NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

スクール・レッスン・キャンプ

スノボードのゲートに入ってみたいけど練習やキャンプって?

2017/02/13

%ef%bc%91%ef%bc%90%ef%bc%90%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%88

スノーボードのアルペンっていうたら、ソチ五輪で銀メダルを取った竹内智香選手みたいに、ゲートをババーンと滑ってみたい!っていう人も多みたいですね。でも、ゲートってどこにでもあるわけではないし、そもそも上級者しか出来ないみたいだし、どうすればいいの?っていう僕ちゃんにゲートの練習やトレーニング、キャンプについてお伝えします。

スポンサードリンク

スノーボードのゲートに入ってみたいけど

スノーボードで特にアルペンに転向した人とか、転向じゃなくても最初からアルペンなんだけど、だいぶ滑れるようになったから、ゲートに入ってみたいっていう人もいるみたい。

特にアルペンの醍醐味っていうと、竹内智香選手みたいに、ゲートでババーンとかっこよく滑るっていうのがありますからね。

でも、僕ちゃんまだやっと連続ターンができるようになったばっかりだから、なんかそんな上級者ばかりのとこには行けないし。って思っている人も、これまた多いみたい。

まあ、ゲートトレーニングやっている人って、だいたい大会に出る人が多くて、ビュンビュンすごいスピードで滑ってますしね。

カービングすらちゃんと出来ない僕ちゃんなんか、無理なんだろうなあって思っても不思議ではありません。

が、何年やってもドリフトターンしかできない、ドリフターズの私でも、ゲートに入れるので、そのあたりは心配しなくても大丈夫。

それに、そもそも私がゲートをやってみようと思ったのは、茶原さおりデモ&元プロの口車に乗ってせい。

初めて会ったのが、オータムキャンプっていうやつで、10月だったかな。シーズンインまでの2ヶ月で、どういうふうに身体を作っていくかっていうオフシーズンのトレーニングキャンプでした。

で、当時私はバッジテスト合格しか興味がなかったのですが、さおりプロ(当時)に『どんな滑りをしたいですか?』って聞かれたので、『楽しく滑りたい』って答えました。

そしたら、『楽しく滑るっていうのは、どんなバーンでも滑れるようにならないといけないので、それにはゲートトレーニングが一番です』って言われてしまったのが運の尽き、現在に至るってカンジです。

確かにゲートに入ると、総合滑走能力が上がるので、別にレースとかの大会に出なくても、楽しく滑れるようになります。

それに、規制された中で滑るっていうことが、どういうことかとか、バーン状況を見ることが重要になってくるので、バッジ検定のときでも、斜面の特徴とかを見れるようになるんですね。

ってことで、ゲートに興味を持ったっていう人は、ぜひゲートに入ってみることをおすすめします。

それに、今は上級者の人でも、最初はみんなゲート初心者だったってことで、初めての人にやさしく教えてくれますからね。みなさんも、ぜひ一度騙されてみてください。

スノーボードのゲート練習やトレーニングって?

と言っても、そもそもゲートってポールっていうかゲートですよね。あの三角になった奴。あれを持っているところしか張れないですよね。

それに、スキー場でもゲートを張ってもいいっていう場所は限られているし。そもそも、どこでやってるんでしょうか。

っていうのが分かりません。あと、「スノボ、ゲート」で検索したら、結構出てくるんですが、本当に、これって初めての人でも大丈夫?って思いますよね。

私の知人で、そもそもは私にスノボの楽しさを教えてくれたオッサンがいるんですけど、このオッサンが当然アンポンタンだから、私が「何やらゲートに入ると、総合滑走能力があがるらしい」っていったら、早速ゲートチームに入会したっていうことがありました。

が、これが全日本とかを目指す人ばかりのチームだったから、みんなバリバリ、そもそもゲートに入ったこともがない人には、どうやって滑ればいいのかさえ分からず、最初は苦労していました。

ってことで、そんなところに入ってしまったら、先方もご迷惑だし、こっちも勝手が分からず、なんだかなあってカンジなので、そこだけは注意が必要です。

と言っても、それはもう10年以上前の話、15年ぐらい前の話ですかね。当時は、ゲートトレーニングをやっているところは、ほとんどがそういうレースの大会に出るのが前提でしたからね。

でも、今は時代が変わって、フリースタイルでもゲートをやってみたいっていう人も結構います。それに、レースというより、本当に『総合滑走能力を高めたい』っていう人もいるみたい。

ですから、いろんなところで、プロがコーチをするチームがあって、「初心者大歓迎」「レースに出ない人でもどうぞ」とかやっています。

それに、まずはお試しで1回だけでも出来るっていうところが結構あります。以前は、チームに加入しないとゲート練習はできなかったので、1シーズンいくらで、結構な料金がかかっていましたからね。

ってことで、そういう1回お試しでできるところで、まずゲートってどんなもんかを体験してもらえばと思います。

そうそう、その私をだまくらかした茶原さおりデモ&元プロが率いるゲートトレーニングチームが、白馬岩岳スノーボードスクールにあります。

当時はホワイトモンキースって言っていて、本当にゲート練習だけで、プロになった人も多かったのですが、今は当時レジェンドっていっていたテクニカルチームと一緒になって「ザ・チーム」として、技術向上を目指しています。

このザ・チームでは、「1DAYプラン」っていうのがあって、初めてゲートに入る人は、なんと2000円でゲートトレーニングに参加することができます。

そして、初めてだから、手とり足取り教えてもらえます。その後も、チームに登録するほどじゃないけど、ちょっと練習してみたいっていう人は、1回4000円でレッスンに入れるので、興味のある人は、一度入ってみてもいいんじゃないですかねえ。


スポンサードリンク

スノーボードのゲートキャンプは?

1Dayって言うわけじゃないけど、チーム登録するほどじゃない。って言う人には、ゲートキャンプっていうのもあります。

文字通り、ゲート練習を一から教えてくれるトレーンングキャンプです。日帰りのものと泊まりのものとあって、コーチはプロボーダーですね。

で、初めてゲートに入る人に対して、どういう位置取りをすればいいのかとか、目線はどうするのかとか、コースアウトしそうになったらどうするのかとか、そんなことから教えてくれるので、ぜひ参加してみてください。

アルペンスノボード雑誌のCARVEが主催するものが、毎年1月ごろ開催されて、確か500円か1000円かで参加できたと思います。これなんかゲート初心者にはとっつきやすいと思いますよ。

他には、毎年5月に天元台で行われる4WDというキャンプでは、ゲートキャンプではないんですけど、元プロレーサー4人がコーチなので、当然ゲートも張るし、ここで初めてゲートに挑戦したいっていう人にも手とり足取り教えてくれるので、参加してみてもいいんじゃないでしょうか。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

ということで、今ではだいぶ市民権を得たゲートトレーニング、ショップなんかでも、提携しているスキー場があるとゲート張って、ショップのお客さんを対象に滑らせてくれるところもあります。

某北信のあるショップでは、『中高年ゲートボール倶楽部』と題して、不定期で開催しているみたい。間違ってゲートボールをやる老人が来るんじゃないかとか言っていますが、そういうところもあるので、行きつけのショップがアルペンをやっているようなら、聞いてみるのもいいかもしれません。では、良いゲートを。

関連記事
CARVEキャンプって初心者でも大丈夫?
アルペンボードのレースや大会は?
米沢カップはフリースタイルやジュニアも?

スポンサードリンク

-スクール・レッスン・キャンプ
-,