NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

ゲレンデ

アルペンボーダー御用達の米沢スキー場のコースや混雑とアクセスと宿

2017/02/13

%ef%bc%90%ef%bc%99%ef%bc%95%e7%b1%b3%e6%b2%a2

米沢スキー場って、何やらアルペンボーダーがわんさかやってくるとか。それにナイターもやってるし。ロングボード依存症がロングターンしまくり千代子っていわれています。そんな米沢スキー場のコースや混雑状況、それにアクセスと便利な宿というかペンションを紹介します。

スポンサードリンク

米沢スキー場のコースや混雑は?

米沢スキー場といえば、アルペンボーダー御用達、って言われていますが、実は米沢周辺のファミリーゲレンデでもあるんです。

が、なぜかアルペンボーダーがわんさかやってきます。仕事を終わってナイターでだけ滑りに来るオタンコナスもいます。

噂に寄ると、ボードに電飾して、ナイトライダーみたいなアルペンボーダーも出没するという話もあります。

なんで、そんなにアルペンボーダーが集まるんでしょうか。ってそりゃー、あの木村桂子元プロ&デモのホームゲレンデってことですかね。

土日は結構いますので、ご注意ください。知らないうちにドーン教に入れられてしまいますからね。ドーン教を知らない?それはモグリですな。今度じっくり記事にしておきます。

っていう、アンポンタンは勝手に滑ってもらっていいんですけど、実は横に広いバーンでとっても滑りやすいんです。

特に正面の「中の平ゲレンデ」は、斜度もほどよく長さもボチボチってことで、カービングにはピッタリ。それに、レストランからもバッチリ見えるので、カッコつけたスットコドッコイがやってくるというわけ。

それに、真面目にトレーニングしようと思ったら、いわゆる「裏でシバかれレッスン」といわれている、裏手のゲレンデがこれまた滑りごたえがあるんです。

栃の平コース、リーゼンコースっていうところは、コースも長いんですけど、斜度も最大20度、平均13度というウッシッシな斜面。

特に栃の平コースは、上部にゲートを張っても、その下はフリーランできるから、ゲート練習して、上手くいかなかったところは、フリーランで練習ってこともできます。

が、リフトが1000メートルぐらいありますからね。コースもそれぐらい。ってことで、ヨレヨレ中年にはチト厳しい。当然私は途中で3回は休憩しています。

そんな米沢スキー場ですが、冒頭に書いたように、意外と庶民のファミリーゲレンデでもあります。ですので、土日は正面の中の平ゲレンデは多少込みます。って言っても、滑れないってほどじゃないけど、ロングボードだとちょっと厳しいかな。

ですが、裏の栃の平コースとかリーゼンコースは、ガラガラじゃないんですけど、これまた横幅が広いから、ロングボードでもロングターンしまくり千代子です。

あと、もっと急斜面がいいっていう人は、正面ゲレンデの上部がダイナミックコースってことで、最大斜度32度、平均28度なので、チャレンジしてみてくださいね。

そんな訳で、アルペンボーダーに人気みたい。あと、毎年2月には米沢カップっていうスラロームの大会もあって、一応全日本選手権の東北地区大会になっているんですけど、単に腕試しでも出ることができるので、興味がある人はジャンジャン出てみてください。

ということで、米沢スキー場で一度滑ると、中々他のゲレンデに行く気にならないんです。特にアルペンボーダー。深夜バスも出ているみたいなので、今シーズンは米沢スキー場で、ドーン教に入信かな?

米沢スキー場のアクセスは?

その米沢スキー場、山形県米沢市にあるんですけど、意外と福島からも近いんです。福島駅から30分ぐらい。

新幹線の場合は、米沢駅まで山形新幹線で行って戻るカンジ。バスも出ていますからね。米沢駅から米沢スキー場行きっていうのがあります。30分ぐらいです。

ってことで、東京からだと新幹線で米沢まで2時間。米沢からスキー場までバスで30分。2時間半で着いてしまいます。

車の場合は、東北自動車道の福島飯坂インターチェンジで降りて、国道13号で米沢方面。トンネルと2回くぐったら、福島ではピーカンだったのに、一面銀世界ってこともあります。

で、トンネル抜けて登坂車線を登って降りたら、右手に米沢スキー場ってことで、30分ぐらいで到着します。

そうそう、駐車場ですが、メインのセンターハウスがある第一駐車場と、その上になる第二駐車場は、平日は無料ですが、土日祝日は700円です。

が、これまた土日祝日でも、午後3時半以降と、朝の7時前に入れば無料です。ですから、早朝に着くか、無料宿泊所があるから、前の晩に入れば料金はかかりません。

あと、裏のシバかれレッスン用のゲレンデに近い「北の駐車場」はいつでも無料です。ですから、地元民は、意外とこっちに停める人もいるみたい。まあ、時間と曜日と相談して停めてください。


スポンサードリンク

米沢スキー場に便利な宿は?

で、そんな米沢スキー場ですが、泊まりはどうすればいいの?ってことなら、スキー場内にたくさんペンションがあります。キラキラ王国って言われています。

ペンションからは滑って降りられるので、楽ちんです。だいたいが米沢牛をメインとした、食事が出てきますので、ワインと一緒に堪能してください。

本当は教えてくないんですけど、米沢スキー場といえば、ペンション山太郎。ここは本当に食事が美味しいです。そして、おすすめは蔵王ワイン。

ちょっと甘いんですけど、白がとっても食事に合います。もちろん、冷蔵庫じゃなくて、外で冷やしているので、キンキンです。日本酒もいいのが出てくるので、ベロベロコースになりたい人はどうぞ。でも、私が行くときは予約で一杯にしないでくださいね。
ペンションとコテージの山太郎

あと、日によっては大会があったりして、ペンションはどこも満室ってこともあります。その場合は米沢市内のビジネスホテルに宿を取って、市内の焼肉屋でどんちゃん騒ぎっていうのが、何やら正しい米沢フリークらしいです。その手もあることを知っておいてくださいね。

駅前っていうことなら、おなじみの東横インもあります。朝食無料、ロビーにはパソコンも無料で使えるので、検索にも安心。オタンコナスが泊まっているかもしれませんけど。
東横イン米沢駅前


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

米沢スキー場は、そんな訳でドーン教ミサと題して、木村桂子元プロ&デモのキャンプで行くようになりました。

とっても滑りやすいゲレンデなので、病みつきになる人も多いみたい。それに、東京から300キロ弱ですから、意外と近いんですよね。

まあ、最近は滑りに行くよりも、山太郎で蔵王ワインを飲みに行くようになってしまいましたけどね。人生とギャグの滑り過ぎにはご注意ください。では、良い米沢を。

※スキー場についての記事は、こちらにまとめてあります。
スキー場についての記事一覧まとめ

スポンサードリンク

-ゲレンデ
-,