NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

メンテナンス

スノーボードの春雪で滑らない時はワックスとかどうすればいいの?

2017/02/12

スノーボードって、春になると雪が緩むから、結構滑らなくなるんですよね。ですから、3月でおしまいっていう人もいるけど、ちゃんとケアすれば、ゴールデンウィークまでバッチリ滑ることができます。春雪で滑らない時の対処とワックスについてお伝えします。

スポンサードリンク

スノーボードに行って春雪では

スノボに行っても、春になると全然板が滑らないから、3月におしまいにするっていう人もいますよね。

確かに水分は多くなるし、黄砂とか飛んでくるし、花粉もとんでくるし、泥だらけの雪にもなるしってことで、滑りが悪くなります。

が、ケアさえちゃんとしてあげれば、春雪ならではの楽しみ方もあるし、雪が柔らかい分、コケても痛くないので、トップシーズンには試せなかったこともできます。

まずは、コブですよね。トップシーズンのコブって手強いし、転倒するとバーンが硬いから痛いしってことで、コブの練習は春ってことになっています。

そうすると、大きなコブでも削りやすいから、一つ一つクリアしていけばいいし、コケても痛くないから、コブマニアになったりします。

それから、雪が柔らかい分、きちんと圧をかけて、板の上に乗ってないと吹っ飛んでしまいます。

それもあって、きちんと板の上に乗るって言う練習にももってこい。意外と軸が外れていたりしても、ハードバックだとエッジが捉えてくれているから、グリップしているんですよね。

そんな訳で、アルペンオタクでも春はいろんなチャレンジが出来るので、ぜひゴールデンウィークまで滑ってほしいと思います。

シーズンが長くなると、雪質に合った滑りが出来るようになるから、「今日は雪が悪い」とか言わずに済みますしね。ながーいスノボシーズンを楽しんでもらいたいと思います。

スノーボードの春雪は滑らない

そうは言っても、板が滑らないと滑りに行く気にならないし。っていうのはよく分かります。なんか引っかかったカンジっていうか、場所によると、その部分だけ、急にブレーキがかかったようにもなります。

だいたいそういうところには、黄砂があったり花粉があったり、もちろんそこは水浸しのベチョベチョ雪だったりします。

ということで、まずは板にストラクチャーを入れましょう。これはソールに溝を付けるようなもの。

タイヤでも溝があるから、路面が濡れていても水分をかき出しますよね。それと一緒です。

ですから、水分が多いゲレンデではストラクチャーの威力は絶大です。ストラクチャーに付いては、別記事にしているので、そっちを読んでくださいね。

あとは、滑り終わったら、とにかく板をキレイにすること。まずはゲレンデに水道があれば、それでバシャバシャ洗ってください。

特に春は、硫安なんかで雪を固めているから、それが付いてしまいます。それに、上に書いたように黄砂や花粉、ドロなんかが付いてしまっていますからね。

水洗いの後は、ホットワックスですが、塗ったらすぐに剥ぎます。いわゆるクリーニングワックスっていうやつ。

これでソール面をキレイにするというものですから、冷える前に剥ぐってことで、一番やわらかいワックスを使ってください。

リフトの重油なんかが落ちてきているのを踏んで、ソールが油まみれになってしまったっていう場合は、クリーナーを使っても悪くありません。

が、少々のものならクリーニングワックスでとれます。クリーナーを使うと、今までホットワックスをして、しっかり染み込ませたワックスも全部取れるので、できれば使わない方がいいんですよね。

と言っても、使わないと汚れが取れないぐらい汚れていると、使った方がいいので、そこはおまかせしますが、クリーナーを使ったら、もう一度ベースワックスからしてくださいね。

これを毎回きちんとするだけで随分違います。特に春はホットワックスの威力が絶大ですから、面倒がらずにやってみましょう。


スポンサードリンク

スノーボードの春雪のワックスは?

で、そのホットワックスをする時ですが、春雪用のワックスってあるんですか?ってよく聞かれます。あります、あります。フッ素入りワックスっていうやつ。フッ素入りを使うと春の雪でもよく滑ります。

それから、グラファイト入りっていう、黒いワックス。これまた静電気とか汚れに対しての効果が絶大です。

ただ、グラファイト入りは見て分かるように、黒いワックスだから、ソールが黒以外だと、黒くなります。

まあ、それがグラファイトの効果なんですけど、ちょっと汚いっていうのが嫌いな方は、ソールが黒いボードを使ってくださいね。

あとは、雪質にこだわらないっていうか、雪質にあって変化するワックスがドミネーター。ドミネーターだと、ワックスで外したってことが少ないです。その中でも、特に春雪っていうか、汚れた雪用の「DS」っていうのが出ています。

ダーティーハリーじゃなくて、ダーティースノー用でDS。これを使えば、春雪でもバッチリってことで、どうしてもワックスに納得出来ない人は、一度使ってみてはいかがでしょうか。
DOMINATOR ドミネーター BOOSTER シリーズ スキーワックス DS


チリバツ共和国副大統領の戯言

と書きましたが、私もスノボを初めて3シーズンぐらいまでは、3月になると、「雪がだめじゃん」とか言って、おしまいにしていました。

が、ストラクチャーについて知ったり、春用のワックスがあることを知ったりして、今では5月のゴールデンウィークまで滑れるようになりました。

やっぱりシーズンは長いほうがいいですよね。特に今年みたいに雪が遅いと、3月出終わりにすると、実質3ヶ月も滑れませんからね。あっ、もちろん、滑るギャグっていうのも歳ともに増えましたけど。

ってことで、春雪に対応して、長ーいシーズンを楽しみましょう。では、良い春雪を。

関連記事
ワックスの選び方は?

スポンサードリンク

-メンテナンス
-,