NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

その他

スーノボードのプロの年齢って?はじめる年齢とか限界とか

スノボードのプロで最高齢の相沢盛夫さんが、テレビに取材されていたとのこと。54歳でアルペンレーサーですからね。でも、スノボも高齢化しているから、中高年で始める人も多くなっているし。年齢の限界って何歳ですかねえ。

スポンサードリンク

スーノボードのプロの年齢って?

スノーボードって、若い人が飛んだり跳ねたりっていうイメージがあるみたいですが、最近は高齢化もしています。

っていうか、以前書いたアルペンですよね。これって用具が高いっていうのと、スキーからの転向者にも入りやすいってことで、40・50歳がウヨウヨいます。

そんな中、スノーボード界のカリスマというか、第一人者というか、第一期プロでもあった相沢盛夫さんが、数日前の朝のワイド番組で取り上げられていたみたい。

相沢さんっていうと、スノボ愛好者ならみんな知ってるけど、プロ一期生であり、デモンストレーターとしても1期から6期か7期か連続優勝した人。

ですから、彼に憧れてスノボをはじめたっていう人も多いみたい。一度引退したんですけどね。またプロとして復活というか、地道にプロ資格を取って、54歳の今でもプロとしてレースに出ています。

いくらカリスマって言ってもねえ、やっぱり20代が一番強いレース界だから、中々厳しいモノがありますが、それでも現役で頑張っているってことで、中高年に勇気を与えてくれているみたいですね。

そうそう、前からAZスノーボードスクールとか、もっと上級を狙う塾とやっていたけど、最近はOSキャンプって言うのを開催しているみたい。OSってオッサンの略だって、相変わらずギャグの人みたい。

ただね。アルペンの場合は、結構年齢が高くても頑張っている人っていますよね。ドーン教教祖の木村桂子元プロ&デモも46歳ぐらいまでプロとして活躍していました。

それも、国内だと表彰台にも何度も上がっていたんですよね。30過ぎの若い選手が「体力の限界を感じて」って引退するなか、40中ばも過ぎて、表彰台っていうから、やっぱり人間じゃないって言われていました。

そんなこともあって、結構ここんところは特にアルペンは高齢でも頑張っている人が多いのはうれしいことですね。

デモンストレーターになるとねえ。40代がゴロゴロしていますしね。ニコニコしながらジャンプターンの刑にする茶原さおりデモ&元プロなんかも40代後半で、テク選上位ですしね。

ってことで、トップアスリートはもとより、我々のような趣味でやる愛好者は、60歳、70歳になっても滑っていきたいですね。

そうそう、知り合いの高齢スノーボーダーっていうと、実際に会ったことのある人では、60歳でスノボをはじめて、バッジテスト2級まで取って、70代後半まで滑っていた女性がいます。

ネット上でのやり取りでは、80代のアルペンライダーもいます。ってことで、スキーだとね、高齢者のレースとかも結構あって、三浦雄一郎のお父さんの三浦敬三さんなんかは、99歳で氷河を滑ったり、100歳になってもアメリカのスノーバードを滑ったりしていましたからね。

スノボも今後こういう風になって行くと思います。あっ、ただ、生前のインタビューで三浦敬三さんは、「この齢になると、滑走中に転倒すると骨折等は免れないから、とにかくこけないようにしているんです」って言ってもましたね。私も人生の転倒には気を付けたいと思います。

スノーボードを始める年齢は?

ところで、最近40代、50代でスノボを始める人が増えていますよね。特にトリックとかレースとかじゃなくて、単にフリーランだけど、スノボをしたいっていう人。

とってもいいことだと思います。女性なんかだと、それまで子育てに仕事に頑張ってきたけど、ちょっと自分の時間を大切にしたいってことなのかもしれません。

それに、スノボが若者のものだけじゃないってことが広く知れ渡ってきたのかな。ただね。やっぱりスキーに比べて特に初心者のうちは怪我をし易いと思うんですよね。

バランスのスポーツですからね。もちろん、私の様に人生のバランスが崩れている人は論外ですが、そうじゃなくても、最初のうちは、バイン外すときに転倒して鎖骨を骨折とかいうことも結構あります。

ですから、まずは基礎体力はきちんとつけてほしいですよね。それから柔軟性。この二つは日頃からトレーニングしておいてほしいと思います。

って言っても、毎朝ストレッチしたり、エスカレーターじゃなくて階段を使うとか、それぐらいで十分なんですけど。逆に中高になって、必死でトレーニングすると体に悪いから、そこも注意が必要です。


スポンサードリンク

スノーボードの年齢で限界は?

そんなスノーボード、年齢的に限界は?って言われてもねえ。こればっかりは個人差があるから何とも言えません。上に書いたように60歳からはじめた人もいるし、80代で滑っている人もいるし。

逆に私の様に50前からヘロヘロで、遂に辞めようかと思っている人もいるし。ただね。毎シーズン滑りまくっている人ならいいけど、私みたいにある年からやんごとなき理由でシーズン中1回か2回しか滑りに行けなくなったって言う場合は、滑り方を変えないといけません。

それまでロングボードでギュインギュインってやっていても、滑らない年があると格段に体力筋力が衰えますからね。私なんか先日も書いたように、ブーツ履くだけで疲れ果てて筋肉痛にもなってしまったっていう次第です。

ですから、そういう場合は、ショートボードでドリフトターンでズリズリいくのがいいかも。そういう意味でも高齢者にはドリフターズの入会をお勧めしたいと思います。史上最強の滑り方ですからね。お試しください。

ってことで、何歳になっても楽しく怪我をせずに滑っていきたいものですね。シーズンも後半戦になってきましたが、残りのシーズンを楽しみましょう。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

その60歳でスノボをはじめた女性とは、キャンプでよく一緒になっていましたが、とっても元気、夜も11時12時まで飲んでいて、翌朝8時にはゲレンデに立っていました。

飲み会では「男性の横には女性、その横には男性っていうのが基本ですな。はっ、はっ、はっ」とか楽しいおばあさんでした。ヨレヨレ中年の私はその段階で付いていけませんでしたけどね。では、良い高齢スノーボードを。

スポンサードリンク

-その他
-,