NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

移住

UR住宅って?間取りとか所得制限とか申し込みとかについて

2017/02/12

移住するときに困るのが住居。でも、何やらUR住宅っていうのだと、民間に比べていろいろと障壁が少ないとか。そもそもUR住宅ってナニ?間取りとかどうなの?所得制限があるとか?申し込みは抽選?などについてお伝えします。

スポンサードリンク

UR住宅ってお得?間取りとかは?

URっていうか、UR住宅ですけど、名前だけは知ってるっていう人も多いかな。昔の公団ですよね。

なーんだ公団かあって思うのは早い。もちろん数十年前に建てられたものもあるけど、結構新築とか築浅の物件も多いんです。

で、一つは世間一般の民間の賃貸より安い、だいたい1割から2割安い。それに、保証人はいらないし、礼金もいらない、更新手数料もいらないってことで、実はオトクなんですね。

特に移住希望者にとっては、勤めてなくてもある一定の条件をクリアすれば借りることが出来ます。

ですから、移住希望者で取り敢えず賃貸にしたいけど、勤めるわけじゃないからって言う人はUR住宅っていうのも候補にいれることをおすすめします。

それに、鉄筋コンクリートですからね。築30年とか40年とか経っていても、実は中身はオールリフォームして、光回線もバッチリっていうところが多いんです。

なんたって、そもそもはお上というか国がやっていたようなものですからね。借りてくれないと困るし。

ってことで、古い物件でも、中身を見たら、これでこの値段っていうのがたくさんありますから、外見に惑わされずに見てみてください。

で、間取りですが、これまたよりどりみどり伊東みどりで、独身者用の1DKとか1LDKから、家族で住める4LDKまで各種取りそろえ。

ですから、その辺も私みたいに寂しい中年だからっていっても大丈夫。もちろん、寂しい中年でも、スノボ用具一式っていうか、ワックスルームがほしいってことなら2LDKでも3DKもお好きにどうぞ。

あと、以前書いたように法人化している人だと、社宅としても借りれるから、経費で落とせるってことで、これまた便利。

とにかく、公団っていうと古臭いって言うイメージだから、そういうのを一掃したいってことで、民間に負けず劣らずっていうか、ある意味下手な民間よりも先をいっていて、それで安いってなると、借りない手はないですね。

ただね。これが全国どこにでもあるって言うわけじゃないんです。首都圏や大阪圏、名古屋圏とか大都市周辺にはもちろんありますが、長野にはないんです。

ですから、私のように長野に移住しようっていう人は別の道を探してください。そのあたりはまた別の記事にしますね。

長野もそうですけど、UR住宅がないところは、それに準じた公社住宅っていうのがだいたいあるから心配はいりませんけどね。そこだけ注意が必要です。

UR住宅は所得制限があるの?

でも、保証人がいらないって大丈夫なの?って思うでしょうが、その分敷金が3ヶ月なんです。

民間だと敷金1ヶ月礼金1ヶ月とか、結構いいところだと、礼金2ヶ月とかですが、礼金がない分、もし蒸発されたらってことで、敷金は3ヶ月となっています。

が、敷金ですからね。ほぼ全額戻ります。これまた民間の場合は、あーだこーだ言って、結構引かれますが、そもそもが公団ですからね。その辺は、はっきりと壊したり傷つけないと経年変化で戻してもらえます。

が、ほとんどのところでは、畳は借りた人が替えないといけないっていうところが多いです。じゃないと、畳替えの資金がないですからね。

あと気になるのが所得ですよね。前に書いたようにネットビジネスとかだと、民間は審査に通らないってことですが、URだと大丈夫。

特に定年退職した人とかにも入居してほしいから、家賃の100倍の貯金があれば入居できるってことになっています。

たとえば地方の2LDKだと、4万から5万円ぐらいだから、400万円から500万円の貯金があれば大丈夫。

私のように寂しい中年で、1LDKでいいってことなら、家賃は2万円台だったりするので、200万円の貯金があれば、勤めてなくても入れるんですね。

ってことで、そのあたりも移住者にはうってつけ。あとは、希望の地域にUR住宅があるかどうか、それだけを探してみてください。


スポンサードリンク

UR住宅の申し込みは抽選じゃない?

でも、UR住宅ってそんだけ安いのなら、倍率も高いんじゃないの?って思う人が多みたいですが、それは公営住宅の話。

市営住宅とか県営住宅は、抽選で入居者を決めますよね。よく新聞なんかで倍率何百倍とか出ているけど。

が、UR住宅は先着順なんです。いいなって思ったところがあったら、まずは申込みをして、それから内覧。気に入れば正式契約ってことになります。

申し込んでから内覧ですから、既に申込者がいると、内覧できません。もちろん、内覧してから気に入らなければ断ってO.K.

申込みは基本的には営業窓口なんですけど、結構ネットでも申込みができるところがあるので、まずはネットで探してみてください。

間取りから外観から、中には部屋の写真まで載せているところもあるので、民間の不動産サイトと変わりません。

そんな訳で、まずはUR住宅に2~3年住んで、その地域のことを理解してから、購入なりするのが、転落しない移住人生だと思います。


チリバツ共和国副大統領の戯言

そんな訳で、長野にはないんですけど、山口にはあるし、下関には実家からすぐのところにUR団地みたいなのがあるので、下見にも行ってきました。

ほとんど普通のマンションと変わりませんね。まあ、オートロックとかはないけど。都心なんかでは、新築だと内部も最近はやりのキッチンとかになっているから、ホントお得だと思います。では、良いUR住宅を。

関連記事
長野の移住でおすすめのところは?
移住する準備ってまずはナニから?
移住計画は?
移住場所は住みやすいところで
移住で賃貸物件を探すには
移住で長野の賃貸物件って?
移住での失敗って?特に田舎暮らしでは

スポンサードリンク

-移住
-,