NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

ギア

スノーボードブーツのメンテナンスって?インナーやアウターについて

2017/02/12

スノーボードに滑りに行って帰ってきたけど、ブーツってそのままでいいんですかね。ワンシーズ置いていたらカビが生えたって言う話もあるし。メンテナンスってどうやればいいんでしょうっていう僕ちゃんにインナーとアウターについてのメンテナンスをお伝えします。

スポンサードリンク

スノーボードブーツのメンテナンスって?

スノーボード、板の方はメンテナンスについて雑誌やネットサイトでもよく紹介されていますが、ブーツはねえ。どうしたらいいんですかねえ。

あっ、ボードのメンテナンス。もちろん本格的なのは、勝手にやってもらっていいけど、初心者の僕ちゃん向けには別記事にしているのでそっちをみてくださいね。

で、ブーツ。ブーツって、滑り終わったらそのままっていう人も多いみたい。

まあ、泊りで滑りに行ったりすると、乾燥室に入れたりするし、中っていうか、インナーが濡れていると次の日に滑る気になりませんよね。

ですから、乾かすっていうのが一番ですよね。ただ、日帰りとか、泊りでも帰る日なんかは、滑り終わったら、そのまま収納しておしまいってことも多いのかな。

まあ、時間がないから、当日はそのままでもしょうがないけど、家に帰ってきたらメンテナンスをしましょう。それだけで、経年変化が変わってきますからね。

まずは、携帯用の乾燥剤っていうのがあるから、それは持って行った方がいいですね。滑り終わったら、それをブーツの中に入れるだけで、乾燥と消臭になりますからね。

あとは、アウターは水洗いしてO.K.です。まあ、次の週にすぐ滑りに行く場合は、そのままでもいいけど、意外とリフトの油とかついている場合があるから、汚れてたら洗ってみてください。

が、インナーはねえ。中々乾かないから、シーズン中は乾燥剤を入れるか、専用のドライヤーで乾かすぐらいですかね。

詳細は次の章で書きますが、とにかくインナーは乾燥が一番。これをすぐやるかどうかで、その後が変わってくるので、携帯用の乾燥材は持っておきましょうね。
[エントリーでポイント5倍!限定1/18 10:00-1/21 09:59]■DEELUXE THERMO DRY ブーツ乾燥材 スキー・スノーボードブーツ用の消臭乾燥剤 ディーラックスのサーモドライ サーモ形成インナーにも使用可能 湿気を吸収して嫌な臭いの発生を防いでくれる 繰り返し使用可能なので経

スノーボードブーツのメンテナンスでインナーは?

インナーのお手入れっていうか、メンテナンスですよね。これが難しい。って、そんなには難しくないけど。

基本は上に書いたように乾燥です。乾燥室があるようなホテルだと、一晩置いておくと、乾燥しますよね。

ただ、その時にできれば、インナーをアウターから外してください。インソールを入れている場合は、それも取ってください。

これだけで、随分乾燥具合が変わります。外さないと、意外とインナーとインソールの間が濡れていたりします。

ですから、基本はインナーをアウターから外すってこと。特に初心者だと外せることを知らないから、滑りに行く前に、一度外してみるといいと思います。

で、もう一つは、まあこの辺になると、こんなブログ書かなくても知ってるハズですが、最近は熱処理っていうか、熱形成ですね。サーモインナー。

これを使っている人も多いみたい。っていうか、ハードブーツだと、ほとんどの人がサーモインナーですよね。

そうすると、あんまりストーブとかの近くに置くと、熱で崩れるので、そこは適度な距離にしておきましょうね。

これは、人生が崩れてなくても熱で崩れてしまいますからね。まあ、その場合はもう一度熱形成してもらえばいいんですけど、翌日なんかちょっと履き具合が違うってことになるので、注意が必要です。

それから、シーズンが終わったら、水洗いしても大丈夫。ですが、もちろんサーモだと型崩れするから、もう一度熱形成が必要になります。

サーモじゃなければ水洗いしてO.K.です。が、シーズン中、ほったらかしておくと、臭いは中々消えないので、滑り終わったら、すぐに乾燥剤を入れるか、少なくとも家に帰ったら新聞紙等を入れて、感想させてくださいね。

ブーツの中は1日滑ると、300mlぐらいの汗が出るって言われています。ってことで、それに雑菌が付いて匂うんです。

一度雑菌が付くと、洗ってもそう簡単には取れないので、出来るだけその日その日に乾燥させることが重要って訳です。その辺、注意してくださいね。


スポンサードリンク

スノーボードブーツのメンテナンスでアウターは?

アウターは、簡単。水洗いでO.K.です。特に春になるとどろんこになるじゃないですか。ですから、帰りがけにスキー場で洗えれば、板と一緒にブーツの底ぐらいは洗って、泥を落としておきましょう。

シーズン終わりには、じゃぶじゃぶ洗って大丈夫。水洗いが基本ですが、どうしても汚れが取れないときは、中性洗剤でも問題ありません。

それで、陰干しすればバッチリです。ただ、ハードブーツは、黄色とか白だと、段々と色がくすんでくるんですよね。

これはしょうがありません。上に書いたように、ゲレンデ内の油とかが付いてしまいますから。

それがイヤな場合は、やはり滑り終わったら、その都度軽く水洗いしておいた方がいいでしょうね。

あと、完全に乾いて、インナーも乾いたら装着して、特にハードブーツは軽くバックルは締めておきましょう。

バックルを開けたままにしとくと、ベロの部分とかが開いてきて、翌シーズン締めにくくなりますからね。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

私が履いていたハードブーツ、比較的濃紺とか黒とかで、汚れが目立ちにくいものばかりでしたが、今のは黄色なんですよね。

友人が毎週のように滑りに行ってたら、1シーズンで結構くすんでいました。私はここんところシーズン中数回だから、まだ綺麗ですけどね。

滑りに行ったら綺麗にするようにしておきたいと思います。では、良いブーツを。

スポンサードリンク

-ギア
-,