NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

その他

スノーボードを子供には何歳から?スキーとどっちが?怪我とかは?

2017/02/12

スノボオタクだと、お子さんと一緒にスノボをやりたいっていうオタンコナスもいるみたい。確かにファミリーで滑りに行けるといいですよね。実際に何歳ぐらいからスノボをさせてもいいんでしょうか。スキーとスノボどっちの方が子供にはいいのかな。怪我とか心配だしっていうパパやママにお伝えします。

スポンサードリンク

スノーボードを子供には何歳から

お子さんと一緒にスノボって楽しいですよね。特に小学生ぐらいまではねえ。お父さんとでも一緒に行ってくれますからね。

これが高校生ぐらいになると、パパとはイヤっていう娘さんも多かったりして、大変なんですけどね。

そういえば、サークルのメンバーで、娘さんと一緒に来る時に、車で聞く音楽の話になって、娘さんは「グリンデー」のファン。

「グリンデーいいよね」って言ったら、パパは当然知りません。「なんですかそれ?」ってことで、娘さんに呆れられていました。

まあ、そうは言っても、小っちゃい頃はねえ。パパ、パパってなついてくれますからね。同じサークルでも、一家でスノボっていう人達もいます。

が、何歳からスノボをさせられるんでしょうか?っていう質問を良く受けます。これはねえ。難しいですよね。

3歳4歳ぐらいだと、まだ雪遊びっていうのがいいところで、特にスノボの場合はねえ。両足固定だから、こけると骨折とかにもつながりますしねえ。

キッズスクールの受け入れがあるところだと、まずそこに入れて、徹底的にこけ方とかを習ってからの方がいいでしょうね。

そう言う意味では、やはり幼稚園ぐらいからってことで、5歳ぐらいからっていうのが目安になるんじゃないでしょうか。

いやいや、うちは3歳からやらせたっていう人もいますけど、あまり早いと結構身体への負担もあるから、何が何でもプロにするとかいうんじゃなければ、幼稚園からっていうのがいいと思いますよ。

それに、プロやオリンピック選手を目指すとしても、海外のアスリートはそうですけど、小さい頃はまだまだ発達途中だから、いろんなスポーツをさせますよね。

ですから、パパやママがスノボオタクだからってことで、お子さんにも早いうちからスノボっていうよりも、いろんなスポーツをやらせた方がいいみたいです。

身体を作っていく時期ですから、それによってバランス能力も養われますしね。あまり早くからスノボをやると、身体だけじゃなくて人生までねじれてしまうと大変ってことを覚えておいてくださいね。

スノーボードを子供にはスキーとどっち 

で、捻じれる話がでたから、ついでに書いておきますが、小さい子にはまずスキーからって言われています。

というのも、スノボって斜めに構えるじゃないですか。ですから、身体がねじれるんですよね。捻じれるっていうか、左右不均等になります。

これは大人でもそうで、毎週滑りに行ってるようなオタンコナスは、左右で筋肉の付き方が違っています。

主に背中から腰に掛けての部分というか、肩甲骨周辺の筋肉。あと、太ももですね。もちろん腕の太さも変わります。私の様な休憩の合間に滑っているものでも、腿とか膝とかは数センチ違ってきます。

まあ、スポーツトレーナーに測ってもらったときは、これだけ違うっていうのは相当滑ってるか、やっぱり人生がねじれているからですかね。って言われましたけどね。

ですから、アスリートになると、その差をなくすようにトレーニングしたり、オフシーズンはまず身体のねじれを取ることから始めるみたいですね。

ってことは、まだ骨格が発達途中の小さい子にやらせると、どうなるか分かりますよね。人生がねじれるんです。っていうか、まあいろいろと不具合が生じます。

ですから、一冬に1~2回っていうのならいいけど、毎週のようにってことなら、当然スキーからやらせてください。

スキーは左右均等ですから、捻じれることはありません。それに雪上スポーツだから、雪にも慣れますしね。

それで、シーズン中に何回かスノボをやらせて、やっぱりスノボの方がいいってことなら、小学生になるころをメドにスノボにシフトした方がいいと言われています。

その辺り、今後の人生にも関わってくるので、しっかり考えてあげてくださいね。せっかくスノボでプロになれても、人生がねじるとその後困りますからね。


スポンサードリンク

スノーボードを子度にさせる時に怪我とかは

それから、怪我についてもやっぱりスキーの方に軍配が上がります。スキーは、転倒すると、だいたい板が外れるようになっていますよね。

が、スノボは板が外れません。ですから、小さい子だと、そこで捻挫したり、骨折したりてことで、まあ、小さい子じゃなくてもですが、そういう怪我多いです。

ってことで、その辺りを考えると、最初はスキーからさせて、ある程度雪上スポーツが分かってから、スノボに移行するのがいいんじゃないですかね。

もちろん、雪に慣れるってことなら、そんなにシビアになることはないし、スノボ特有のバランス感覚っていうももあるから、それはそれで楽しいですけどね。

ってことで、お子さんの場合は、怪我と身体のねじれ、あっ、もちろんその後の人生のねじれにも気を付けてあげてください。

まあ、パパとママが既に人生がねじれている場合はどうしようもありませんけど。


チリバツ共和国副大統領の戯言

ということで、スノボの場合は、どうしても捻じれってことが出てくるんですよね。私も脚の筋肉は、結構捻じれてついているみたいで、それで滑り終わったら疲労が蓄積するみたいです。

その辺はマッサージやスポーツトレーナーに相談して解消していくしかないですね。あっ、でも、書かなくても分かると思いますが、人生のねじれはねえ。どうしようもなんですよね。

人生がねじれているから、スノボをやりたがるのか、スノボをやるから人生がねじれるのか。今後の解明課題として研究していきたいと思います。では、良いねじれを。

スポンサードリンク

-その他
-,