NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

スクール・レッスン・キャンプ

スノーボードの検定アルペンの場合は?場所やスクールによって違う?

2017/02/13

%ef%bc%90%ef%bc%99%ef%bc%98%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%b8%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%9a%e3%83%b3

スノーボーの検定っていうかバッジテスト、アルペンボードで受けると、意外と合格しにくいっていう話を聞いたけど、そうなんでしょうか。受験する場所とかスクールによっても違うとか?っていうことについてお伝えします。

スポンサードリンク

スノーボードの検定アルペンの場合は?

スノボードの検定っていうか、バッジテストですよね。まあ、最近は3級まではレッスンチェックで取れるようなったし、1級にもエアーがなくなったし、ってことで、以前より合格し易くなったのかも。

って言ってもねえ、一応1級に合格できればイントラ講習を受ければC級と言えどもイントラですからね。そう簡単には取らせてくれません。

特にアルペンライダーですよね。意外と苦戦している人も多いみたい。昔の話をすると、オヤジっていわれますが、20年ぐらい前までは、バッジテストっていうと、ほとんどアルペンの人でした。

ですから、フリースタイルが多いって言っても半分ぐらいで、通常は3分の2ぐらいはアルペンでしたけどね。

今はアルペン自体乗る人が少ないから、そりゃー受験者も少ないですよね。毎回一人とか二人って言うカンジ。もちろん全員フリースタイラーってことの方が多いかも。

そんなこともあって、若干アルペンボーダーは合格しにくいとも言われています。余裕で合格する人なら問題ないんですけど、ギリギリっていうか、上下動とかを大げさなぐらい表現できないと、じつはきちんと上下動しているんだけど、判定では減点になっていたりするんですね。

というのも、検定員自体がアルペンボーダーじゃなかったりすると、明らかにO.K.の場合はいいんですけど、レース系の人でプレス系の滑りだったりすると、上下動が見えにくいってことで、減点されたってこともありました。

アルペンのデモとかの人が検定員だと問題ないんですけどね。実際荷重しているって言っても、アルペンの場合は、フリースタイルみたいに膝が曲がりすぎると、実は力が抜けて圧がかかってないので、結構腰が高い位置だったりします。

が、それだとゲレンデの下からみると、全然沈み込んでないように見えるんですよね。きちんと表現できる人は、実はそれでもかなり身体を倒し込むというか、板を立てているから、沈み込んでいるように見えるけど、実際そのまま体を真っ直ぐな状態に持ってくると、膝はあんまり曲がってないんです。

この辺りは、現役のデモで元々レーサーとしてプロサーキットで活躍した茶原さおりデモなんかが、『沈み込んでいるように見えるけど、板を立てているから身体がその分傾いているだけ。この状態で身体を真っ直ぐにしてみると、ほら、こんなに腰も膝も高い位置なんですよ』とカービングマスターを使って解説してくれないと分かりませんよね。

ということで、その辺りを理解して滑るとアルペンでもきちんと合格できるんですが、そうじゃないと、実はちゃんと荷重抜重もできているし、足首、膝、腰と使えているのに、突っ立っているようにしか見えないってことで、不合格になる場合もあります。

ということで、バッジテストだから、そんなにスピードを出す必要はないっていうか、逆に出し過ぎるとスピードコントロールができてないってことで、暴走とみられることもありますが、低速というか、それなりのスピードで、きちんと板を立てて身体を倒し込めるまでの滑りができるようにってなると、結構練習が必要ですよね。頑張ってください。

スノーボードの検定は場所によって?

ということで、そういうことをきちんと見てくれるところで検定受けないと合格できないっていう話もあります。

これまた何回も書きますが、基本的にはJSBAの指導要領というか、スノーボード教程に沿った滑りができているかどうかなので、どこのスキー場、スクールでも差が無いようにしてあるんですけど、実際は、やはりアルペンに強いというか、アルペンのことを理解しているところで受験すれば受かり易いいうのはありますね。

以前書いたように、アルペンのインストラクターが常駐しているスクールだと、だいたい大丈夫。事前講習にもアルペンのイントラが出てきたりします。

が、アルペンのイントラが居ないっていうところとか、まあ実際はアルペンがメインの検定員がいるかどうかですが、フリースタイルの検定員しかいないと、かなりしっかり表現できてないと難しいかもしれませんね。

まあ、そうは言っても、アルペンだろうがフリースタイルだろうが、誰が見ても問題なければ合格するわけですから、アルペンボーダーで中々合格できないっていう人は、その辺りを一度きちんと見直す必要があるってことですけど。

それに、これはホントかどうか知りませんが、一時期関東エリアは上半身っていうか、腰の位置を重視するけど、中部エリアは脚の曲がり具合を重視するとかいう噂もありました。

実際はそういうことはないと思いますが、多少エリアや地域によって、重視する着眼点がっていうのはあるのかもしれません。

ですから、以前書いたように、バッジテストを受ける場合は、どこか一か所にスキー場を決めて、そこではどんなバーンでも、どんな雪質でも滑れるようになることが一番重要じゃないですかねえ。さすらいのアルペンボーダーの方だと、日程が合うところで受ければいいんですけどね。


スポンサードリンク

スノーボード検定の違いスクールによる?

そんな訳で、エリアもそうだけど、一番はやはりスクールですかね。そのスクールにアルペンの検定員とかアルペンのイントラがいれば、アルペンへの理解もあるし、レッスンでも、どうすれば合格できるのか、今の滑りだと、なぜ減点されるのかをしっかり指導してもらえますからね。

ということで、これまたスクール選びが一番重要ってことになると思います。もちろん、一発で合格できる様な人はそんなこと関係ない!ってことで、お好きなところでどうそ。

私の様に何年もかかったっていう人は、以前書いたアルペンのイントラがいるスクールで、バッジ対策をするのも合格への近道だと思います。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

アルペンとフリースタイル、似ているようで違いも大きいってことで、デモクラスになると、フリースタイルの人でも当然アルペンのことを良く知っていますが、そうじゃないと、意外とアレ?ってこともあります。

そういう意味では、スクール選びが合格と上達に際しては、最重要課題ってことになりますね。では、良いバッジテストを。

関連記事
スノーボードの検定ってなあに?
バッジテストは受験する場所で難易度が違うの?
バッジテストで板を交換するってどういうこと?

スポンサードリンク

-スクール・レッスン・キャンプ
-,