NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

アクセス

スノボードに車で行くときの雪道や長距離ドライブの便利グッズは?

2017/02/12

スノーボードには車で行く人が多いんでしょうけど、毎週の様に行きまくる生活を何年もやっているオタンコナスはおいておいて、今年からデビューとか、去年からやり始めたって言う人には、アレを持ってくればよかった。っていうような、スノーボードに車で行くときの便利グッズってありますよね。雪道とか長距離ドライブならではのものをお伝えします。

スポンサードリンク

スノボードに車で行くときの便利グッズは?

スノーボードっていうか、スキーでもいいんですけど、スキー場っていうか、雪のあるところに車で行くってなると、一応それなりの準備が必要ですよね。

もちろん、スタッドレスタイヤとかチェーンとかは当然ですけど、結構慣れてない人だと、アレ?っていうこともあります。

毎週の様に滑りに行って居るアンポンタンなら当然なことでも、今年とか去年スノボデビューした僕ちゃんだと知らないこともあるかもしれなので、ウンチクじじいの独り言っていうことで、あると便利なものを書いてみました。

まず、雪かき用っていうか、車の屋根に積もった雪を下ろすためのスノーブラシっていうのは必携です。

これもいろんなパターンがあるんですけど、一番オーソドックスなのは片側がブラシになっていて、片側が硬いゴムっのヘラみたいになっているもの。

フワフワの雪だとブラシで落とせばいいんですけど、固まっていたりすると、ブラシだと落ちないのでヘラの方を使うってカンジ、

窓ガラスとかは凍りついているから、ゴムの方でも駄目です。そういう場合は、柄の部分に硬いプラスチックのやはりヘラみたいなのがついているから、それで、ゴシゴシやるってことですな。

カーショップとか最近だとドンキみたいなディスカウントショップにもありますが、柄の部分が延びるやつがいいですよね。

特に屋根の上は豪雪地帯だと、かなりの高さになりますから、結構長いものじゃないと、届かないってことになります。
AP スノーブラシ APS007-M81E

あと、ワンボックスみたいな背の高いクルマだと、足をひっかけるところがあればいいけど、そうじゃない車だと、小さい脚立もあると便利ですね。これもディスカウントショップで1000円ぐらいで売ってますからね。

このあたりはだいたいみなさん気にしていると思いますが、実は鍵穴が凍って朝鍵が入らないっていうことがあります。

まあ、最近はキーレスエントリーだから、ドアの鍵穴を使うってことは少ないかもしれませんが、鍵穴じゃなくても、凍結している部分を一発で溶かすスプレーがあるので、これは1本もっておくと、何かと便利です。

それから、上に書いた雪かきブラシのブラシと反対側の硬いヘラで、窓ガラスとかの凍ったものは落とせるんですが、結構凍るのがドアミラー。

で、ドアミラーはそんな大きなものだと取れないので、小さい三角形とかのヘラも持っておくとこれまた朝焦らなくて済みますからね。

スノボードに車で行くときの雪道の便利グッズは?

ってことで、寒冷地・豪雪地ならではものって、首都圏とかだと普段は使わないから意識しないですよね。

一度泊まりで滑りに行くと、こんなものがあったらなあとか、隣の車が使っているのを見て、なるほどそうするのかあとか分かりますけどね。

で、同じく雪関係で、意外と忘れているのが、ゴム手袋。チェーンは持っていても、それを装着するときって、ドロドロになっているじゃないですか。

ですから、軍手だとすぐに濡れてしまって駄目なんですよね。肘ぐらいまであるゴム手袋があると服も汚れずに済みます。

これは、カーショップでもありますが、どちからというとホームセンターなんかの掃除道具売り場とかにあるもので大丈夫。探してみてください。

それから、同じくこれは雪道じゃなくても持ってたほうがいいんだけど、ヘッドライト。結構、夜に何かあることが多いんですよね。

それに、冬は日が暮れるのが早いし、山国は特に周りが山に囲まれているから、緯度的にはそうでもないのに、1時間ぐらい日が暮れるのが早かったりします。

ってことで、ヘッドライトは持っておくに越したことはありません。まあ、アウトドアラーだと、無雪期に山登りに行くときのものがあるでしょうから、それを持っていきましょう。

そうそう、後あると便利っていうか、持ってたほうがいいのがスコップっていうかシャベルっていうか、ぬかるみハマったときに、脱出するために、持ってたほうがいいですね。私も車には1本積んでいました。


スポンサードリンク

スノボードに車で行くときの長距離ドライブの便利グッズは?

後は、スキー場までって結構長距離ドライブになることが多いですよね。ですから、相当なハイグレードの車じゃないと、腰が痛くなるってこともあります。

それに対応して、腰パッドっていうか、腰の部分に入れる座布団みたいながあると、意外と長距離運転シても楽ちんです。

これもカーショップにあると思うので探してみてください。もちろん、よく高齢者が付けているような、シートカバーなんだけど、数珠みたいな小さい玉がたくさんついている方がいいっていうのなら、それでもいいですけどね。

同じく長距離ドライブっていうと、一人で行く人はしょうがないけど、二人以上で交代でっていう場合は、仮眠したりしますよね。

ですから、飛行機とかで海外に行くときに使う、クビに巻くっていうか、頭が安定する枕ってあるじゃないですか。アレなんかも、空気入れて膨らませばいいし、足元に置いてもいいしってことで、持っていると便利ですよ。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

我々がスキー場に行き始めた頃は、ネットもなかったから、カーショップで見つけたり、スキー場の駐車場で隣の人が使っているのも見て、なるほどー、ああいうのを持っていると便利んだなっていうので、1つずつ購入していきました。

今は、検索すればいろんなものが出てくるから、最初から快適なスノーライフを過ごすことができそうですね。と言っても、人生とギャグのスリップに効くグッズはありませんので、ご注意ください。では、良いスノーグッズを。

スポンサードリンク

-アクセス
-,