NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

その他

スノーボーダーのあるあるペットは?ゲレンデに連れてくる人も?

スノーボーダーのアルペンオタクについて特徴を書いたら、アルペン・フリースタイルを問わず、結構これはあるよねってことを言われました。いわゆるあるあるって言う奴。何やら、意外とペットを飼っている人も多いとか。スノボやってペット飼ってって、お金かかるのにね。その辺について書いてみました。

スポンサードリンク

スノーボーダーのあるあるペットは?

前回はアルペンオタクの特徴を書きました。っていうか、周りにはそういう人ばっかりなんですよね。

彼らって、アンポンタンだから、「そうそう、その通り!」とか言って喜んでいるし。まあ、これまたしょうがないって奴。

ところで、そんなことを言ってたら『スノーボーダーっていうか、スノーボードをする人って、結構ペット飼ってるよね』って言われてしまいました。

そうかなあって思ったけど、確かに周りを見回したら、ネコとか犬とか飼っている人が多いんですよね。まあ、これは、スノーボーダーじゃなくても、ペットを飼っている人が増えているだけような気がしますが。

っていうか、ペットってお金かかるじゃないですか。病気とかになったら、健康保険がないから、高額になるし。

そのためのペット保険もあるけど、月々2000円とか3000円とかで、スノボの保険よりじぇんじぇん高い。

それに、エサ代だなんだってやってると、スノボに行くお金が無くなりますよね。ですから、若い人だとそうでもないけど、ミドルエイジになると結構飼っています。

まあ、私のように寂しい中年になると、話し相手もいないですからね。家に帰ってペットがいると楽しくなりますよね。

と思って、良く考えてみたら、意外と一人暮らしよりも家庭のある人の方が多いかな。特にお子さんがいない家庭とかだと、ペットがいないとねえ。

ってことで、犬とか猫とかの写真をSNSのプロフィールにしている人もいますよね。なついてくれるとカワイイでしょうね。

私もね。えっ?書かなくてもいいって?そうなんですよね。ヨレゾウ君みたいな小象だとねえ。居てもいいなあって思います。

はいはい、ピンクのゾウさんは休憩ばっかりですからね。二人で、いつもウダウダしていそう。インドネシアとかのゾウさんは働き者らしいですけどね。

重機が入れない急登とかの森から、材木を切り出して運ぶにはゾウさんがやっているんですよね。

それにゾウさんって、のっそのっそってカンジですが、実は走ると結構速いらしいです。流石にスノボはしないみたいですけどね。

ってことで、どこぞに手乗りゾウとかいればねえ。22世紀になるとそういうゾウさんも出現するかも。期待したいものです。

スノーボーダーのあるあるペットをゲレンデに?

そういえば、昔からペットっていうと、ネコ派かイヌ派かに分かれますが、あなたはどちらですか。

私は小さい頃はイヌ派だったんですけど、今はネコ派ですかね。猫って、勝手になんかやって勝手にごはんたべて、たまに遊んでーってカンジですよね。

私もそういう性格だからかな。そういう意味では、某ミドルエイジのスットコドッコイスノボサークルはネコ派が多いかな。

そもそも、一人で勝手に滑りに行って、食事と宿だけ一緒がいいっていう人が多いから、タイプ的にはネコ派なんでしょうね。

って言っても、犬を飼っている人も当然います。で、中には小型犬っていうのもあるのかもしれないけど、ゲレンデにイヌを連れてくる人もいますよね。

まあ、これまたゲレンデにペットを連れてくることに対しては、賛否両論あるから、それに対しての意見とか苦情は受け付けませんが、これって犬だからできるんですよね。

ネコって、ちょっとした移動もすごいストレスになるとかで、2日ぐらいだったら、留守にする時もペットホテルじゃなくて、家でお留守番させた方がいいっていますよね。

某スノボサークルのメンバーは、移動自体は全然問題ないから、その辺は本物のネコとは違うんですかね。

ネコの名前が付くハンドルネームのオッサンなんか、年末年始とかGWとかは、1週間とかいろんなゲレンデを渡り歩いていますしね。

あっ、でもそのオッサン、いつも車泊なんです。それもワンボックスとかじゃなくて、どちらかというとコンパクトカーに分類する車。

そういえば、ネコって狭いところが好きですよね。それでなんですかね。今度聞いてみよっと。


スポンサードリンク

スノーボーダーのあるあるペットはネコ?

ということで、私ももう滑りに行く元気もないし、そろそろスノボは辞めて、ネコでも飼おうかと思っています。

でも、調べたらまずペットショップで売っている猫って、高いですよね。いわゆる純血種ってやつで、私の月給より高い。

そんなの買えないじゃないですか。それに、アメリカンショートヘアだか、ロシアンブルーだか知りませんが、普通のその辺に居るネコでいいし。

ってなると、里親制度で保護ネコとかの団体とかからの譲渡になるみたい。ですが、これがねえ。寂しい中年には厳しい。

だいたい、男性の一人暮らしだと応募資格がないんですよね。一人暮らしでも女性ならそうでもないんですけどね。

ってことで、ネコを飼う前に、岡田奈々か原田知世風のおネエさんを探す方が先みたいです。世の中厳しいねえ。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

ということで、ネコちゃんとは縁がなさそうですが、ネコって勝手にごはん食べて、勝手に一人遊びして、勝手に寝てそうだから、手がかからなくていいけど、やっぱり動物が家にいると楽しくなりそうですよね。

名前はね。女の子だとねえ。知世か奈々ですかね。でも、知世って結構呼びにくいですよね。えっ?オッサンの猫だとオタン子じゃないかって?それがいいかも。

そんな訳で、厳しい世の中だから、どこからか猫が住みつくことを祈りたいと思います。では、お大事に。

スポンサードリンク

-その他
-,