NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

ゲレンデ

スキー場長野の降雪や積雪はどうなった?白馬エリアは全面滑走可?

2017/02/12

今回の爆弾低気圧で、長野のスキー場もやっと全面オープンしたみたい。今シーズンは白馬エリアも厳しかったけど、大丈夫になったのかな。そんな長野のスキー場の降雪や積雪、特に白馬エリアについてお伝えします。

スポンサードリンク

スキー場長野の降雪は?

今シーズンは軒並みどこのスキー場も雪不足で、1月の3連休が終わっても長野市周辺の飯綱高原スキー場はオープンすらしておりませんでした。

白馬エリアも、結構厳しいみたいで、だいたい積雪が1メートル以下。コースによってはオープンしてないってことで、ゴンドラがあるところは上の方で滑っている人が多かったですね。

特に爺ヶ岳スキー場って、アルペンライダー御用達の大町のスキー場が、これまたオープンしてなかったんですよね。

ってことで、参った、参った。って言っていたけど、今回の爆弾低気圧でやっとどこも全面オープン、爺ヶ岳スキー場も一気に全面オープンになりました。

あんまり降り過ぎたから、大糸線が止まったり、志賀高原の方に行く長野電鉄も遅れが出たり、みだらおこと斑尾高原スキー場に行く飯山線も運休になったりと、ちょっと激しすぎ。

白馬の地元民に言わせると、例年だと1ヶ月かかって降っていた雪が、この3日間というか、ほぼ2日間で降ってしまったそうです。

ってことで、スノボオタクのアンポンタンのみなさま、長野のスキー場もこれでいつも通り心配なく滑ることができますので、ジャンジャン滑りに来てください。

特に爺ヶ岳スキー場がオープンしたことによって、白馬エリアの10のスキー場が全部オープンってことで、ここんところやっているHAKUBA VALLEYの共通券もバッチリ使えますからね。

白馬、志賀高原、あたりは今回の降雪で恩恵を受けましたが、中央道沿いはあんまり積もらなかったみたいですね。

いつもは豊富な雪量で有名な八千穂高原スキー場も、もちろん全面オープンですが、この3日間でもプラス20センチぐらいだったみたいですね。

まあ、比較的中央道沿いは晴天率が高いだけあって、積雪は少ないですからね。ただ、これで長野のスキー場はどこでもO.K.です。

ガラガラヘビというか、空いているのが好きな人御用達のさかえ倶楽部も例年通り、今回の降雪で一気に雪量げ激増しました。ぜひ楽しんでください。

スキー場長野の積雪は?

じゃあ、実際長野のスキー場の積雪はって言われると、この記事をいつ見てるかによるから、最新情報は各スキー場のサイトで確認してくださいね。

とりあえず、今回の爆弾低気圧後の1月17日現在のものを書いておきますね。白馬エリアは、そんな訳でどこも滑れるようになりました。

栂池、白馬乗鞍、コルチナはほぼ280センチぐらい。岩岳は150センチ。八方が230センチ、五竜と47も315センチと、ほぼ多いところとそれなりのところはいつもどおり。

部分オープンだったさのさかは130センチ、鹿島槍は170センチ、爺ヶ岳は130センチってカンジです。

ですから、白馬エリアはどこでも問題なく滑れますよ。志賀高原も、オープンはしていたけど、70センチとか、そんな感じでしたよね。

もちろん、志賀高原も焼額は250センチ、奥志賀が200センチ、竜王になると330センチってことで、ウッシッシです。

志賀高原と言えるかどうか、アルペンボーダー御用達のよませも150センチで全面滑走可です。

アルペンボーダー御用達っていうと、湯の丸高原とかもですよね。湯の丸は120センチ、アサマ2000が120センチで、どちらも全面滑走可です。

八千穂高原は50センチ、エコーバレーが80センチってことで、やはり中央道沿いは積雪は少ないですよね。でも、全面滑走可です。

長野県というか、北信一のおすすめ、さかえ倶楽部は190センチですから、アルペンもフリースタイラーも思う存分だうぞ。


スポンサードリンク

スキー場長野白馬エリアは?

白馬エリアは上に書いたとおりですが、やはり日本海に近いってことで、コルチナとか白馬乗鞍、それに栂池は積雪が多いんですよね。

多い年は300センチいきますからね。それに比べて岩岳はやっぱり標高が低い分だけ、他のエリアよりかは少ないです。

っていっても、200センチ近くあるから、全く問題ないですけどね。あと、なぜか五竜と47も多いんです。

それもあって、ゴールデンウィークまで滑れるんですよね。地形的なものって地元民は言ってます。

白馬駅とか岩岳周辺が晴れていても、五竜とか47は降っているってことが結構あります。

ですから、4月とかで、ほとんどノーマルタイヤで問題ないときでも、五竜と47周辺はスタッドレスじゃないと厳しかったりします。

さのさかは、やはり岩岳と一緒で、白馬エリアの中では少ない方。ですが、なぜか国道とか駐車場はスゴイ雪ってことが結構あります。

あのあたり標高は高いんですよね。白馬駅に向かって徐々に低くなるから、夏でもさのさかあたりと白馬駅あたりは1度ぐらい温度が違います。

ってことで、ゲレンデ自体はそんなに豪雪じゃないけど、国道とか特に駐車場は埋まることがあるから気をつけてくださいね。

爺ヶ岳は少し標高が低いので、こんな感じですが、鹿島槍は例年ならもう少し多くてもおかしくありません。

それに、中央駐車場に行くには、かなり山ん中をドンドコ走る形で、除雪はされているけど、行き着くまでに雪が多いですね。

ってことで、白馬エリア、ぜひお越しください。今シーズンは一回ぐらいは私も滑りに行きたいと思っています。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

さのさかは、上に書いたようにゲレンデ自体の積雪はそんな多いっていうイメージはないんですけど、駐車場は降ると結構埋まりますね。

一度、1日中降ってる時に滑りに行ったら、帰る時に出られなくなって、4WDだったけど、全然ダメ。

近くのおニイさん達が押してくれて、脱出できたけど、またすぐにスタック。そんな車が続出で、結局除雪のブルドーザーに引っ張ってもらったことがありました。

さのさかの駐車場、お気をつけください。あっ、もちろん、人生は埋もれても引っ張り上げてくれる人はいません。あしからず。

※スキー場についての記事は、こちらにまとめてあります。
スキー場についての記事一覧まとめ

スポンサードリンク

-ゲレンデ
-,