NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

ギア

スノーボードのデッキパッド初心者の選び方や貼る位置とおすすめ

2017/02/12

スノーボードにはデッキパッドって必要ですよね。特に初心者が選ぶときの選び方ってどういう点に注意すればいいんでしょうか。貼る位置とかも知りたいし。もちろん貼り方についても、僕ちゃんにお伝えします。

スポンサードリンク

スノーボードのデッキパッド初心者の選び方

スノーボードでは、デッキパッドが必要です。デッキパッドってなあに?っていう初心者の人に説明しますね。っていうか、デッキパッドとか言うタイトルだと、初心者しか読んでないですよね。

ボードにバインディングつけて、そのバインとバインの間に、なんかゴムみたいなものとか、プラスチックみたいなもの、中には金属の鋲みたいなものがついているのをみたことがあると思いますが、アレです。アレ。

アレって、なんかステッカーみたいにファッションかと思っていたっていう人もいるけど、確かにファッションの一部にした方がかっこいいですよね。

ただ、実際はスケーティングとか、リフトから降りる時とか、まあ、両足っていうか、主に後ろ足をバインに装着してないときに使うものです。

スケーティングして、そのまま片足でズズイーと滑ってもいいけど、後ろ足をボードの上に置きたいですよね。

っていうか、メインはリフトから降りる時かな。特にちょっと傾斜になっているようなところだと、特に初心者だと前足一本で滑るっていうのは至難の業。

まあ、私のようにヨレヨレ中年になったら、20年近く滑っていても片足で滑るなんてのは自殺行為だからやりませんけどね。

ですから、後ろ足をボードの上に置きますよね。でも、バインに装着している訳じゃないから、後ろのバインの前っていうか、まあ、バインとバインの間に足を置くと思います。

が、意外とボードの上って滑るんです。私の様にギャグとか人生が滑ってなくても、ブーツの裏とボードの間に雪が合ったりして滑ります。

特にアルペンのハードブーツだと、私のギャグより滑るってことで、後ろ足置いたけど、逆にバランスを崩して転倒したりってことで、それを防止するための滑り止めがデッキパッドです。

ってことで、初心者は必ず付けておきましょう。もちろん上級者でもつけた方がいいです。っていうのは、モノによってはデッキパッドでブーツの底についた雪を落とせるようになっているいぼいぼのものもあるから、とりあえず付けるものって思っておいてください・

で、種類はいろんな種類があります。大きい楕円みたいなのとか、鋲みたいなのが4つとか5つとか入っていて、それを好きなところにくっつけるとか。

ハートマークもあれば、骸骨とかのものとか、動物のものとか、まあそれは付けていてウキウキするものがいいですね。

ただ、初心者は大きいモノが良いと思いますよ。まだ、どこに足を置くか良く分からないし、とりあえずどこにおいても、デッキパッドの上になるような、面積の広いものがいいと思います。

慣れてきたら、それもファッションの一部ってことで、デザインや色で選んでもいいし、特にアルペンのハードブーツの人は、ブーツの底の雪が落ちやすいもので選んでもいいと思います。
【デッキパッド メール便OK】デッキパッド スノーボード/デッキパッド スノボ/スノーボード デッキパッド/スノボ デッキパッド

スノーボードのデッキパッド初心者が貼る位置

で、そのデッキパッド、貼る位置ですが、冒頭の写真にあるように、バインとバインの間です。最初のうちは、後ろ足のバインのすぐ横がいいと思います。

慣れてきたら、私は後ろ足はバインとバインの真ん中に置くからっていう人もいるでしょうから、真ん中に貼ってもいいし、アルペンの人なんかで、結構斜めに置くからってことで、斜めに貼る人もいます。

が、注意する点は、ちゃんとバインを装着してから貼ってくださいってこと。まあ、初心者の人はバインをそんなにつけたり外したりしないと思うから大丈夫でしょうけど。

ある程度慣れてくると、ニューボードを買ってきて、ベースワックスもバッチリ。ステッカーチューンもバッチリってことで、後はデッキパッドを貼れば完成ってことで、そのまま貼る人もいます。

そうすると、バインの位置を確認してなくて、デッキバッド貼ったら、バインの下になってしまいました。ってこともありますからね。

って、それは私です。バインって結構大きいじゃないですか。ですから、ビスのホールからはある程度離して貼ったつもりでも、ちょっとベースプレートに重なってしまうってことで、貼り直したこともありました。

ってことで、デッキパッドは必ずバインを装着して、それから位置を確かめてから貼るようにしましょうね。失敗者からの助言です。


スポンサードリンク

スノーボードのデッキパッド初心者の貼り方

一応貼り方も書いておきますか。まあ、デッキパッドを買ってきたら、裏とかに貼り方が書いてあるから、それに従えばいいですけどね。

ステッカーチューンをしたことがある人なら、それと一緒です。まず、ボードのデッキ面の汚れを取ってください。もちろん脂分も。

で、暖かい部屋で、ちょっとデッキパッドもドライヤとかで暖めから、一気に押さえつけてください。これはホントにしっかり押さえつけてくださいね。

特に面積が大きいモノは、結構端の方とかがちゃんとくっついてなくて、そこからはがれてくるってこともありますから、注意してください。

そう言う意味では、実は小さいっていうか3センチ四方ぐらいのものを、何個か付ける方が貼るのはラクですけどね。

それに、極寒のゲレンデだとちょとした隙間があっても、そこから剥がれてきたりするんです。そのとき、何個かの複数のものだと、1個取れても他に4個とか5個とか付いているから、安心ですよね。

ってことで、その辺も考えて選んでみてください。ただ、初心者は面積の広い方がいいと思うので、はがれにくいゴムというか少し柔らかめのものがいいかもしれませんね。


チリバツ共和国副大統領の戯言

ということで、上級者は貼らないっていう人もいるけど、やっぱり貼っておいた方がラクちんですよ。それに、ワンフットっていう片脚での滑るのも勿論できた方がいいけど、ドーン教教祖の木村桂子元プロ&デモなんかは、リフトから降りる時も、後ろ脚をしっかりボードの上において、後ろ足でも圧を掛けてくださいとか言ってるし。

ってことで、特にアルペン軍団は付けた方がいいんじゃないですかねえ。まあ、バリバリのレーサーとかはご自由にどうぞ。って言う前に、このブログは読んでないでしょうけどね。

あと、書かなくても分かると思いますが、いくらデッキパッドを付けても、人生とギャグが滑るのはどうしようもありません。では、良いデッキパッドを。

スポンサードリンク

-ギア
-,