NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

スクール・レッスン・キャンプ

スノボのスクールって初心者は入った方がいいの?おすすめは?

2017/02/13

%ef%bc%90%ef%bc%94%ef%bc%97%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85

去年体験でちょっとスノボしたら、面白くて今年から本格的に始めることにしました。が、スノボの初心者だとやっぱりスクールに入った方がいいんですかねえ。友達で「オレが教えてやる」っていうから、どうしようかと思っています。あと、スノボスクールのおすすめとか選び方ってあるんですか?っていう僕ちゃんにお伝えします。

スポンサードリンク

スノボのスクールって初心者は入った方がいいの?

スノボでもスキーでもそうでしょうが、初めて始める人に対して、『スクールなんてもったいないよ。オレが教えてやるよ』っていう人がいますよね。

確かに全くの初めての場合は、そういう人がいると心強いのですが、かと言って、スクールに入らなくてそういう人に教えてもらうのと、スクールに入るのとどっちがいいかって言われるとねえ。

もちろん、スクールに入った方がいいっておすすめします。っていうのも、滑りがうまい人が教えるのがうまいとは限りませんよね。

それから、そのゲレンデがホームで、隅から隅まで知り尽くしていて、その日のゲレンデコンディションも熟知しているし、そもそもイントラ資格をもっているっていうのなら別ですけどね。

というのも、インストラクターって、当然資格がないとなれません。滑りがうまいだけじゃなくて、スノーボードの理論はもちろん、どうやったら習う人が理解し易いかってことを、日々勉強しています。

資格をとるのも大変ですけど、スクールに所属すると、少なくとも週に1回、多いと2~3日に1度、研修と言う名で、校長や副校長から、レッスン指導についてチェックされます。

全くの初心者、中級者から上級者に対してそれぞれきちんと教えられるか、理解してもらえるか等々、細かく指導されるので、教え方が悪いとレッスンを持てなくなります。

ですから、単に滑るのがうまいという人とは、まるで次元が違うんですよね。だって、なんでそこがクリアできないかとか、それをどうすれば出来るようになるのかって、系統立てて説明出来る人って、イントラじゃないとそんなにいませんよね。

それに、スノボのイントラって、一部ではチャラチャラしたイメージを持っている人がいますが、結構厳しいんです。

上にも書いたように、そのスキー場のゲレンデの特徴は当然知ってないといけないし、そもそも日によって雪の状態が違いますよね。

それもあって、スクールのイントラって、毎朝朝イチで、レッスンに使うであろうゲレンデは全部滑ってくるんです。

それで、今日はパウダーだとか、結構アイスバーンが多いとか、土日で、このゲレンデは混雑するだろうから、こっちを使うとか、そういうのも全部チェックしてからレッスンに入るんですね。

そういう人に習うのと、単に滑りがうまいって言う人に習うのって、その差ははっきりしていますよね。

また、中にはイントラはナンパ目的だなんて言う人がいますが、別にナンパしなくても、滑りが上手くて丁寧に教えれば、女性の方からアタックしますから、ナンパしているようなイントラはレベルが低いし、最近ではすぐクビにされてしまいます。

それに習うほうが真剣に質問すれば、ほとんどが教えたがり屋っていうのがイントラですが、いくらムサイおっさんでも、丁寧に教えてくれますからね。

そういうこともあって、特に最初に2~3回はスクールに入ることをおすすめします。そして、わからないことはなんでも質問する。リフトに乗れるようになったら、すぐにイントラの横に座って質問しまくり千代子になってください。

そうすると、レッスン料以上に得るものがありますし、ボードやブーツなどのギアのこととか、手入れの仕方とか、いろんなことを教えてもらえると思います。

ぜひ、初心者こそスノボスクールに入らないともったいないということを、覚えておいてもらえばと思います。


スポンサードリンク

スノボスクールのおすすめは?

でも、友達のY子は、スクールに入ったら、チャラチャラしたイントラで、やたらどこから来たのとか、どこに泊まってるのとか、そんなことばかり聞かれた。っていう話もないことはありません。

今では、そういうことはほとんどないのですが、20年前以上だと、結構いい加減な人達が、スノボスクールという看板を上げていたところもあったみたいです。

が、今ではほとんどが日本スノーボード協会(JSBA)または、日本スキー連盟(SAJ)の公認または認定のスクールです。

ですから、当然各団体のイントラ試験をパスした人じゃないと教えられませんし、へんなことをしていると資格剥奪、ひどいとスクールの公認または認定の取り消しになります。

とういうことで、一応スクールに入るときに、看板等に『JSBA公認』とか『SAJ公認』とか書いてあるかを確認してください。

それがないところは、モグリなので、別に法律等に違反しているわけじゃないので、取締はありませんが、教える内容は保証できないっていう訳です。

なお、JSBA(日本スノーボード協会)の場合、公認というのは常にそのスキー場にスクールを開設できるというもので、ほとんどスクールは公認校です。

認定というは、不定期でそのスキー場でシーズン中数回とか、何かのイベントのときにスクールとしてお金を取ってレッスンできるというもので、主にショップの店長さんなんかがやってる場合が多いです。

お店のお客さんを中心に、ある程度人が集まったら、◯◯スノボツアーとかいって、提携しているスキー場に連れて行って、そこでレッスンするというようかカンジですかね。

まあ、その他にも細かい差はありますが、どちらにしても、公認校か認定校なら、まず、ナンパ目的ということはないので、安心してレッスンを受けてみてください。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

世間には教えたがり屋の困った人もいて、自分より下手だと思うと、『もっとこうした方が』とか、『ターンのときはこうしないと』とか言う人がいます。

が、殆どがきちんとした理論もなく、単に自分の経験だけで言っているので、全くの間違いではないかもしれませんが、その人のレベルに合ってないことも多くて、逆に上達の妨げになることもあるんです。

そういう人を世間では、インチキラクターと読んでいますので、近くにいたら気をつけてください。

なお、私のようにスノボード教程という教本を読みまくり、イントラと言わずデモやプロに細かい指導を受けて、知識だけはあっても実は全然滑れないって言う人のことを、うんちくラクターと呼んでいます。お気をつけください。では、良いスクールを。

関連記事
アルペンボード初心者はスクールをどうする?
アルペン初心者や女性でもキャンプに参加できる?

スポンサードリンク

-スクール・レッスン・キャンプ
-,