NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

アウトドア

アウトドアで炭の火起こしは?着火剤や牛乳パックの使い方

アウトドアというと、すぐにバーベキューっていう人がいるけど、意外と若い人は火を起こせない場合があるみたいですね。特に炭で火起こしってちょっとコツがありますからね。炭の火起こしについて、着火剤が必要かとか、牛乳パックを使ってとかのやり方をお伝えします。

スポンサードリンク

アウトドアで炭の火起こしは?

またまたアウトドアっていうと、何でも聞けばいいと思っているみたいですが、スノボとトレッキングとアウトドアは根本的に違いますからね。そこんところよろちく。

と言っても、まあ若いころは毎年バーベキューをしていたし、小さい頃は田舎だったので焚き火もよくしていたので、火起こしっていうのはねえ。まあできますよね。

が、意外と最近の若い人はチャッカマンとかは使えるんですけど、バーベキューの時の火が起こせないってことで、困った困ったこまどり姉妹みたいですね。

ですから、その辺のことを知りたいってことで、バブル世代だと遊びまくってるだろうってことで聞かれてしまいました。しょうがないから、お伝えしますね。

で、まずバーベキューの時の火起こしですが、コンロっていうか、炭を入れるコンロを使う場合はしょうがないですが、河原とかで直に火を起こせる場合は、圧倒的に薪の方がラクです。

炭も慣れればそうでもないけど、初心者だとちょっとコツがいるんですよね。ですから、ホームセンターでも薪を売っているところもあるし、薪があれば薪にしてください。

っていうのも、薪だと、大きいというか太い薪を井桁に組んでいって、その中に細かい薪を入れます。

使い終わった割り箸とかも保存しておいて、その中に入れます。で、新聞紙でも折込チラシでもいいから、固くねじったものをその中に入れます。

そして火をつけるためのねじった新聞紙にライターで火を付けて、炎がちゃんと確認できたら、井桁の中に落としたら完了。

大きな薪を井桁に組むことで、当然下から風が入りますよね。大きい薪はすぐに火が着かないから、火が着きやすい小さい薪とか、使い終わった割り箸を入れておくわけです。

それでも木にはすぐに火が着かないから、着火剤的に新聞紙を入れるという訳。ですが、新聞紙も固くねじらないと、新聞紙だけ燃えてしまって、割り箸等に火が使いうちに燃えカスとなってしまうってことで、固くねじってください。

それでまた固くねじった新聞紙には火が付きにくいから、少し柔らかめにねじった新聞紙を着火剤にするってことで、実は段階的に薪に火が着く様になっているというわけです。

もちろん、おんなじように炭でもできますが、炭の場合は、井桁に組むのが難しいっていうか、だいたいが、そういう大きな炭が入ってないんです。

ですから、その段階でうまく設置できなくて、中のねじった新聞紙だけとかが燃えてしまっておしまいってことで、火が起こせないってなるんですね。

ですから、初心者は薪で勝負。それがデキるようになったら、炭にチャレンジしてみてください。理論は一緒ですから。

アウトドアで炭の火起こしは着火剤が必要?

っていうのが大前提で、火遊びをしたことがある人なら、そんなの当たり前ってことですが、今は火遊びデキる場所もなくなってきましたからね。

というか、既に炭を買ってしまったとか、バーベキューといえば炭でしょうって言う人も多んですよね。

そのくせ、炭を起こせないから困ったもの。でも、理論は上に書いた通りです。炭にいきなりは火が着かないから、着火剤として新聞紙や小さい木片というか割り箸とかを使いましょうっていうこと。

違うところは炭の組み方ですね。もちろん、実はおじさんが炭焼きやっていて、大きな炭をもらってきたっていうのなら別ですが、市販のバーベキュー用炭っていうのは、だいたい小さいです。

それに形もバラバラってことで、それが一番の問題。ですが、その中でも大きなものを選んで、縦に置いていってください。

その時四角くでもいいけど、丸い円の上に炭を立てる形で置くことが重要。まあ、ある意味炭で煙突を作るってことですかねえ。

その煙突の中に固くねじった新聞紙を井桁に積み上げていきます。逆でもいいですよ。先にねじった新聞紙を井桁に積み上げて、その周りを炭で囲うというのでも。

とにかく、ねじった新聞紙と炭が触れる様にしてください。新聞紙が着火剤ですからね。で、当然新聞紙は固くねじらないと、新聞紙だけ燃えてしまうから気をつけてください。

最後に火が移りやすいように、軽く丸めた新聞紙をねじって井桁に積んだ新聞紙の中に入れます。そして、これまた軽くねじって火が着きやすくした新聞紙にライターで着火。

火がちゃんと着いたのを確認したら、その新聞紙をねじった新聞紙で井桁に積み上げたものの中に落としてください。

そうすると、中には軽く丸めた新聞紙があるから、すぐに火が着きます。周りのねじった新聞紙も元々紙だから火は移りやすいです。

が、固くねじってあるので、すぐには燃え尽きないってことで、結構炎が高く上がる場合もあります。その炎が炭に移って炭の火を起こす事ができるって言うわけです。これだと着火剤は必要ありません。

もちろん、炭に着火剤を塗って火を起こすこともできますが、これまた上級テクニックになります。

炭に着火剤をかけたり塗ったりしても、それに火をつけようとしても、すぐには着きません。ですから、液体タイプのもよりゼリータイプの方が火は着きやすいです。

が、結構これも着火剤のあたりハズレがあって、着火剤だけ燃えてしまって、炭に火がついてなかったってこともあります。

ですから、着火剤に頼らず、新聞紙攻撃の方が着実です。もちろん、初心者は薪の方が100倍簡単ですけどね。


スポンサードリンク

アウトドアで炭の火起こしは牛乳パックでも?

ところで、何やら世間では牛乳パックを使った火起こしっていうのがあるとか。っていうか、やたら森田健作してたら、牛乳パック 火起こしとか出てくると思います。

これは近年テレビ番組で、牛乳パックを使った火起こしっていうのが紹介されて、初心者でも簡単ってことで広まったみたい。

やり方は上に書いた通りで、ねじった新聞紙を使う代わりに使い終わった牛乳パックを着火剤にするっていうだけ。

ですから、炭でも薪でも使えます。新聞紙の場合はねじらないとすぐに新聞紙だけが燃え尽きてしまいますが、牛乳パックだと中にコーティングしてあるから、長い間燃えてくれるっていうもの。

あっ、もちろん牛乳パックっていっても、そのままだとダメで、洗って1日干して乾燥させて、それを輪切りにしておくんですけどね。

とういうと、結構細かいですよね。割り箸を折ったぐらいの長さ。ですから、火は着きやすいんですが、コーティングがあるから長く火が着いているってことで、捻る必要もないし、1リットルの牛乳パックが1コあれば十分ってことで、人気みたいです。お試しください。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

我々もよくバーベキューをやっていたころは、ボーイスカウトやガールスカウト出身者がいたから、ホントにチョチョイのチョイで火を起こしてくれたんですよね。

まず、風の通り道をさっさっと確認して、石でかまどみたいに土台を作って、その中に薪を組んで行くってことで、ランボーみたいってみんなで言っていました。

ちなみに、新聞紙をつかうときは、しっかりねじったほうがいいんですけど、人生はねじれない様にしてくださいね。では、良い火起こしを。

関連記事
アウトドアで飲み物をキンキンに冷やすには?

スポンサードリンク

-アウトドア
-,