NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

ゲレンデ

エコーバレースキー場のコースや混雑とアクセスや宿泊について

2017/02/13

%ef%bc%90%ef%bc%97%ef%bc%90%e3%82%a8%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%bc

エコーバレースキー場。スノーボーダーの聖地ですよね。スノボオタクはしょっちゅう行っていると思いますが、初めて行くって言う人にとっては、ちょっと敷居が高いかな。そんなことはありません。エコーバレーのコースレイアウトや混雑状況、アクセスと駐車場、それに近くの温泉や宿泊についてお伝えします。

スポンサードリンク

エコーバレースキー場のコースや混雑は?

エコーバレースキー場というと、早くからスノーボードに開放というか取り組んでいて、今のプロやデモ達、はたまたその師匠たちが初めてスノボをやったのがエコーバレーっていう人も多みたい。

そんなこともあって、スノーボードの聖地とか言われているし、現に上手い人が多い。それに、プロやデモも、シーズン初めの調整とかにエコーバレーで滑っていたりするし。

ってことで、スノボオタク、特にアルペンボーダーは、エコーバレーがホームとか、シーズン中は月に1回はエコーバレーに行ってるよ。っていうオタンコナスもたくさんいるみたい。

そういうアンポンタンは、勝手にどうぞってカンジだし、私の書いた記事に対して、いやいや実はなんちゃらかんちゃらんでとかコメントを書きたがるんですよね。だって、他に相手にしてくれる人がいませんからね。

ただ、このブログはスノボ初心者向けですからね。そんなオタンコナスは相手にしていません。スノボ初めてまだ2年目だけど、今年はエコーバレーに行ってみたいとか、なんか上手い人ばかりって聞いてるから、ちょっと敷居が高いかなあって言う人でも、全然そんなことないですから、ぜひ行ってみてください。

コースは、10コース。リフトは8本です。上級者っていうか、いわゆるエコーバレーがホームって言う人達は、正面ゲレンデの第8リフトを回しています。

確かに距離も500メートルぐらいの中級斜面で1枚バーンだから、アルペンボーダーには人気。ここぞとばかりビッテリーターンとかしていますが、彼らは他に行くところがないので、勝手に滑って勝手にオタク話をしているので、気にせずに滑ってください。

ある程度連続ターンができる人だと、この第8リフトのアンデルマットの途中からっていうのが楽しくてしょうがないでしょう。

ゲレンデから向かって左のクワッドに乗ると、アンデルマット第一の一番上まで連れて行かれるので、上級者コース。斜度も30度以上あります。林間コースで迂回路があるので、その場合は林間コースで降りてきてください。

いやいや、まだスノボ3回目とか、そういう初心者の人は、ゲレンデの右手の第1ペアリフトに乗れば、ラブリーバレーという初心者コース。斜度も最大10度だし、平均8度なので、楽しく滑ることができると思いますよ。

もうちょっと長い距離をって言う中級者の方は、その第一ペアリフトに乗って、第二トリプルリフトに乗れば、上部のバーンに到着。そこからはすり鉢状になっていて、中級斜面が4本。レベルに合わせて滑ってください。

特に、ハイローゼンは、横幅も広いのでロングボードでロングターンも思いのまま。って言っても、週末はそれなりに混雑しているので、スピードは控えめにお願いします。

雪質は中央道ですからね。結構人工雪。ですが、これは行った人みんな言うんですけど、圧雪技術が超高度ってことで、とても滑りやすい雪となっています。

当然上部のゲレンデの方が雪質はいいですが、意外とアイスバーンの上に雪が積もっていたりするので、見た目は柔らかいのですが、エッジが噛みにくかったりして、手強い雪です。

そういう意味でも、ひたすら練習するのであれば、一番下の第8リフトのところっていうのが、距離的にも斜度的にもバッチリっていうボーダーが多いですね。

週末はそれなりに混雑しますが、このエリアだと通常はしらかば21とか、スキーヤーだとブランシュたかやまとかに行くからそんなに混んでいません。一番奥ですしね。

そういうのもあって、アルペンオタクボーダーが集結しているっていうのもあるみたいです。アルペンオタクボーダーは別に取って食ったりしないので、初心者の僕ちゃんでも気にすることなく滑ってください。

レストランもお昼時はそれなりに混みますが、座れないってこともないし、ゲレンデ内に4つあるので、近いところに行ってみて大丈夫です。

ゲレンデプロフィールは
総面積:40ha
コース数:10
最大標高/最低標高:1850m/1450m
標高差:400m
最長滑走距離:2500m
最大斜度:35度
リフト・ゴンドラ数:8本
レベル割合:初級30%、中級50%、上級20%
ってカンジ。とにかくこのエリアの最奥ですから、寒いです。そこだけは心して、防寒対策はしっかりしておいてください。あっ、ワックスも低めがグッドです。

第一駐車場のそばにはエコーハウスっていうレストハウスがあって、地下は休憩室。床暖房でぬくぬくです。深夜に来てもそこで仮眠できるので、寝袋持参の人たちが結構いますが、3連休とかじゃないと、12時にまでに着けば、ほぼ場所はあるのでご心配なく。

エコーバレースキー場のアクセスや駐車場は?

アクセスはというと、中央道の諏訪インターから26キロということで、高速降りてからそんなにないけど、結構クネクネ道です。

白樺湖までは、行く車も多くてそんなに気にならないけど、そこでみなさん2in1に行ったり、車山に行ったりするから、そこからは車が少なくなります。

で、峠っていうか大門峠っていうところを下るんですが、そのあたりは結構凍結していますので、特に早朝なんかは気をつけてくださいね。トラックなんかが、スリップして立ち往生していることもありますし。

行きはそんなにもカンジないけど、帰りはかなり登ってきてるんだなあっていうぐらい下ります。それにクネクネですからね。しっかり減速してください。

駐車場は、通常週末でも第一駐車場に入れます。時間が遅くなると、ちょっと厳しいかも。その場合は第二駐車場に案内されるので、指示に従ってください。


スポンサードリンク

エコーバレースキー場の温泉や宿泊は?

滑った後は温泉ってことで、一番近いのはすずらんの湯。露天もあるので、景色を見ながら疲れを癒やすこともできます。夜も9時までやっているので、安心です。

あとは、このあたり諏訪周辺ですからね。沢山温泉はあります。エコーバーレーをホームにしている人は、かっぱの湯なんかもよく行くみたいですよ。

宿はねえ。ペンションがたくさんあるから、お好きなところへってカンジです。山岳ホテルとかもあるし、ボーダー御用達のプチホテルもあります。

が、そこまでガツガツじゃなくて、ちょっとゆったりってことなら、白樺湖畔まで行けば、リゾート系がたくさんあります。サワ・ルージュなんかも人気。
白樺湖畔・天然温泉の小さな宿 サワ・ルージュ

もちろん、白樺湖というと、池の平ホテルじゃなきゃヤだって言う人はどうぞご勝手に。
白樺リゾート 池の平ホテル


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

初めてスノボを教えてくれたっていうか、スノボを勧めてきた悪友がずっとエコーバレーをホームにしていたので、結構行きました。

確かに寒いです。それに上級者もたくさんいます。が、週末はファミリーも多いので、本当に初心者でも気にすることなく滑りに行ってみてください。では、良いエコーバレーを。

※スキー場についての記事は、こちらにまとめてあります。
スキー場についての記事一覧まとめ

スポンサードリンク

-ゲレンデ
-,