NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

ゲレンデ

スキー場の雪不足が深刻だけど滑走可能なところとかおすすめは?

2017/02/12

今年2017年もなんか雪が少ないみたいですね。長野県は厳しいみたい。特に白馬。ってことで、雪不足でも滑走可能なスキー場やおすすめのスキー場をお伝えします。

スポンサードリンク

スキー場の雪不足は?

今年っていうか2017年ですが、年が明けても本州、特に長野は雪不足で大変みたいですね。

白馬も苦戦しているってことで、ついに地元紙にまで報道していました。全面オープンしてないスキー場もあるし。

長野市周辺だと飯綱がこれまた苦戦。中にはオープンすらしてないスキー場もあるってことで、ここまで酷いのは久しぶりじゃないですかねえ。

ここでも紹介したかもしれませんが、豪雪地帯で例年だとこの時期数メートルの積雪がある栄村のさかえ倶楽部。1月6日現在75センチだって。

ですから、滑れないことはないけど、どこのスキー場もクローズのコースはあるし、オープンしていても、ブッシュやら小石やらでているみたい。

知人もいきなりソールとエッジをやっちまったぜえ。ってことで、3軍の板じゃないと厳しいみたいですね。

今回は私のおすすめのMt.乗鞍も苦戦。もちろんオープンはしていますが、1月6日現在やぱり積雪55センチで、1メートルもないみたい。ついに温暖化の波が本格化したってことですかねえ。

ということで、全国的に雪不足ですが、特に長野県は厳しいみたい。こういうときこそ地元を応援してあげたいとけど、こればっかりはねえ。

この3連休で冬将軍が来るってことになっているから、また状況は変わるかもしれませんが、1月6日現在はそんなカンジです。

3連休に長野に出陣予定の方は、最新の積雪情報やゲレンデ情報で確かめてくださいね。志賀高原も例年に比べるとねえ、積雪1メートル以下っていうところが続出。

野沢温泉スキー場が、長野の中では比較的頑張っているみたいです。といっても、長野市内も例年だとこの時期昼間でも1度か2度ぐらいなのに、6度とか8度とかですからね。7日も朝は冷え込むみたいだけど、昼間は7度予想です。これじゃあねえ。困ったものです。

スキー場が雪不足でも滑走可能なところは?

ということで、非国民ならず非県民と言われても、ないものはないってことで、2017年の1月冒頭で滑走可能というと、新潟県のかぐらスキー場とか、湯沢エリアですかね。

もちろん、滑走可能かどうかって言う意味では、長野県内のスキー場も可能ですが、上に書いたように、雪が少ないって状態。

ですから、1月のハイシーズンとしては、やはり今現在では長野はちょっとどうですかっていうのが本音ですね。

その分、新潟は強いってことで、かぐらスキー場は1月6日現在、すでに190センチの積雪ってことです。

それでも、例年だと既に200センチオーバーだから、やっぱり暖冬ってことですかねえ。ガーラとかの湯沢エリアも全面滑走可能だから、雪の多さって言う意味では、湯沢地区ってことになりますかね。

あと、やはりロングシーズンで有名な群馬県の丸沼高原スキー場、ここも140センチオーバーですので、安心して滑ることができそうです。

それから、私のおすすめ山形県米沢市の天元台スキー場、ここもバッチリ全面滑走可能。一番下のバーンでも全く心配いりません。

ってことで、新潟、群馬、山形あたりで検討されることをおすすめします。もちろん、こんなときこそっていうことで、長野のスキー場に来ていただければありがたいですけどね。

そこは自己責任で、ソールやエッジにキズが入っても大丈夫な板で滑ってくださいね。


スポンサードリンク

スキー場が雪不足でもおすすめは?

そういう状況のせいか、やたらMt.Sayamaこと狭山スキー場の問い合わせが多いんですよね。まあ、時間とお金をかけて山に行くよりもってことでしょうけどね。

と言っても、これまた狭山スキー場は、ザウスと違って完全な冷蔵庫っていうわけじゃないですからね。外気温が高いといくら雪を作っても溶けてしまいます。

すぐに溶けるってことは流石にないですが、当然都心部でも例年よりかは気温が高いから、特に雨とかになると、ガスが発生して、視界が極端に悪くなると思います。

例年だと、そういうのは10月とかせいぜい11月のはじめぐらいまでしか起こらない現象なんですけどね。ちょっとそのあたりは注意して、雨の日はご用心です。

それ以外だと、みなさんが考えているように、時間とお金をかけて山に行くよりもっていうのがあるから、足慣らしとか、ちょっと滑ってみたいっていうことなら、狭山スキー場も悪くないと思います。

ただ、例年だとねえ。この時期は空いているですけどね。そういう状況なので、今年はちょっと混雑しているみたいです。そこは、これまたしょうがないってことで、認識しておきましょう。


チリバツ共和国副大統領の戯言

自然が相手のものって、どうしようもないことってありますよね。特にそういう産業に従事している人は、明日のおまんまをどうしようってことで、こちらでは深刻です。

そろそろ私も天候に左右されない趣味に転向しようかと考えているところです。はいはい、その前に天候に左右じゃなくて、私の場合は体力に左右される趣味でした。では、みなさんも良いスキー場を。

※スキー場についての記事は、こちらにまとめてあります。
スキー場についての記事一覧まとめ

スポンサードリンク

-ゲレンデ
-,