NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

リタイアに向けて

転職したいけど中高年は決まらないし資格があっても求人は?

2017/02/12

転職したい人って多いですよね。特に移住したいとかじゃなくても、リストラが決まって、次の職を探さないとってことで、職探しの旅に出るんですが、中高年になるとねえ。決まりませんよね。資格があると違うのかって言っても、そもそも求人がねえ。世の中厳しいみたいです。

スポンサードリンク

転職しようと思っても中高年は決まらない

ということで、昨日も書いたけど厄年は突然にっていうか、中年ニートは突然にってことで、現代の先行き不透明な雇用情勢だと、正社員だからといって安穏とはしてられません。

いわんや非正規雇用だったらなおさらですよね。あっ、「いわんや」の場合は「おや」でしたかね。漢文はちんぷんかんぷんだから分かりません。

そんなことはどうでもよくて、私もいきなり職探しの日々を送らないといけなくなりそうです。

って言ってもねえ。散々中年ニートをやったから実感しているけど、中高年ってまず書類で落とされるんですよね。

私のように前職が会社に遊びに行っていたっていう人はしょうがないですけで、誰が聞いて知ってるような超一流大学を出て、一部上場の大手企業に勤めて、管理職までやったとしても、相当なコネとか引き抜きじゃない限り、書類で落とされます。

だって、50過ぎたら使う方が使いにくいじゃないですか。だいたいリーダーとか主任って30から30代後半ぐらいですからね。

ってことで、中高年はもうできるだけ転職とか考えずに、今の会社にしがみついておくのがベストです。

が、しがみつけなくてふるい落とされたのが私。ってことで、そういう場合はとにかくどこか探さないといけません。どうしたもんですかねえ。

転職を探す中高年は資格が必要

そんな時にために、やっぱり資格を持っていたほうが有利って思いますよね。それで在職中に資格を取ろうとする人も多いみたい。

ですが、これまたよく言われているように、無いよりは合ったほうがいいけど、資格を持っているからと行ってすぐに仕事が決まるっていうものじゃありません。

まあ、医師資格とかだと別でしょうけどね。薬剤師も比較的仕事はあるみたいですが、それでも過疎地とかじゃないとねえ。

他には最近は税理士はおろか、会計士でも厳しいって言われるようになりました。ですから、資格があるからと言って有利とは言えません。

特にファイナンシャル・プランナーなんかは、今はみなさんもってるから、まあ、歩合制の保険会社にエントリーする時に有利っていうぐらいですかねえ。

ってことで、資格というよりも、ある意味起業に近いイメージで、自分で仕事を作って稼ぐぐらいじゃないと食べていくのは厳しくなりましたね。


スポンサードリンク

転職したい中高年の求人は?

というか、そもそも中高年になると、求人自体がないんです。そりゃー景気は上向いたとかいうし、求人倍率も1倍を超えたとかいうけど、それは若い人の話。

だって、年齢制限をしてはいけないとかいいながら、実質はライフ設計のためとかなんとか言って、35歳以下とか、せいぜい40歳以下しか応募出来ないものばかりです。

年齢不問っていうのは、ホントに清掃員とか、新聞配達で、うまく仕事に着けても月に10万円も貰えれば御の字ってカンジですかねえ。

ってなると、諸般の事情で一度正規雇用から脱線すると、生きて行くだけでも立ち行かなくなるんですよね。

この現実、1億総活躍時代とかいうけど、活躍もヘチマも食べていけないんだから、どうしろっていうんですかねえ。自給自足の仙人生活でもするしかないですよね。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

ということで、一応職探しはしていますが、やはり早くせんべい屋でなんとかやっていけるようにするしかないと思っています。

あっ、もちろん饅頭屋でも、実は参入障壁が低いと言われている団子やでもいいんですけどね。

ついでに、そこに岡田奈々風のおネエさん(含む【昔の】)がいれば言うこと無いんですけど。では、みなさんも厄年は突然にご注意ください。

関連記事
厄年は忘れた頃にやってくる?

スポンサードリンク

-リタイアに向けて
-,