NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

神社・仏閣

善光寺の初詣で新春特別祈願をしてきたけど厄払いの人が多かった

2017/02/12

初詣って、みなさん決まったところに行くんですかね。私は元日は信仰している神社。そして歩いて15分で善光寺ですからね。そんな善光寺に初詣に行って、新春特別祈願をしてきました。女の人は厄払いが多かったかな。

スポンサードリンク

善光寺に初詣に行ってきました

善光寺って、やっぱり有名なお寺だから、3が日は動きが取れないぐらいの人出。っていっても、東京の神社やお寺ほどではありませんけどね。

それになんたって、信州ですからね。お正月は寒いってことで、地元民は晴れると人出が多いけど、雪とかだと少ないっていう、これまた分かりやすい状況。

それでも、やはり3が日は行くもんじゃないし、4日は今度は仕事はじめで、会社で来る人が多いから、地元民は5日以降に行く人が多いですね。

私は当然5日以降の平日に行ってきました。朝まで雪だったし、日中も曇りだったから、これだと人が少ないだろうって思ったら、そんなに甘くなかった。

それに外国人が多いですね。スノーモンキー見に行ったり、野沢とか白馬とか行ったついでにZENKOJIなんですかねえ。

ってことで、まあ、家から歩いて15分だから行かない手はないし、毎月お参りしているけど、年始はね。「今年も新しい年を迎えることができました」ってことで、思いもひとしおです。

はいはい、ついでに「今年こそは、岡田奈々風のおネエさん(含む【昔の】)とウッシッシになれますように」ってお願いしたんだろうって?その通り!

その辺はねえ。毎年のことだから、お願いしなくてもご理解いただいているんじゃないかと思っていますけどね。

そんな訳で、もちろんお正月にお参りしたっていう人は、何よりですが、この冬長野っていうか北信に来られる方は、これからの時期、だいぶ境内も落ち着くので、滑りに行ったついでにでもお参りしてはいかがですか?

善光寺で新春特別祈願をしてきました

そうそう、それで厄払い依存症の身としてはねえ。初詣のついでにいつも新春特別祈願っていうのをやっています。

厄払いでもいいんですけど、いわゆるお坊さんたちにお経を唱えてもらって、祈願してもらうって言う奴。

御本尊の真ん前に座れますからね。毎年の恒例行事です。が、これまた善光寺って、それほど本堂に入りきれないってことはないんです。

3が日でも、十分入れます。私みたいに3が日をはずせば、一番前列の真ん前も余裕です。ってことで、西新井大師とか川崎大師のイメージからすると拍子抜け。

その分、じっくりと祈願してもらえるので、これまたついでにしてもらってもいいかも。もちろん、厄年の方はねえ。

そうそう、それでその新春特別祈願は、1月15日まで。午前1回、午後1回の開催。だいたい午前は11時とか11時半とかそれぐらい。午後は2時とか2時半ぐらい。

日によって時間が若干30分とか15分とかズレるので、必ず行く前に確認してくださいね。で、祈願をお願いする場合は、本番30分前までに行って申し込んでください。

本堂の前に「新春特別祈願申し込み」っていう看板が出ているので、そこで住所氏名年齢書いて、祈願内容を書いて御代を払います。

料金は新春特別祈願は5000円から。祈願内容は、厄除けから家内安全、商売繁盛、合格、病気平癒、安産、心願成就、諸難消除などなど、各種取り揃えです。

申込みが済んだら、15分前までに集合場所を指定されるから、そこに集まって、5分ぐらい前に本堂に通されます。

靴を脱いで、本堂の中に入って、後はお坊さんの説明にしたがってください。脚が悪い人は正座しなくて大丈夫。だいたい15分ぐらいで終わります。

1月15日を過ぎると、普通の祈願になるから、料金は3000円からあるけど、本堂に入るのに別に500円かかります。

あと、時間も午前だけです。別に新春特別祈願じゃなくていいけど、お札が5000円だけあって立派です。

15日以降でも、もちろん、3000円の上に5000円っていうのがあるから、それにするとほぼ同じお札。ただ、新春特別祈願のときは、お札に赤字で「新春特別祈願」って入るから、ちょっとそれが嬉しいって言うのが寂しい中年の本音かな。

まあ、そんな訳で今年一年いい年にしたいものですね。


スポンサードリンク

善光寺では厄払いの人が多いみたい

ところで、その新春特別祈願、般若心経が終わると、各申込者の市町村までの住所と名前と祈願内容を読み上げるんですね。もちろん、お経的なカンジですけど。

そこで、「長野県長野市のチリバツ本舗、商売繁盛なんちゃらかんちゃら・・・」みたいなカンジなので、どんなお願いかは分かります。

今回女性が3分の1ぐらいいたんですけど、結構「後厄厄除け祈願」っていうのが多かったですね。

まあ、時期的に三が日じゃないから、厄年とか気にしなかったけど、なんか前年いいことがなくて、これは厄払いしておかないとってことだったんですかね。

もちろん厄払い依存症っていうか、祈願依存症の私としては、引っ越してもすぐに「方位除け」っていうので行くんですけど、そのときは2回とも春だったせいもあって、普通に「厄除け祈願」っていう人が多かったですね。本厄なんでしょうね。

ってことで、女性の厄年っていうことは、30前半なんでしょうけど、平日だったせいかおひとりの人ばかりでした。

3が日とか土日に行くと、カップルが多いんですけどね。はいはい、カップルだろうがお一人だろうが人生半世紀の私には関係のないことでござんした。

ってことで、善光寺の祈願、もちろん厄除けもばっちりなので、厄年の方はどうぞ。厄年じゃない人は、災難除けとかがいいかもね。


チリバツ共和国副大統領の戯言

ということで、善光寺の新春特別祈願のお蔭で、こっちにきて特に大きな病気も怪我もありません。いろいろとあった年もあったけど、結果的にその後いい方向にいきましたしね。

ってことで、信ずる者は救われる。人生の迷っている人は、なんかのついでに善光寺にもお参りください。では、良い祈願を。

関連記事
善光寺の駐車場は?
善光寺の灯明祭りって?

スポンサードリンク

-神社・仏閣
-,