NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

ゲレンデ

さかえ倶楽部スキー場のコースはパウダー天国?宿泊も紹介

2017/02/13

%ef%bc%90%ef%bc%98%ef%bc%97%e3%81%95%e3%81%8b%e3%81%88%e5%80%b6%e6%a5%bd%e9%83%a8

さかえ倶楽部って、長野県の北の果てにあるスキー場ですが、実は栄村ってすごーい豪雪地帯なんです。ってことは、パウダー三昧なんですかねえ。コースレイアウトも知りたいし、もちろん宿泊についてもお伝えします。

スポンサードリンク

さかえ倶楽部スキー場のコースは?

さかえ倶楽部ってどこですか?っていう人もいるけど、意外とスノボオタクには人気のスキー場。長野県の栄村にあるんです。

この栄村っていうのが、超豪雪地帯で、JRの駅では日本最高積雪地点を観測しています。森宮野原ってういのが駅なんですけど、駅前にはその時の7メートル85センチの高さの棒が立っています。

雪がない季節に行くと、こんなに積もるんだってカンジ。ホントに2階から出入りしないと家に入れないようなところ。

まあ、年配の人には『秋山郷』って言ったほうがピンとくるかな。最後の秘境って言われたところなんですよね。

そんなさかえ倶楽部、実は村なのに施設が充実しています。ナイターまであって、誰が滑るんじゃいってことですが、実はこのさかえ倶楽部、村営だか第三セクターだかが運営していますが、栄村の青少年を国体等に出すためのトレーニングセンターの役割も担っています。

ただし、ナイターは一般の人は滑れません。村の選手のトレーニングですからね。そこはお間違えないように。

ですから、コース整備もしっかりされているし、ナイター設備まであるんです。が、そこはなんたって秘境ですからね。土日でもガラガラ。それもあって、ロングボード依存症にも人気なんです。

コースはね、8コース、リフトは3本。ですが、国体向けの練習もしないといけないから、最大34度の上級者コースもあります。

が、村民の憩いのスキー場でもあるので、もちろん初心者コースも完備。それにやっぱり豪雪地域ですからね。非圧雪のコースもあります。

それに、レストハウスがキレイなんです。村営って言うイメージじゃないですね。それもあって、結構東京の中学校とかが、課外事業でさかえ倶楽部でスキー教室をやってたりします。

ってことで、実は結構アルペンオタクもシーズン中1度は行くっていう人が多いかな。リフト料金も安め目ですからね。

1日券が3800円、半日券が2700円、4時間券はなぜか2800円なんです。レンタル、スクールも完備なので、今シーズンは一度行ってみてもいいんじゃないですかねえ。

そうそう、アクセスはねえ。そんな訳で秘境だったから、40~50年前は、冬は小学校がずっと休みなったりするところだったみたいです。

が、今は新幹線が出来ましたからねえ、上越新幹線の湯沢からバスで森宮野原まで50分です。で、ナント、北陸新幹線もできましたからね。飯山から飯山線でこれまた60分です。

車の場合は、関越道の塩沢石打インターから国道353と国道117を使って42キロ。だいだい1時間ぐらいです。

上信越道からだと、豊田飯山から国道117号で35キロってことで、40~50分ですかね。そんな訳で随分楽ちんになりました。

そうそう、村内の若者も新幹線を使って、東京まで日帰りで行くって言ってました。21世紀は秘境もヘチマもありませんね。

さかえ倶楽部スキー場はパウダー天国?

さかえ倶楽部というと、パウダー天国ってことで、フリースタイラーが結構詰めかけるイメージがありますね。

確かにそんな豪雪地帯だから、ちょっと雪が降ってもふかふかのパウダーで、これまた人が少ないから、あらされてない所も多いし。

それに、もともと非圧雪のコースも多いので、パウダージャンキーの人にはもってこいのスキー場と言えそうです。

が、上に書いたように意外とアルペンオタクもいます。っていっても、そもそもが人が少ないから、その日に1人か2人ですが、いるんです。もちろん、私もアルペンで滑りましたけど。

上部は非圧雪で、不整地のトレーニングなるし、下に降りてくると圧雪されているから、カービングでギュイーンとってカンジかな。はいはい、私は人生と一緒でズレズレのドリフターズでしたけどね。

ってことで、フリースタイラーもアルペンも楽しめるスキー場ってカンジです。


スポンサードリンク

さかえ倶楽部スキー場の宿泊は?

で、さかえ倶楽部、上にも書いたように秘境ですからね。まあ、今ではアクセスがよくなったって言っても、やはり泊まりで栄村を堪能して貰えればと思います。

栄村って、道を1本またぐと新潟県ってことで、いわゆる魚沼のコシヒカリが取れるところ。ですから、お米がめちゃくちゃ美味しいんです。

それに、冬は山菜と猪鍋が名物で、これまた地酒でベロベロコースっていうのが、おすすめ。当然村内には、温泉もあるから、温泉でウッシッシってカンジですかねえ。

温泉と一体となったところは、北野天満温泉。ここは、敷地の中に湧き水がでているところがあります。栄村というと湧き水も有名なんですよ。
北野天満温泉

他にも、さかえ倶楽部スキー場に隣接しているトマトの国って言う宿泊施設も、温泉施設。近代的なところなので、結構満室になりますけどね。

あと、実は教えたくないんですけど、吉楽旅館っていうのが、いつもお世話になっている旅館。ここの女将は栄村の顔なので、村内のいろんな話を聞けると思います。それに、泊まった人だけが飲める、秘密の銘酒もあるので、運が良ければ出てくるかも。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

さかえ倶楽部は、これまた一応お仕事で行ったんですけど、例によって滑りまくって、あとは吉楽旅館でベロベロコース。至福の一時でした。

そうそう、栄村って移住にも力を入れているんですけど、10年以上前から村内は光回線が整備されていました。ネット環境はいいみたいですよ。では、良いさかえ倶楽部を。

※スキー場についての記事は、こちらにまとめてあります。
スキー場についての記事一覧まとめ

スポンサードリンク

-ゲレンデ
-,