NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

ゲレンデ

軽井沢スノーパークのコースや混雑状況とアクセスや温泉について

2017/02/13

軽井沢スノーパークって、アルペンライダーにはおなじみ。プロ戦や全日本選手権の関東大会がよく行われますよね。どんなスキー場なんでしょうか。一部ではファミリーにも人気みたいですけど。コースレイアウトや混雑状況と、アクセスや近くの温泉についてお伝えします。

スポンサードリンク

軽井沢スノーパークのコースや混雑状況は?

何やら軽井沢スノーパークっていうスキー場があるらしいですね。軽井沢プリンスホテルスキー場とは違うみたい。ファミリーにも人気で、この前行ってきましたっていうコメントもよく見ます。

が、実はここはJSBA(日本スノーボード協会)主催の全日本選手権の関東地区大会の会場になったり、プロスノーボーダーの大会会場になったりするんです。

ファミリーゲレンじゃないの?って思っていると、そういうハードなバーンもあるってことで、バリバリのアルペンレーサーも、はたまたスノボデビューの僕ちゃんも楽しめるゲレンデなんですね。

ゲレンデ自体は小規模です。コースは6本、リフトは3基ってことで、一見本当にファミリーゲレンデ。特に入ってすぐ左手にチュービングコースがあるから、本当にプロ戦とかやるの?って思ってしまいます。

が、奥に行くとSAJ公認のポールバーンもあって、かなりハードなバーン。大会で使われるバーンは、キャベツコースという上級コース。

最大斜度は19度ですが、出だしが凍っている事が多く、ここで滑落する人が結構います。まあ、私のように人生が滑落していると、慣れたことですけど。

ですから、ファミリーゲレンデと思って舐めてかかると大変なことに。大会がないときは、常設のポールバーンになっているので、練習にはもってこいです。

それからもう一つは、ファミリーコースっていう初級者向けのコースがあるんですね。リフトも短いです。が、ここって本当に緩斜面なんですけど、1枚バーンであんまり面白くないのか週末でも空いています。

ってことで、シーズン始めのカントリフトの調整にはもってこいなんです。ファミリーコースの横は、中級斜面で、ベリーコースっていうんですけど、そっちをみんな滑るんですね。

かと言って、ちびっこにはちょっと斜度がありすぎる。それに、ちびっこは入ってすぐのところにちびっこゲレンデがあるから、そっちで雪遊び。

ですから、本当にこのファミリコースはガラガラ。ロングボードでロングターンもしまくり千代子。ストレスなく調整ができます。

そして、なんといっても、そのファミリーコースを降りたところにドライバー付いた工具台があるんです。が、基本はファミリースキー場ですからね。

大会でもない限り、工具台でバインの調整溶かしている人なんかいやしないんです。ですから、ファミリーゲレンデで1本滑って、いまいちなら、すぐに工具台で調整。

そしてまた1本滑っててことができるんですね。シーズンインにはおすすめのスキー場です。ただし、軽井沢ですからねえ。寒いです。

バーンもどちらかというとカリカリっていうか、カチンカチンってカンジ。トップシーズンはコンクリートの上で滑っているカンジです。

そこのところは踏まえた上で行ってくださいね。あと、大会に出る人は、事前に下見を兼ねて滑って置くことをおすすめします。そんなハードじゃないけど、基本はアイスバーンですからね。人生みたいに滑落しないことをお祈りしています。

軽井沢スノーパークのアクセスは?

そんな軽井沢スノーパーク、首都圏から近いっていうのもあるんですよね。関越道に乗って、上信越道の碓氷軽井沢インターで降りて、そこから30キロってカンジ。

関越道の渋滞に巻き込まれなければ、上信越道は空いていますからね。碓氷軽井沢インターまでは2時間かからないってカンジ。

インター降りてからは、国道18号に入ってそのあと国道146号、いわゆる「日本ロマンチック街道」ですな。白糸ハイウエイとの合流地点「峰の茶屋」でちょっと右っていうか、ほぼまっすくなんだけど、そっちに行けば、後はすぐです。

でも、ホント、その峰の茶屋ぐらいからグングン気温が下がるから、車の中で暖房入れまくっても寒いです。軽井沢あたりって雪は少ないけど気温は低いですからね。道も積雪よりも凍結に気を付けてくださいね。

ってことで、帰りも関越道との合流まではスイスイ行きます。その後はしょうがありません。まあ、のんびりやってください。

それでも、関越道で沼田に行くよりかは渋滞は少ないから、意外とこのエリアって穴場なんですよね。以前書いたアサマ2000とか湯の丸とか、東京からだと若干沼田エリアより距離があるけど、渋滞は少ないです。

新幹線で軽井沢まで来てバスって言う手もあるけど、バスは事前予約なんですよね。ですから、そこまでして行くスキー場って言う訳でもないし、それなら軽井沢プリンスでいいんじゃないでしょうか。

シーズン初めのセッティングとか、または僕ちゃんのチュービング遊びとかにグッドなスキー場です。


スポンサードリンク

軽井沢スノーパーク近くの温泉は?

で、日帰りで行けるって言っても、やっぱり滑った後は温泉に入りたいですよね。この温泉の後にシップを貼るかどうかで、翌日の筋肉痛になるかどうかが違ってきますからね。

っていうオヤジボーダーの方には、スキー場内に温泉があるので、入って帰ると関越道の渋滞も緩和されていてちょうどいいかも。

プレジデントリゾート軽井沢って言うホテルの大浴場。ですが、露天です。20時までやってるから、滑った後でも時間を気にせずに入れます。

サウナや打たせ湯もあるから、久しぶりに運動したっていうパパもゆっくり体をほぐしてもらえればと思います。

それ以外には、帰り道の日本ロマンチック街道沿いに「とんぼの湯」っていうのがあります。正式には軽井沢星野エリアトンボの湯です。

そう、あの星のリゾートです。が、歴史は古いです。それに2000年代に入ってリニューアルしているから、現代的で、入り口前の広場のところもクリスマスとかだとキャンドルが灯されたりして、見るだけでも癒されます。

が、まあ、その分星のリゾート値段なので、ちょっとお高いかな。軽井沢フリークなら気にすることないけど、その辺は心しておいてください。

お湯もいいし、ゆったりとした時間を過ごすことができます。こちらは夜の23時までやってるので、遅くなっても大丈夫。一度は寄ってみてもいいんじゃないですかねえ。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

軽井沢スノーパークは、上に書いたようにカントリフトの調整で、シーズンインでよく行ってました。ホントに調整にはちょうどいいゲレンデなんですよね。

それに、気合を入れて滑る場合は、大会バーンもあるしってことで、シーズン中に1度は行ってみていいんじゃないかと思います。

ただし、バーンもつるつるですからね。人生のように滑落しないことをお祈りしています。では、良い軽井沢を。

※スキー場についての記事は、こちらにまとめてあります。
スキー場についての記事一覧まとめ

スポンサードリンク

-ゲレンデ
-,