスチック製が安くていいんですけど、意外と猫ちゃんが前足でひっくり返すことがあるみたいなので、ある程度の重さがあったほうがいいとか。

ってなると、陶器ですかね。でも、保護施設なんかは、プラスチック製のものをちょっとした台の上に置いて、前足がかからないようにしていたりしていました。

その辺もいろいろと実際に猫を飼っている人のところに行って、どんな具合で使っているかを見て決めましょう。

水入れはねえ。これだけで1つの記事が書けるみたい。最初は水が入るボールでいいんでしょうけど、結構これをひっくり返す子も多いとか。

で、水がちょろちょと出るのとか、ひっくり返せないような重さのものとか、ひっくり返しても問題がないように、大きな食器入れみたいなボックスに入れるとかあるみたい。

その辺も調査研究が必要ですが、とりあえずは水を入れるボールというか、容器が必要です。

それからトイレですね。これがまた奥が深い。システムトイレだなんだって、いろんな形があるみたいですが、実際に使ってくれるかどうかっていうのがあるみたいですからね。

トイレの形もそうですが、トイレの砂もいろんな種類があって、それによってこれまたそのトイレを使うかどうかがあるみたい。その辺は、経験者に聞いてみたいと思います。

この二つとあとは実際の餌がアレばなんとかなるっていう人もいるけど、とりあえず揃えるものとしては、爪とぎをされるとかなわないから、爪とぎグッズですよね。

これもいろんな種類があって、ダンボールのものがいいのか、麻紐を巻いたものがいいのかとか。床に置いたものがいいのか、立てかけたものがいいのかとあるみたい。

その猫がどんな素材とか、形状が好きなのかとかを見て、好むものを与えるようにしてください。

爪というと、爪切りも必要ですね。猫の爪って、爪とぎしても伸びるので、切ってあげないといけません。人間用の爪切りでも使えないことはないみたいですが、初心者は猫ちゃん用のもののほうがいいでしょう。

あとは、キャリーケース。急に病気になったときに病院に連れていかいといけませんからね。キャリーケースは必要です。

その他、おもちゃも遊ぶ時に必要です。これまたすぐに噛み付いたりして壊すので、安いのを頻繁に買い換える方がいいとのことでした。

ということで、トイレと砂は研究が必要ですが、特に里親で譲り受けるのなら、今まで使っているトイレとか砂と同じものにするっていう手はありますね。

それでも、環境が変わると同じものでも嫌がるって話もあるし、猫語がわかればねえ。いいんですけどね。えっ?そうすると、「こんなヨレたおやじのところは嫌だ」って言ってるんじゃないかって?世の中厳しいねえ。

猫を飼う時の初期費用は?

じゃあ、実際に猫ちゃんがやってくるときにかかる費用っていうか、初期費用ですな。これってどれぐらいですか。

まずは、餌を入れる食器とか水を入れるボールですよね。これもピンきりですが、安いものだと、300円ぐらい。高いものは1500円とかします。まあ、最初は500円のものでいいんじゃないですかねえ。

それから、トイレですよね。これもシステムトイレなのか、そうでないのかによって違うけど、まずは3000円ぐらいのでいいと思います。

トイレの砂はとりあえず1000円もあれば十分でしょ。爪とぎが1000円で、爪切り1000円、おもちゃ1000円、キャリーケースが5000円ってカンジですかね。

ってカンジで、1万5千円もあればっていうカンジでしょうか。もちろん、これに前回書いた猫アレルギーの検査が5000円だし、猫ちゃんに予防接種をしたり、避妊手術をしたりすると、すぐに1万2万かかりますからね。

ってことで、里親になるといっても、その辺、最初は2~3万円は必要ってことみたいですね。


スポンサードリンク

猫を飼う時の注意点は?

そんなわけで、猫を飼うと言ってもお金がかかりますってこと。初期費用は上に書いた通りですが、エサ代とトイレの砂代が毎月かかりますよね。

あと、毎年ワクチンはしないといけないし、ノミ・ダニ駆除もあるし、健康診断もあるし。ってやってると、やっぱり毎月1万円は見ておかないといけませんね。

それから、病院に行くと健康保険がないから、すぐに1万2万かかるみたい。手術とかになると、何十万ですからね。

となると、ペット保険も入っておいたほうがいいし。ってことで、やはり毎月1万円は猫ちゃん用に別にしておきましょう。

それが工面できないとなると、途中で捨てたりすることになるから、最初から飼わないほうがいいですね。ネットビジネスでボロ儲けしたからにしたいものです。
はじめての猫飼い方・育て方 [ 石野孝 ]


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

ということで、やはり金魚を飼うというのとは違って、ある程度はお金がかかってしまいます。とは言っても、今は猫ちゃん(犬もでしょうけど)、既にペットというより家族ですからね。

その辺まで考えて飼うかどうかを決めてほしいものです。もちろん私もそのために、日々せんべい屋かまんじゅう屋で成功できるように努力しております。では、良い猫ちゃんを。

※初めて猫を飼いたいと思ったオタンコナスの記事は、こちらにまとめてあります。
初めて猫を飼いたいと思ったオタンコナスまとめ一覧

スポンサードリンク

-
-,