NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

リタイアに向けて

銀行の法人口座が審査が厳しくて作れない?難易度と資本金と固定電話

2017/02/12

銀行の法人口座、開設したいと思って申請したけど、審査が厳しくてことごとく落とされてしまい作れないって言う話を聞きます。難易度ってあるんですかね。資本金とか固定電話が関係あるとか。その辺についてお伝えします。

スポンサードリンク

銀行の法人口座が審査が厳しくて作れない?

前回ちょっと書きましたが、ここにきて銀行の法人口座の開設がとても難しくなりました。

10年以上前はねえ、必要書類さえそろっていれば、ほぼ開設できたんですけどね。今は、2社3社落ちたって言うのは当たり前になりました。

まあ、あれだけ振り込み詐欺だなんちゃら詐欺だって言う事件が多いとねえ。そりゃー、審査も厳しくなりますよね。

5~6年前から法人登記したけど、銀行の法人口座が開設出来ないって言う話は多くなりましたが、特に2016年の10月にまたまた法律が改正されたみたいで、超厳しいっていうのがここんところの様子です。

ですから、もちろん法人口座があった方がいいんですが、まずは個人事業主として実績を積んでから法人登記をした方がいいというのが業界の見方となっています。

ということで、付き合いのある銀行があれば、まずそこの担当者に法人口座を作りたいと思っているけど、どんなもんかを聞いた方がいいでしょうね。

じゃないと、いきなり申請書を出しても、「最近審査が厳しくなりまして・・・」って言われますからね。

もちろん、少し前までネット専用銀行の方が審査が甘いっていわれいましたが、ここんところはネット銀行の方が機械的に審査するから厳しいとも言われています。ご注意ください。

銀行の法人口座の難易度は?

じゃあ、現状は分かったし、既に3社落ちてるからどうやったら審査に通るのか知りたい。法人口座の難易度ってどんなもん?っていうのが気になりますよね。

よく「銀行 法人口座」で検索すると、メガバンクは審査が厳しいので、地元の地方銀行にしましょうとか、ネット専用銀行だとラクに開設できました。とかいう記事があります。

多分1年前とか、極端な話ほんの半年前はそうだったかもしれません。が、そういう情報もあって、訳の分からなぬ輩がネット銀行に押し寄せたみたいで、2016年の10月以降は、ネット銀行もあまり差がありません。

ネット銀行の中には、他の銀行で法人口座を開設してないと受けつけませんっていうところもでてきたぐらいです。

じゃあ、どうすればいいの?ってことですが、メガバンク、地銀、信用金庫、ネット銀行どこでもあまり変わりません。

ですから、付き合いのある銀行にしましょう。っていうのは、例えば今勤めていて給料の振込があるのなら、給与振込をしている銀行。

自営なら、その商売で取引先とのやり取りをしている銀行。いわゆるメインバンクっていうことになります。

そうすると、銀行の方はこの人はこういう人で、だいたい年収はこれぐらい、勤め先はどこそこ、他に定期預金とかしていたら、資産はこれぐらい、持ち家とか賃貸だけど既に10年住んでいるとか、そういうのを把握していますよね。

ですから、例えば自営している人なら「今度法人成りになりまして・・・」って言えば、「おめでとうございます。では、口座も法人口座が必要ですね」ってことで、ほぼ審査も通ります。

また、勤め人なら「いやー、実は副業で(株とかFXとかの資産運用で)結構利益が出るようになったから、この際マイクロカンパニーを作ることにしまして」とかいうと、「それはそれは・・・では、ぜひ当行でこれからもよろしくお願いします」って言う風になります。

これは、メガバンクでも全然問題ありません。私もメガバンクで一発で審査に通りましたし、知人も昨年末にやはりこのやり方でメガバンクに法人口座を開設しています。

以前っていうか、通常店舗を構えての商売なら当たり前の事なんですよね。今まで付き合いのあった銀行だから、そのまま法人口座にするってこと。

特に店舗を構えている商売だと、結構銀行から借り入れとかもするから、「今度法人にしまーす」っていえば、銀行の方も安心って訳です。

が、最近はネットビジネスでお金は稼げるようになったけど、そういう銀行との付き合いっていうのを知らない人が多いから、縁もゆかりもない銀行に、何やら〇〇銀行が審査に通りやすいっていう話を聞いて申請するんです。そりゃー落ちますわなあ。

もちろん、メガバンクとかはネットバンキングに利用料がかかるとか、振込手数料が高いとかいうのがありますが、一つどこかに法人口座が開ければ、住信SBIネット銀行みたいに、他に法人口座を開いているのが条件って言うネット銀行は比較的ラクに審査に通ります。

ですから、まずは、どこでもいいからすぐに審査が通る銀行に法人口座をつくってください。どこでも良いって言っても、それはメガバンクでも地銀でも信金でもっていう銀行の形態をいってるだけで、要するに今まで付き合いのある銀行、今まで個人としてメインバンクにしていた銀行ってことになりますけどね。


スポンサードリンク

銀行の法人口座に資本金や固定電話は関係ある?

なお、今まで付き合いのあった銀行でも、法人口座の申請をする場合に気を付けた方がいいのが資本金と電話。

資本金は既に登記していたら、増資っていうのにはまた手間がかかるけど、落ちまくっているのなら考え直してもいいかも。

っていうのは、平成18年かなんかの法律改正で、資本金が1円でも株式会社が設立できるようになりました。

が、実際資本金が1円の会社って、世間一般の常識で考えると、世間を舐めているのか、本当にお金がないのか分かりませんよね。

ですから、極端に資本金が少ないと審査には通りにくいです。できれば100万円っていうのが一つの目安です。

もちろん、中には資本金1万円でも10万円でも審査に通った人もいるけど、それは他の要因も踏まえてのことだから、資本金っていうだけなら、まずは100万円が一つのラインと思ってください。

それから、もう一つは会社の電話。もちろん自宅を本店所在地として登記していることが多いと思いますが、その場合固定電話かどうか。携帯電話だとマイナス要因ですね。

携帯電話だから落ちるってことはないけど、固定電話の方が審査には通りやすいです。同じようにこれまた絶対じゃないけど、会社のホームページ。

まずこれはホームページがあった方が有利です。が、その時のドメイン。.xyzとか.xxxとかのは怪しいと思われるみたい。

できれば、.co.jpがいいですね。これだときちんとした会社って言う風に見らえるから、結構有利になります。それに、.co.jpは登録する時に登記簿謄本が必要ですからね。

その辺り、細かいことですが、積み重なると結構大きな差になるから、落ちまくっている人は見直してみてください。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

ということですが、私は狙った訳じゃないけど、やっぱり法人っていうと、当然固定電話がないと何か書類を書くときにおかしいし、ドメインも.comだと誰でも取れるから、法人ですっていうことを知らしめたいから.co.jpでしょうという風に、資本金も含めて、上記の条件をすべてクリアしていたんですね。

そして、それまでメインバンクだったところにお願いしたから、全く問題ありませんでした。その辺り、意外と意識してない方がいらっしゃるのでビックリしたところです。

はいはい、そういうことは知ってても、利益を上げることはまるで分かっていませんからね。それが最重要課題です。では、良い法人口座を。

関連記事
マイクロカンパニー設立時の資本金や事業内容について
銀行の法人口座の必要性と開設方法は?

スポンサードリンク

-リタイアに向けて
-,