NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

その他

スノーボードのDVDのおすすめって?インストーラーとか他には?

2017/02/12

滑りに行く前には、スノボのDVDを見てイメージを高めるっていう人も多いみたい。みなさん、好きなDVDがあると思います。が、これまたスノボ初心者だと、何を見たらいいの?とか、取り敢えずっていうと?ってカンジでタイトルすら分かりませんよね。そんなスノボ初心者におすすめのDVDをお伝えします。

スポンサードリンク

スノーボードDVDのおすすめは?

滑りに行く前っていうか、みんなでワイワイと車で行く場合なんかは、後部座席の人は車の中でスノボ関連のDVDを見てたりっていうこともあるのかな。

そんな人はだいたい、好きなライダーとかジャンルのスノボDVDを持ってるからいいし、その中に混ぜてもらったら、そこでライダーとか覚えればいいから問題ありません。

ですが、周りにそんな人はいないし、スノボ DVDで検索したけど、やたらタイトルがズラっとでてきて、何を見たらいいか分からないっていう初心者の僕ちゃんもいますよね。

私の周りでも、最初はDVDっていうか、当時はビデオでしたけど、やたら教本的なものばかり見ているオッサンがいました。

以前書いたバッジテスト対策用の「これで合格バッジテスト」みたいなものとか、「JSBAスノーボード教本」とかの映像版。

特に初心者だと、「すぐに滑れるスノーボード」とか、「はじめてのスノーボード」とかからですよね。

確かに、そういうのは映像で解説してあるからわかりやすいですよね。私もたくさんもっています。もちろんビデオですけど。

ですから、本当に初心者っていうことなら、まずはそういう初心者向けのレッスンDVDからでもいいんじゃないでしょうか。

ブーツの履き方から、バインの装着、ゲレンデでボードを持って歩くときの持ち方とか、本当に初歩の初歩から解説してありますから、取り敢えず滑りに行く前の日とかに見ておくと、とっても参考になりますからね。

スノーボードDVDのおすすめはインストーラー?

ということですが、そのオッサンも当然「スノーボード教程」とかを見て研究していたみたい。ですが、こういう教本的なのってあんまりおもしろくないですよね。

為にはなるけど、よっしゃー明日はバリバリ滑るぞーって言う気にはならない。重心はこうして、膝の位置はこれで、上体はこうして・・・ってなるとねえ。それで、そのオッサンは別にDVDっていうか当時はビデオですが、映像はいいかなって思っていたみたい。

ですがー、今では定番になっていますけど、2002年だかに「インストーラー」っていうのが発売されましたよね。

アルペンライダーを中心に、当時のデモとかプロとか国内のトップライダーを集めたもの。あれが出たときは画期的でした。

茶原忠督さん一味と懇意にしているMORI(モーリー)さんっていう映像ディレクターが作ったのかな。確か秋の秋季キャンプにも来ていて、白馬の体育館でのトレーニング風景を撮っていった気がします。

遠藤真里デモ(当時)が腹筋している横に私もいたのですが、当然映像には映っていませんでしたけどね。ってそんなことはどうでも良かったですね。

ですから、このインストーラーは、それまでほとんどアルペンの、特に国内関連の映像がなかったってこともあって、アルペンライダーに絶大な人気を誇っています。

このインストーラーは、今ではVol.19ぐらいいっていますが、デモとかもたくさん出ているから、正統な滑りなんだけど、フリーランの楽しさを十分味わえる映像だと思います。

今年からスノボをはじめた僕ちゃんにも、きっと参考になることがたくさん映し出されていると思います。見てみてください。
IST Pictures 「INSTALLER 19」インストーラー 新作スノーボード DVD 2016


スポンサードリンク

スノーボードのDVDというか私をスキーに連れてって

ところで、いわゆるスノボDVDっていうわけじゃないですけど、やっぱりスキー場に行くってことになると、これを見ないとはじまらないっていうのがありますよね。

そう、「私をスキーに連れてって」っていうと、スキーじゃん。って言われるけど、これを超えるスノー関連娯楽映画はないと思います。

その後も、白馬でロケをした映画とかあったけど、ストーリー自体がイマイチだったりするし、この前書いた疾風ロンドも確かに面白いけど、全編スキー等に密着した娯楽映画って言う面では、私をスキーに連れてってにはかないません。

ってことで、公開されてから既に30年近くたっているから、若い人だとお父さんとかお母さんが見てた、とかいいますが、若い人が今見ても、とっても楽しめると思います。

特に車関連はねえ。今だとワンボックス主流だから、ちょっとねえっていうのがありますが、後半はぜったいにありえない!!っていうシュチュエーションですが、特撮じゃなくて実写で撮っているってことで、笑わせてくれると思います。

DVDでもちゃんと発売されているので、滑りに行く前にはぜひ見てみてください。合言葉は「とりあえず」です。
私をスキーに連れてって [ 馬場康夫 ]

ちなみに、某中高年スノボサークルでは、会員規約で、毎シーズン滑りに行く前には映画「私をスキーに連れてって」を見なければならない。ってことになっています。もちろん、私はDVDで見ていますけどね。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

私をスキーに連れてっては、バブル時代っていうこともありましたが、あの映画の影響でスキーブームに火が付いたんですよね。当時はリフト待ち1時間とかザラ。今では考えられませんけどね。

バブル世代の人で、スキーをやるっていう人がいたら『バーン』って言ってみてください。そうすると『内足持ち上げるクセ直せっていっただろう』って返事をしてくれると思います。では、良いDVDを

スポンサードリンク

-その他
-,