NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

ギア

スノーボードの試乗会の時期やお得な情報とメーカーについて

2017/02/12

今の板もそろそろ古くなったから、そろそろ新しい板を買い換えたいって言う場合、秋ごろに神田に行けばいいんですかね。っていう3年目の僕ちゃん、ちょっと待った!実は新作の試乗会っていうのは、2月ぐらいからはじまります。当然無料だから、実際に乗ってから決めた方がいいですよね。ってことで、試乗会の時期やそこで得られるお得な情報とか参加メーカーについてお伝えします。

スポンサードリンク

スノーボードの試乗会の時期って?

スノーボードの新作って、知ってる人は知ってるんだけど、マニアとかオタクじゃないとだいたい秋になったら店頭に並ぶって思っていますよね。

その通りなんですけど、そうすると、どういう板を選ぶかっていうと、ショップの人の解説とか、好きなライダーが乗っているからとか、中にはデザインっていう人もいるのかな。

もちろん、それでもいいんですけど、ハイエンドモデルとかになると、意外と自分に合ってないってこともありますよね。それに高いし。

ちょっと失敗したかなあって思っても、また1本っていうのは、バブルオヤジぐらいだから、労働者諸君だと、しばらくそれで我慢して次の板でってことですかねえ。

ってこともあって、各メーカーは試乗会っていうのをやっています。そもそもは、ショップ関係者に乗ってもらって、実際の感覚をつかんでもらおうっていうことだったみたいですが、今はもうより多くの人に乗ってもらって、実際にその板を注文してもうおうっていうのが目的みたい。

ですから、当然乗り放題、無料です。新作に乗れるってことなら行かなきゃ損ですね。で、いつあるの?9月に店頭ってことは、夏にニュージーランドでもやるの?って思いますが、国内です。

っていうのも、スノーボードの新作って、だいたい毎年2月頃に発表なんですね。で、試乗会も以前はその後3月4月にやっていたんですけど、ここ最近は発表と同時に試乗会もしています。

ってことで、1月下旬になったら、各スノボメーカーのサイトをチェックしてみてください。フェイス・ブックとかを持っているメーカーだと、いいね!をしておくと、そんな情報もアップされますからね。

そうそう、で、初めて試乗会に行く人だとどういうシステムか分からないですよね。試乗会だから、板は貸してくれます。

が、あくまでの試乗ですから、だいたいその近くのゲレンデ2本ぐらいっていうことで、返却です。それでもリフト乗ってってやってると、1本あたり30分から40分ぐらいかかりますけどね。

バインディングとブーツは持っていかないと行けません。別に外して持って行かなくても、その日滑る板に付けたままでもO.K.

まずは、最初にテントかなんかの受け付けがあるから、そこで登録。名前と携帯電話と身分証明書の提示です。免許証で大丈夫。最近は携帯電話だけでO.K.って言う場合もあります。

そしたらカードみたいなのをくれるから、それをウエアに付けるなりなんなりして、乗りたい板を探して、もう一度受付に。

で、受付の時にくれたカードがID番号になるから、YOREXデラックスの181cmはID番号40番の人に貸出とか登録されて、じゃあ2本で帰ってきてください。ってことになります。

自分でバインを付けれる人は、そこで付け替えればいいけど、だいたいは係の人がやってくれます。ですから、スタンス幅とアングル角度はちゃんと覚えておきましょうね。

そしたら、実際に滑ってみて、ちょっと硬いとか、イマイチとか、最高とか言うカンジで、乗り味を確かめてください。

2本滑ったら、返却です。他人もYOREXスーパーの162センチに乗りたいって言う場合は、181センチを返して、返却って登録してもらってから、162センチを再度貸出って登録してもらってください。

YOREXエクストラとかの人気モデルは貸し出されていることが多いから、そういう場合は、予約ってことで待っているしかありません。それか朝一で狙うか。

メーカーのサイトに開催時間は書いてあると思いますが、だいたい朝の9時半か10時から午後の3時位までです。でも、3時で終了だから、最終貸出は午後2時とか2時半とかですけどね。

ってことで、今シーズンは試乗会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スノーボードの試乗会のお得な情報は

という試乗会なんですが、実は単に新作ボードに乗ってみるっていうだけじゃないんです。お得な情報満載なのが試乗会。

まず、そのバインディングとかを付け替えてくれる人は、ほとんど開発の人。ですから、その板のその年の特徴を詳細に教えてくれます。

特に今乗っている板と同じモデルなら、その板との違いをバッチリ解説。あと、乗り方については、こういう風にのると、一番パフォーマンスがいいように設計されているとかいうことも教えてくれます。

それから、板自体がまだ決まってない人は、自分はこんなカンジで、こんな滑りをしていて、技術的にはこれぐらいっていうと、じゃあ、この板なんかいいんじゃないですか。ってお勧めを出してくれます。

それはショップでも一緒ですが、その後実際に乗れますからねえ。お勧めだったけど、ちょっと違うとか、ターンの導入がこんな風だったとか、戻ってきて話すと、じゃあこっちがいいかもとか、その場合、こういう乗り方をすると、バッチリになるとか、ホント本やDVDには乗ってない情報をもらえるんですね。

それから、場合によってはそのボードメーカ―所属の憧れのライダーがブースに居ることがあります。ソチ五輪で銀メダルを取った竹内智香選手とかもいることがあります。

他にもワールドカップや五輪選手がブースに居て、バインを付け替えてくれる場合があります。ってことは、そう、サインをもらいましょう。じゃなくて、聞きたいことを何でもきけるじゃないですか。

大会を見てたら、あのバーンはどうでしたかとか、セッティングのことでもいいですし、もっとミーハーに好きな食べ物とかアーティストでもいいし、最後に写真は一緒に撮ってくれます。

ってことで、ホント、これは行かなきゃ損です。ぜひ生の情報を仕入れてきてください。あっ、もちろん、私のウンチクはそういうところで仕入れていますけどね。


スポンサードリンク

スノーボードの試乗会のメーカーは?

という試乗会ですが、2月から3月に掛けては、各メーカーごとにやっています。〇月〇日は◇◇スキー場とか言う風に、週末ごとに全国縦断っていうふうで、スタッフの方は大変ですよね。

ですから、乗りたいメーカーがアクセス可能なスキー場でやってるかどうかを確かめて、この日はこのメーカーの試乗、この日はこっちって言うカンジです。

が、そうすると、試乗ばかりで、普通に滑ったり検定とか大会に出る人はそうもやってられませんよね。って、そういう人は既に知ってたか。

っていうか、ほとんどのメーカーが一同に集まる試乗会っていうのがあります。例年4月第一土日。場所は白馬47スキー場。47カップって言う大会も同時開催だから、その2日間は47はスノーボーダーで溢れ返っています。

ですが、そこに行けば、ほぼ全部のメーカーが試乗やっているので、乗りたい板が複数メーカーにまたがっている場合は、4月の47試乗会に行ってみてください。

と言っても、そこにはオタク達がワンサカやってきますからね。人気のYOREXには長蛇の列。あっ、YOREXはまだ出来てないから、本当のこというとオガサカとかですかね。

ですから、その点は注意しておいてください。一番乗りたいメーカーは単独でやっている試乗会で乗ってみて、2番3番目のメーカーを47でっていうのが現実的かも。

あと、場所は毎年微妙に変わるけど、首都圏や関越方面にアクセスできる人は、その1~2週前に苗場かガーラでもやはり合同試乗会があります。

特にアルペンの人は、こっちはガラガラだから、乗り放題です。47は大会もあるから、アルペンライダーも多いんですよね。ガーラか苗場の試乗会は、フリースタイラーは多いけど、アルペンは少ないから、乗りたい板に何回でも乗れたりします。っていうことで、そっちも覚えておいてくださいね。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

ということで、土日休みのときは、毎年4月第一週の土日は47に集合していました。まあ、ここんところは実際に乗る板は決まっているんですけど、一応ウンチクを仕入れないといけませんからね。

それに、47試乗会にはビッグライダーも結構来ているので、それも目当てだったりします。海外のワールドカップ優勝ライダーとかも来たりするので、行く価値十分ですよ。では、良い試乗を。

スポンサードリンク

-ギア
-,