NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

ゲレンデ

小海リエックススキーバレーのコースや混雑とアクセスとホテルは?

2017/02/13

%ef%bc%90%ef%bc%96%ef%bc%98%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9

中央道沿いのスキー場って晴天率が高いから、吹雪かないし楽しく滑れますよね。何やら小海リエックスはリゾートスキー場なんだけど、アルペンボーダーにも人気とか。コースレイアウトとか混雑状況、それに雪質とか知りたいですよね。もちろんアクセスとホテルについても紹介しまーす。

スポンサードリンク

小海リエックススキーバレーのコースや混雑と雪質は?

小海リエックス、その名前からなんかワクワクしますが、冬はスキー、夏はゴルフができて、リゾートウエディングもできるっていうんだから、そりゃー人気ですよね。

一時は、クリスマスにカップルで行きたいスキー場の1位になったとかいう話もあります。まあ、クリスマスとバレンタインデーには予約が取れないスキー場隣接のホテルとしても有名。

ってことは、なんかチャラチャラしたスキー場なのかな?って思ったら大間違い。結構アルペンボーダーの大会とかもあったりして、スクールにもアルペンのイントラが多いってことで、有名です。

コースは8コース。中央道沿い特有っていうか、八ヶ岳の麓ですからね。晴天率は高いですよね。その分、バーンはアイシ―。ちょっと固めですかね。

リフトは5本ですが、高速クワッドがあるから、結構効率的な配置になっています。初中級斜面がほとんどですが、完全な初心者バーンっていうのが、ないんですよね。

駐車場からアクセスしてすぐのリゾートセンターからのそのまま滑り込めるブライトホーンコースが一応初心者コース。最大斜度9度、平均7度ですから、まあ、デビューには悪くない。

けど、あとは一番ゲレンデトップまで行かないと、だいたい平均斜度が15度ぐらいの中級斜面。その分、中級レベルのボーダー・スキーヤーには滑りやすいゲレンです。

ユングフラウコースは、最大斜度20度となっていますが、そこまでが結構タラタラの緩斜面で、20度斜面を使ってのスラローム大会とかが開催されています。

硬いバーンだけあって、アルペンボーダーが多いですね。パークやエア台もユングフラウコースのタラタラ斜面にはあるから、意外とフリーススタイラーもきています。

が、それほど混雑しているスキー場ではないので、滑りまくりたい人もストレスなく滑れることができるでしょう。

と言っても、基本はリゾートスキー場ですからね。レストハウスやレストランはきれいです。のんびりまったりっていうカップルやファミリーにも人気な理由がわかります。

ってことで、イメージだけだとリゾートスキー場で優雅にってカンジですが、日帰り等でガンガン滑るボーダー等も結構多いので、広い層に満足できるスキー場ってカンジですかねえ。

特にアルペンボーダーの方は、結構リピーターになる人も多いので、まだホームをどこにしようかと迷っていたら行ってみてもいいんじゃないでしょうか。

レストランは、一番ベースになるところにエーデルワイスっていうのがあって、ここは週末でもだいたい座れます。空いてはいないけど、待たなくても大丈夫。

リゾートセンターにもレストランがあるし、その横にもステーキハウスがあったりして、そういう意味では昼時でも分散するみたいですね。

小海リエックススキーバレーのアクセスは?

そんな小海リエックススキーバレー、アクセスはというと、中央道須玉インターから49キロ。長坂インターからだと42キロですが、どっちも国道141号で一緒になるから、下道をちょっと長く走るか、その分高速を走るかの差。

時間もほとんど変わらないから、首都圏からだと須玉インターで降りた方が高速料金は安いし、あとは国道141号線で北上して、松原湖駅のとこで、松原湖へ向かうために左折すれば、8キロ10分程度。インターからも1時間はかかりません。

もちろん関越道から上信越道経由でも来れて、その場合は佐久南インターからやはり国道141号を南下。インターから30キロだから、40分ぐらいです。

ということで、首都圏からだと、2時間ちょっとで到着なんですね。それもあって、一度行くと病みつきなるみたい。

でも、意外とみなさん手前のシャトレーゼスキーリゾートの方に行くみたいだから、そんなに混んでないってことで、ウッシッシのスキー場って訳ですな。


スポンサードリンク

小海リエックススキーバレーのホテルは?

小海リエックススキーバレーに行くのなら、これはもう小海リエックスホテルにお泊りしてください。

ホントリゾートホテルってカンジで、部屋もレストランも大満足。こんなところでクリスマスやバレンタインを過ごしたいと思ってしまいます。

寂しい中年のお前が泊まったことがあるのかっていわれるとねえ。それがあるんですよ。実はJSBAのデモンストレーターフェスティバルで泊まりました。

はいはい、もちろん「じゃあ、下までジャンプターンでいきますかあ」のニコニコおネエさんこと茶原さおりデモもいましたけど。

ってことで、ぜひこのクリスマスとかバレンタインデーは小海リエックスで、ウッシッシなひと時をお過ごしください。
小海リエックス・ホテル


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

ということで、デモフェスでしごかれたのが小海リエックス。ですが、スノボサークルのメンバーが大会に出場するってことで、その前にも何度か行ったりしていました。

スノボサークルの仲間も結構ここを好んでいますし、イメージと違って意外とアルペンボーダーに人気みたいです。

もちろん、カップルでウッシッシのひと時を過ごしてもらうのが一番ですけどね。まっ、私はデモフェスからは、まだ小海リエックスホテルに泊まることは実現しておりません。では、良い小海を。

※スキー場についての記事は、こちらにまとめてあります。
スキー場についての記事一覧まとめ

スポンサードリンク

-ゲレンデ
-,