NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

メンテナンス

スノーボードのメンテナンスでエッジのキズや研磨と角度は?

2017/02/13

%ef%bc%90%ef%bc%97%ef%bc%92%e3%82%a8%e3%83%83%e3%82%b8

スキー場オープン早々滑りに行ったのはいいけど、帰ってきたらエッジにキズが付いていました。っていうことは、この時期結構ありますよね。やっぱりチューンに出さないといけないんでしょうか。自分で研磨しても大丈夫?エッジ角度って?っていう僕ちゃんにお伝えします。

スポンサードリンク

スノーボードのメンテナンスでエッジのキズは?

スノーボードはエッジが命って言うわけではありませんが、やっぱりエッジによるところは大きいですよね。

ですから、エッジにキズが入ったら大変。すぐにチューンに出さないとって思うかもしれません。

が、どんな乗り方をしているかによるじゃないですか。レーサーというかレース系の大会にバンバン出ているんなら、そりゃーすぐにチューンです。

っていうか、そういう人はこんなブログ読んでないですよね。その足でショップにもちろんでいますからね。

それに対して、こすり系っていうか、そっち系の方々だと、エッジ角度等はそんなにシビアじゃないので、自分でやってしまう人も多いみたい。

要するにエッジがひっかからなければそれでO.K.っていうことなので、結構その辺は大胆に修復する人も居るみたい。

ですが、ほとんどの多くの人は、レーサーのようにこだわらないけど、ある程度はちゃんと削ったエッジで滑りたい。カービングもズレの少ないターンがしたいしって言う人じゃないでしょうか。

そういう場合は、キズの程度によるとしかいいようがありません。派手にスキーヤーとかと接触して、相手の板のエッジと交錯したという場合なら、チューンに出すなりするしかありませんからね。

ただ、この時期、ブッシュや小石でキズが付いたっていう場合は、大抵はそのまま滑っても問題はありません。

が、引っかかる場合ですよね。そういう場合はやっぱりバリは取って上げないといけませんね。大概は、バリの場合はヤスリで軽くなでてやれば、それで大丈夫になります。

気になる場合は、やっぱりショップに持ち込んでください。できればプロショップ。そういうときのためにかかりつけのプロショップをもっておくべきです。

そうすると、これなら問題ないから、ちょっとヤスリできれいにしておこうか。とか言って、チャチャッとその場でやってくれます。殆どの場合は料金はかかりません。

かなりひどい場合だけ、『これだとエッジ研磨しないとだめだねえ』とか言って、店長がやってくれることもあるし、それでも手に負えないとチューンに出すってことになりますけどね。

それが、スポーツショップとかのスキー・スノボコーナーだと、持ち込んだ段階で、『では、エッジの修理または研磨ということで』ってことで、そのまま機械的に処理されるので、そんな大げさなことでなくても、チューン処理になってしまったりします。

そういう意味でも、かかりつけのプロショップを作っておくことが、スノボを趣味にする人の第一条件というわけです。

スノーボードのメンテナンスでエッジ研磨は?

でも、近くにショップもないし、自分でやってみたい!っていうアンポンタンがいるんですよね。エッジは本当にシビアなところだから、ある程度練習してないと、いくら道具あっても、逆に滑り辛くしてしまうこともあるので、注意が必要です。

エッジ研磨の講習会って、そんなにないですけど、それでもプロショップなんかだと、1年に1度ぐらいやってくれたりするので、店長に聞いてみてください。

で、そのときにもう絶対に乗らないであろうボードを持って行くと、手とり足取り教えてくれます。中にはサービスマンが来てくれている場合もあったりします。

ショップの方は、そこで必要な道具を買って貰えればってことで、やっているので、じゃんじゃん質問してください。

そういうところで、概要を習って、自分で1本ボードを駄目にするぐらい練習してからじゃいと、エッジについては自分でやることはおすすめしません。が、一応どんなことをやるのかだけは書いておきますね。

まず、揃えるものとして、以下のものは用意してください。
・作業台
・ファイル
・ファイルガイド
・ビニールテープ
・イライザー
・オイルストーン
・サンドペーパー

で、上のものが揃ったら、まず最初に錆び取りから。イライザーを使ってエッジについた錆を落とします。それができたら、エッジ研磨。専用のファイルガードを使うと正しい角度でエッジを削ることができるので、そんなに心配はいりません。ファイルを強く押しつけるのではなく、軽く引くようにして削るのがポイント。

エッジ研磨が終わったら、今度はエッジのバリを取り。ファイルを軽くエッジの上で滑らせるようにするときれいにバリ取りできます。

そこまで来たら、あとはもうすぐです。最後にエッジの面取りをして角度をわずかに丸めてあげるとコントロールしやすい板に仕上がるって言われています。

ということで、やること自体はそんなに大したことないから、できそうですが、それで実際に滑ってみるとねえ。意外となんだかなあってカンジでした。

上にも書いたけど、ボックスとかこすり系で、滑り自体はそんなにシビアにならないっていう人なら、これでもO.K.ですが、カービング系だとねえ。やはりショップに出すことをおすすめします。


スポンサードリンク

スノーボードのメンテナンスでエッジ角度は?

まあ、エッジについてはどういう滑りをするのかによって違ってくるからなんとも言えませんが、やはり一番ナイーブなところですからね。

それに、1度って言う単位じゃなくて、チューンをやってくれる人達は、コンマ1までこだわってやってくれるじゃないですか。

まあ、私のような違いのわからない男だとだと、別にコンマ1だろうがヘチマだろうが関係ありませんが、通常はやっぱり89度なのか、89.5度なのかは結構違ってくるようですよ。

それに、均一に89度とかだと練習すればできそうですが、ノーズは88.5度で、ウエスト部分は89度、テールは89.5度とか、部位によって角度を替えてくるじゃないですか。

そこまでするには、やはりショップで最低1年はバイトしないとねえ。ってことで、エッジはスノボの命ってことを認識して、大切に扱ってあげてください。

まあ。私の回りでもイントラ等で、自分でやれって言われればできないことはないけど、やっぱりエッジは触りたくないってことで、ショップに出す人が多いですね。

そのあたり、かかりつけ医じゃないけど、気軽に行けるショップっていうのが上級者はみんなもっているようですね。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

最初にアルペンボードに乗っていたときに、テールに近いサイドエッジに結構大きなキズというか、バリというかそういうのが出て引っかるようになったので、急いでスキー場から直接ショップに持っていきました。

ら、『ああ、ここなら問題ありませんよ』って言って、ヤスリで大胆に削っておしまいってことがありましたけどね。そうはいっても、特に最初はよくわからない事が多いと思うので、やはり気軽に聞ける専門家に通えるようにしておくことが重要ですね。

では、良いエッジを。

関連記事
ソール面に傷がついたらどうする?
リムーバーってどうやって使うの?なくてもいい?
エッジチューンと角度は?
ストラクチャーって入れたほうがいいの?

スポンサードリンク

-メンテナンス
-,