NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

スクール・レッスン・キャンプ

スノボのアルペン初心者のスクールって?レッスンやキャンプは?

2017/02/13

%ef%bc%90%ef%bc%94%ef%bc%98%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab

スノボ、今年からアルペンに転向しました。でも、なんかフリースタイルとは全然違うし、やっぱりスクールに入ってちゃんと習った方がいいんでしょうか。でも、イントラがフリースタイルで出てきたら、ちょっと違うなあって思うし。っていう、アルペン初心者の僕ちゃんにスクールの選び方やレッスン、それにトレーニングキャンプについてお伝えします。

スポンサードリンク

スノボのアルペン初心者のスクールは?

アルペンボーダーって、どこで習ってるんですかねえ。ゲレンデでアルペンで滑っている人って、みんなうまいですよね。初心者っていないんだろうか?

って良く思ってました。今でもアルペン初心者にはそういうことをよく言われます。スクールに入ればいいんですかねえ。でも、スノーボードスクールって言っても、だいたいフリースタイルのイントラばかりですよね。

以前、スクールに入ったけど、フリースタイルのイントラ出てきて、言ってることは分かるけど、それってアルペンっていうかハードブーツじゃ無理っていうことだったりするんですよね。

っていう話も聞きます。っていうか、私もそういう経験をしたことがあります。ですから、バッチ検定でも受けるのなら別ですが、普通にレベルアップするにはどうしたらいいんでしょうかっていう質問をもらったりします。

スノボって、フリースタイルとアルペンがあって、究極は一緒っていいますけど、特に初心者のうちは微妙な違いで戸惑うんですよね。

特にフリースタイルって、だいたいイントラでテクニカルっていうか、基礎系だと、アングルも前が24~27度、後ろが6~12度ぐらいじゃないですか。

それに対して、アルペンは、前が48度とか初心者でも45度とか、後ろは当然45度とか42度。ってなると、身体の向きも違うし、『こういう風に足を曲げて』って言われても、ハードブーツじゃあ無理ってことだったりします。

もちろん、イントラでもフリースタイルもアルペンも両方乗っている人なら、その辺のことも分かってるから、『アルペン人は、こういうカンジで』って、フリースタイルでのレッスンでもその辺りも解説してくれます。

でも、意外とハズレっていうか、ずっとフリースタイルでやってきて、それでイントラ資格取って、一応アルペンも勉強中とかいう人だと、その辺がねえ。

ってことで、なんか時間とお金と損したっていう苦情も聞いたりします。ですので、アルペン初心者はどこでレッスンを受ければいいんだろうってことなんですね。

ですが、いるんです。アルペンのイントラ。もちろん、世間一般に言われているように、スノーボーダーの9割はフリースタイラーだから、その数は少ないですが、いるんです。

それに、そういう人は、普段は需要がないから、仕方なくフリースタイルでレッスンをしていたりします。が、アルペンライダーが来たら張り切って、聞いてもない事や、時間オーバーしても教えてくれたりします。

だって、本職はアルペンだし、とりあえずレッスン中は生徒と言えどもアルペンの話をしまくり千代子ですからね。

ですから、まずはスクールに電話して、アルペンなんですけど、アルペンのイントラに教えてもらえますかって聞いてみてください。

プライベートレッスンじゃない限り、予約とか指名とかはできませんが、それでも、『毎週土曜日なら基本的に来ています』とか、『毎週日曜日はいるので、前日に電話してください』とか、そういう風に言われることが多いはずです。

中には、アルペンのイントラばかりウヨウヨいて、じゃあ、僕が私がってアルペンの生徒の取り合いをするスクールもあるので、そこはまずはよく行くスキー場や、習いたいと思っているスクールに電話してみてくださいね。きっと新しい世界が生まれると思いますよ。

スノボのアルペン初心者おすすめのスクールは?

と言っても、電話で上手く話せるかどうか分からないし、とりあえずお勧めのアルペン初心者御用達のスクールってないの?って言われてもねえ。

みなさんの住んでいるところにもよるじゃないですか。山形県のあのスキー場のスクールはバッチリって言っても、西日本からじゃな厳しいだろうし。

逆に兵庫県のナンチャラスクールは、アルペン初心者対象のレッスンがあるよって言ってもね。東京とか東北からだとちょっと難しいですよね。

ってことで、あんまりスクールを紹介してもっていうより、やっぱり自分が行けるところで地道に探すしかないんですけどね。それに相性もありますからね。

それでもどこか教えてよ、ケチ!!とか言い出す輩がいるから、私の知る限り、習ったことがあったり、関係者がいたりっていうところをピックアップしてみますかね。

まずは、首都圏からだとアクセスがいいのが、シャトレーゼスキーリゾートのシャトレーゼスキーリゾートSISスノーボードスクールかな。

一応長野県ですが、ほとんど山梨県との県境。代表はレジェンドデモの末木さん。校長は奥さんで、やっぱりデモ戦とか出まくっている末木弥生さん。お二人ともバリバリのアルペンライダーです。ですので、、アルペンのイントラがたくさんいて、バッジテスト対応もしています。

それから最近は、東京からでもアクセスがよくなった白馬。以前は関西から泊りでってことで、関西弁ばかりといわれていましたけどね。その白馬といえば、白馬岩岳スノーボードスクールですな。

校長はレジェンドデモ茶原忠督さん。ですから、彼に憧れて通う人も多いですよね。そして、副校長は茶原さおり元プロ&現デモ。ってことで、アルペンライダーもたくさんいます。

なお、茶原さおりデモに習うと、ニコニコしながらの解説で、その美貌に見とれているうちに鬼のようなレッスンで、『じゃあ、とりあえず下までジャンプターンで行きますかあ』とか言われるので、ご注意ください。まあ、その分、1日ですっかり上達すること間違いなしですけどね。

それから去年までは群馬のたんばらスキーパークのTAMBARA BURTON SNOWBOAD SCHOOLで校長をやっていたレジェンドデモの中尾弘さん。中尾デモがいるところだと、結構ご本人に習えたり、アルペンのイントラも多いんですけどねえ。

何やら2016-2017シーズンから、拠点を変えるとか。一部では菅平じゃないかっていう話もありますが、確認が取れましたら改めてご紹介しますね。彼のところもおすすめですからねえ。

まあ、もともとは白馬岩岳で茶原さん達と一緒にやっていたんですが、今は独立してたんばらの校長です。で、中尾さんっていうと、サンデーボーダーからレジェンドデモに上り詰めた人だから、どんな人にも分かりやすく、いろんな角度から解説してくれるので、分かりやすいと定評がありますよね。

セッティングについても、細かい話をしてくれるので、中尾ファンは多いですよね。あっ、でも、話がエキサイトすると、吹雪いているのに、滑ってるより解説している方が長いって言われていますからね。ご注意ください。

それから、新潟県の妙高になりますが、妙高高原スノーボードスクールは、校長がアルペンレーサーです。それにもう一人非常勤ですが、週に1回ピンクのゾウさんステッカーを貼ったイントラが出没します。

そのピンクのゾウさんおやじ、バリバリのアルペンライダーでA級イントラ、A級検定員。テクニカルはもちろん、レースにも参戦しているので、アルペンのことは何でも来いってカンジ。

合い言葉は「あの人、人間のクズだけど、スノボだけはうまいから。教わりがい、あるわよ。」(by「私をスキーに連れてって」)と言ってみてください。『えっ?なんで?なんで?そんなこと知ってるの?』とか言いながら、丁寧に教えてくれると思います。

以上が、私が実際にならったり、関係者がいたりするスクールです。他にはですねえ、前にAOSDのことを書いたけど、そのAOSDが推薦するアルペンのイントラがちゃんといるスクールっていうのもあります。

岐阜県のダイナランドバートンスノーボードスクールなんかは、校長が現役最年長じゃないかな?今でもバリバリにプロ戦出てるし、ってことで、イントラも全日本クラスの人がワンサカいます。
 

関西地区では、兵庫県の氷ノ山国際スキー場でやってるKIMUTOMO Pro スノーボードスクールですかねえ。

そうそう、ここの校長は一度茶原さおりデモによるキャンプのときに、ゲストで顔を出してくれて、。アルペンで大ジャンプをしてくれたこともありました。アルペンが専門ですが、オールラウンドなライダーみたいですよ。校長はトッププロでA級コーチです。

あっ、もう一つ忘れてはいけないのが、AZプロスノーボードスクールですね。白馬さのさかスキー場でやっています。

あのスノーボード界のカリスマ、相沢盛夫レジェンドデモが率いるスクールです。相沢さんに習ったことあるけど、意外とフィーリングで教えるから、私にはちょっと分かりにくかったかな。

言ってる意味が分からんって思っていたら、木村桂子元プロ&デモが、『それはね』って解説してくれたことがありましたけど(笑)。

ただ、スクールは、テクニカル系のアルペンライダーが終結しているので、一度は門をたたいてみる価値ありです。

というカンジですかね。もちろん、上記以外にもたくさんアルペンイントラがいるところがあるので、地道にさがしてみてください。

それに、上記のスノーボードスクールでも、必ずしもアルペンのイントラが対応してくれるとは限りませんので、必ず事前に連絡してみてくださいね。特にたんばらなんかだと、普通のレッスンで校長に習うことができるかもしれませんから。


スポンサードリンク

スノボのアルペン初心者のキャンプは?

あと、アルペンだとどうしても教えてくれる人が限られるから、キャンプっていう手もあります。キャンプってなんか上級者ばっかりみたいっていう気がしますが、そんなことはありません。

全くの初心者だと厳しいけど、だいたいが『連続ターンができればO.K.』ってことになってるから、一度思い切って参加してみるのもいいんじゃないですかねえ。

上に書いたように、相沢盛夫さんに習って、それを解説したのが木村桂子って言うのもキャンプでしたからね。それだからこその豪華講師陣だったりします。

今所属しているスノボサークルも、元々はキャンプに参加したのがきっかけで、某茶原さおりプロ(当時)が勘違いして、顧問になってくれたっていうのもありますから、とってもお得です。

ってことで、12月に入るとシーズンインのためのキャンプっていうのが、結構開催されるので、いろいろとチェックしてみてください。

とりあえず、私が参加したことのあるものでおすすめのものは、このサイトでも紹介していきたいと思っているので、そこも読んでくださいね。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

20年以上前は、テクニカル系っていうと、ほとんどがアルペンだったんですけど、時代は変わって、今ではどこに行ってもアルペンは肩身の狭い思いをしていますよね。

でも、ソチ五輪で竹内智香選手が銀メダルを取ったのをきっかけにやってみたいっていう人も増えてきているみたい。この勢いで、じゃかじゃかアルペンライダーが増えることを祈りたいと思います。では、良いアルペンを。

関連記事
スノボ初心者はスクールに入るべき?
アルペン初心者や女性でもキャンプに参加できる?

スポンサードリンク

-スクール・レッスン・キャンプ
-,