NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

スクール・レッスン・キャンプ

スノーボードの検定って何?どんな内容でやっぱりJSBAで受けるべき?

2017/02/13

%ef%bc%90%ef%bc%99%ef%bc%96%e6%95%99%e7%a8%8b%e6%9c%ac

スノーボードの検定って結構いろいろとあるんですけど、一般的なのはバッチテストっていうやつ。で、その検定ってどんなことするんでしょうかね。内容を知りたいって?それに何やらJSBAでやってるのと、SAJでやってるのがあるとか、そのあたりについてお伝えします。

スポンサードリンク

スノーボードの検定って?

スノーボードの検定っていうと、普通はバッジテストのことをいいますよね。もちろん、その上のインストラクター検定とか、最近はバッチテストの上のレベルを競うテックテストとかあるけど、テックテストになると、デモとかプロじゃないとイントラでもバンバン落ちますからね。

ということで、こんなブログを読んでいる人は、バッジテストのことを知りたいんだろうということで、バッジ検定について紹介します。

バッジテストっていうのは、スノーボードの滑走レベルを認定するテストで、1級から5級まであります。1級に合格したらインストラクターへの道も開けるので結構バッジテストを目指す人も多いみたい。

バッジテストはスノーボードスクールの主催で開催されて、検定員という、これまた資格を持った人がジャッジします。

以前は合格するとバッジがもらえたので、バッジテストっていわれていたんですけど、いつだろ?15年ぐらい前からカードになってしまったんですね。

ですから、今ではカードテストっていうカンジですが、まあ、あなたの滑走レベルはこれぐらいと、日本スノーボード協会が認定するっていうものです。

で、受けるにはバッジテストを実施しているスノーボードスクールに行かないといけません。これはどこで受けても大丈夫。

東北でも関東でも中部でも関係ありません。行きやすいところ、好きなゲレンデ、あこがれのライダーがいるスクールなんでもO.K.です。

ただし、バッジテストの開催日っていうのが決まっているので、事前にスクールに問い合わせてみてください。日本スノーボード協会のホームページとかにも出ています。

土日でやるところもあるし、土日はゲレンデが混雑するので、ウィークディでやるところもあります。その辺もご自分のライフサイクルに合わせて行ってくださいね。

あと、これまた以前は5級でもちゃんとテストをしていたんですけど、何時の頃からか、10年ぐらい前ですかねえ。その頃からは、3級から5級までは、レッスンを受けて、その中でチェックポイントをクリアすれば合格っていうシステムもできました。

ですから、合格だけを目指すのであれば、レッスンチェック式の方が合格し易いと思います。だってレッスンですからね。もっとこうしてくださいとか、こう滑りましょうって指導されて、それができていれば合格ってことになります。

どうしても、試験のドキドキを経験したいっていうことなら、敢えて検定を受けてもいいですけどね。そのあたりはお好きなように。あっ、もちろん、ドキドキするからって、救心飲んでも効果はありません。

2級と1級は、今でも検定でしか合格は出ませんので、頑張って受験してくださいね。

スノーボードの検定の内容は?

じゃあ、一体その検定の内容ってどんなことをするの?ってことで、これまた級によって全然違います。5級というのは、本当にスノボはじめましたってカンジなので、連続ターンが出来ればO.K.とか、ノーズドロップっていう、横に向いているところから、ノーズの先落としをして、滑り出してから停止とか、まあ基本の基本ですな。

ですから、レッスンチェックだと、ほぼ大丈夫。4級になると、ロングターンとミドルターンとかちょっとターンのバリエーションにもこだわってくださいってカンジ。

3級はショートターンが入るんですよね。ショートターンができるようになると、初級脱出ですからね。まあ、3級に合格出来たら、趣味がスノボですって大手を振って言えるんじゃないでしょうか。

2級からは、検定でしか合格できないので、まあ2級に合格したら、それなりに上手いって言うカンジ。中級脱出者です。

で、1級は一応アマチュアでは一番上手いって言うレベルだから、ある意味どんな斜面でも滑れないといけません。

もちろんだからと言って、40度の壁みたいなところを滑らされるってことはないけど、例えばバーンが荒れたところでも、ちゃんとカービングで動作やエッジグリップができているかなんかも見られてしまいます。

ですから、今日はバーンが悪いからとかいう言い訳は通用しないし、バーン状況に合わせた滑りを見せないと合格できません。

1級ですからね。それに講習を受ければインストラクターにもなれるので、どんなバーンでも指示通りの滑りが出来ないと合格できないってことですな。

細かい内容は日本スノーボード協会のサイトに載っているので、見てみてください。興味があれば、今後細かく説明しますけどね。

ということで、長くやっているから合格できるっていうものでもないし、急斜面で速く滑れるから合格できるっていうものでもありません。ちゃんと指示に従った滑りができているかどうかを問われます。

ですから、ハタからみて上手い人が落ちたりします。それは、指示通りの滑りができてないってことで、そこのところはしっかり認識してくださいね。

いわゆる「着眼点に沿った滑り」ができるかどうかが合否の分かれ目です。中にはいるんですよ。確かに上手いんだけど、着眼点を理解してなくて、何度も落ちてしまって、「あんなの受けてもしょうがない」とかいうアンポンタンが。

アンタは上手いかもしれないけど、日本スノーボード協会に沿った滑りは出来ないっていうことなんですね。

ということで、逆に言うとバッチテスト1級に合格しても、実はバッチ持ってない人の方が上手いってこともあります。バッジテストと言っても、ある意味参考にはなるけど、絶対的なものではないということはご理解ください。


スポンサードリンク

スノーボードの検定ってJSBA?

ところで、そのバッジテスト、日本スノーボード協会(JSBA)のものと、日本スキー連盟(SAJ)のものとあるけど、どっちがいいの?まあ、正確にはもう一つSIAっていう、日本職業スキー教師協会が主催するのものあるけど、現在は、JSBAかSAJですかね。

って言われてもねえ。これまた別にどっちでもお好きなようにってカンジです。ただし、一般的にはJSBAの方が難しいと言われていて、SAJの1級を持っていても、JSBAの2級には受からないっていうこともあります。

が、実際は着眼点が違うから、そこを理解してないと、どっちのほうが難しいとか、どっちのほうが権威があるとか言うアンポンタンが多いんですよね。

ですから、どちらでもお好きな方をどうぞ。とは言っても、一般的にはJSBAでのバッチテストで何級を持っているかが問われるので、自慢というか、バッチテスト何級?って聞かれるようなところでは、JSBAの級を言うようにしましょう。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

スノボを始めたころは、バッジテストに命をかけるじゃないけど、やはり早く上の級を取りたいと思っていましたね。

が、実際は長くいろんな斜面を滑ると、ある程度はバッジテストに対応できるようんいなるので、そこは時々自分のレベルを確かめるカンジで受けてみるっていうぐらいでいいんじゃないですかねえ。

まあ、どうしてもイントラ資格を取りたいとか言う人は、さっさと1級取って、B級イントラ対策をしたほうがいいんですけどね。

でも、実はワンターンまでっていうか、滑り出した時の姿勢というかポジションを見れば、だいたいその人のレベルはわかります。では、バッジテストを受ける方は頑張ってくださいね。

関連記事
スノーボードのバッジテストは場所によって難易度が違う?
バッジテスト アルペンの場合はどこで受ける?
バッジテストで板を交換するってどういうこと?

スポンサードリンク

-スクール・レッスン・キャンプ
-,