NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

メンテナンス

スノーボードのエッジのチューンナップは?角度はどうする?88度?

2017/02/13

%ef%bc%90%ef%bc%97%ef%bc%94%e3%82%a8%e3%83%83%e3%82%b8%e8%a7%92%e5%ba%a6

スノーボードをやってると、やっぱりエッジをギンギンに尖らせておきたいって思う人も多いですよね。特にカービングするには、エッジが丸まっていると、イマイチとかなんとか言って。っていうことは、エッジのチューンナップですかね。角度ってどうすればいいんだろう?88度にしたっていう人もいるけど。っていう僕ちゃんにお伝えします。

スポンサードリンク

スノーボードのエッジのチューンナップは?

前回スノーボードのエッジ研磨っていうか、エッジに傷が入ったときの対処について書いたら、そのときに、エッジ角度がなんちゃらかんちゃらってどういうことですか?っていう質問をいただきました。

スノーボードのエッジって、通常っていうか出荷するときには、当然90度に仕上げてあります。が、それで滑ると以外とターンせずに、直滑降とかでもエッジが引っかかってしまって、下手すると転倒したりするんですね。

ですから、通常レジャーじゃなくて、趣味としてスノボをする人は、エッジのチューンナップっていうのをするんです。買ったばっかりのときに、エッジが引っかかるから、ちょっと丸めてしまいしょうっていうのがダリングとうもの。

特にノーズ部分とテール部分をすることが多いですよね。それだけで随分乗り味は変わってくるので、まずはダリングをしてください。

っていうか、ちゃんとしたショップで買うと、普通はサービスでダリングはしてくれます。それをしないようなお店では買わない方がいいですね。初心者の僕ちゃんとかだと、まずはそこまででO.K.です。

でも、さっき90度がないチャラってどういうこと?って思いますよね。上に書いたように、出荷時はエッジ角度は90度です。

が、それだとダリングしてもちょっとどちらかのエッジが雪に触れると引っかかりますよね。ですから、ズラす前にエッジが噛むってことで、思ったような滑りができないってこともあります。

ですから、通常はエッジを丸くするのではなくて、ソール面のエッジを1度落とすってことをやります。まあ、文字だけで説明するのは難しいけど、ソール側のエッジをちょっと削るんですね。

でもそうすると、ソール側とサイド側のエッジの角度っていうか90度じゃなくて91度になってしまいます。ソール面が落ちていますからね。

ですから、エッジの角度を90度にするために、今度はサイド側を1度落とすんですけど、それを89度にするっていう言い方をします。

ということは、ベース面を1度、サイド面を89度にするっていうのが基本的なエッジのチューンナップです。こうすることにより、ボードの操作性が格段に上がり、かつカービングもバッチリっていうことなんですね。

興味のある方は、エッジチューンをしてみてもいいんじゃないでしょうか。ちょっと今までとは違う滑りを体感できると思います。

スノーボードのエッジの角度は?

なるほど、なるほど。でも、なんか人によっては、エッジ角度を88.5度にしたとか、89度んにしたとか、88度にしたとかいう人もいるけど、どういうことって聞きたくなりますよね。

上に書いたように、基本はベース面を1度落として、それに合わせてサイドも削るから89度っていうのがオーソドックスなエッジチューンです。

が、レーサーとかこだわりのある人とか、あるいはスノーボードの特性にも関係するのですが、ノーズ部分は食いつきを良くするために、ベース面を1.5度落として、その分サイドも88.5度にしないと、90度になりませんよね。

で、ウエスト部分からは通常通りベース面1度の最後89度って言う風に、エッジの部位によって角度を変える人とか、そうした方がボードの特性上手く反映されるってこともあります。

そのあたりはチューンナップショップに行って、こんな滑りをしているんだけど、もっと食いつきを良くして欲しいとか、逆にもっとイージーなカンジいいとか、そういう風にいえば、じゃあ、この板だと、コレくらいにしておくといいんじゃないですかねえ。ってことになりますので、いろいろと相談してみてください。

私も別に角度を指定したことはありませんが、通常の滑り方を伝えると、やはりノーズ部分は88.5度とかにしてもらったことがありました。

まあ、違いの分からない男だから、89度のときとそう滑りが変わった気はしませんでしたが、楽しく楽ちんには滑ってましたけどね。


スポンサードリンク

スノーボードのエッジの角度88度って?

でも、友達で88度にした人がいるんだけど、やっぱりそれだけ尖った方がアイスバーンでもズレずに滑れるんでしょうかっていう質問ももらいました。

一時デモやプロがこぞって88度っていうのを公言しはじめて、じゃあ僕ちゃんもっていうことで真似する人が増えたんですよね。

確かに88度だとギンギンですから、食いつきも良いと思います。が、その分エッジが丸くなるのも早いんですよね。

ですから、常にチューンに出したり、大会のときにっていうのなら、88度でも87度でも、なんでもやってもらっていいんですけど、通常フリーランとかしないっていうのなら、89度で十分だと思いますよ。

それに、上手い人が乗れば、88度でも90でも変わらないみたい。デモが目の前でエッジもサビサビのボードに、『こんな風にしてしょうがないなあ』って言いながら乗ったら、キレキレのカービングしましたからね。

88.5度にした私は、もちろんズレズレのドリフトターンしかできませんでしたけど。って、人生もズレズレですけど。

ってことで、レースでコンマ何秒を争わない限り、あまり88度っていうのも意味が無いみたいです。そういう意味では、やはり滑りに即した角度でチューンするのが一番ですかね。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

ということで、現在はまたまたベース1度のサイド89度でおねがいしています。チューンに出すときに『85度とかにしたら、どんなところでもバッチリカービングできますかねえ』って聞いたら、『85度とか、板が削れて滑れなくなるよ』だって。世の中厳しいですね。では、良いチューニングを。

関連記事
ソール面に傷がついたらどうする?
エッジに傷がついたら?
リムーバーって使わなくてもいいの?
ストラクチャーって入れたほうがいいの?

スポンサードリンク

-メンテナンス
-,