NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

ゲレンデ

奥只見丸山スキー場のオープン期間にアクセスと宿泊はどこがいい?

2017/02/14

%ef%bc%90%ef%bc%94%ef%bc%90%e5%a5%a5%e5%8f%aa%e8%a6%8b

奥只見丸山スキー場って、豪雪地帯のために、何やらトップシーズンは閉鎖するんだって。なんじゃそりゃってことですが、早々シーズンインしたオタンコナスや、5月までも滑りたいスットコドッコイ御用達です。オープン期間やアクセスと宿泊についてお伝えします。

スポンサードリンク

奥只見丸山スキー場のオープン期間は?

奥只見丸山スキー場というと、春スキーのメッカとして有名ですよね。なんたって、トップシーズンの1月から3月をクローズっていうだから、どうしちゃったんですか?って思います。

だって、超豪雪地帯だから、その時期は通行するための道やトンネルが雪崩の危険性があるってことで、12月から1月上旬までの1stシーズンと、3月下旬から5月中旬までの2ndシーズンに分けての営業です。

1stシーズンは年によるから、いつからと正確には言えないけど、例年は12月の第一週土曜日か日曜日から、1月の第一日曜日ぐらいまで。

まあ、意外とお正月をここで過ごそうという人もいるから、お正月はやるんだけど、ホントすぐに4日とか5日にクローズです。

で、だいたい3月の春分の日辺りから、これまた雪の状況によるけど、ゴールデンウィークは当然のことながら、5月最終日曜日ぐらいまでっていうスケジュールですかねえ。

ですから、足慣らしに12月中に行ったり、今度は4月以降、他のスキー場がクローズになってから行くっていうところですかねえ。

春は有名ですけど、結構12月からお正月にかけては、本当にオタンコナスしか来てないから、そんなに混んでないし、楽しく滑ることができます。

そんな訳で、奥只見っていうと春スキー・ボードってことで、パークが充実っていうイメージですよね。

確かに2ndシーズンになると、ゲレンデトップの丸山ゲレンデにはパークが出現。初心者からプロまで納得のパークなので、パーク派は丸山ゲレンデにGo!

いやいや、僕ちゃん普通に滑るだけだからっていうクルージング派の方はブナ平コースがいいんじゃないですかねえ。緩斜面の滑りやすいコースです。

またまたカモシカEコースなんかは、不整地というかモーグルバーンにだから、コブ依存症の方にはたまりません。

その辺は2ndシーズンの話ですが、意外と1stシーズンだと、丸山ゲレンデはロングボードでロングターンしまくり千代子です。

特に斜度も平均10度なので、シーズンはじめのカント・リフト等のセッティングにはもってこいです。とは言っても、カモシカAコースとCコースは中急斜面だから、滑りごたえ十分です。

ですから、アルペンライダーのアンポンタンは、1stシーズンの方がストレスなく滑ることができるんじゃないでしょうか。パークの方は、2ndシーズンに滑り倒してくださいね。って言わなくて、行くんでしょうけどね。

リフト券は、平日土日祝日とも1日券が4000円、半日券は3000円です。ゲレンデトップのレストハウスは、本当に山小屋ってカンジですが、それがまた趣があるってことで、結構人気です。

奥只見丸山スキー場のアクセスは?

アクセスはねえ、関越道小出インターから35キロってことで、インター降りてからは50分~60分です。

小出インター降りたら出てすぐに右折して、つきあたりを左折、しばらく直進です。2つ目の信号(吉田交差点)を右折してしばらく直進。左手にシルバーライン入口が見えたら左折し、しばらくトンネルが続きます。

仕入沢トンネルを抜けたらすぐのつきあたりを左折。道なりに進むと奥只見丸山スキー場の駐車場ってことになっています。

が、このシルバーラインのトンネルっていうのがねえ。行ったことがある人は分かるけど、永遠に続くんじゃないかってカンジ。

途中で、尾瀬・桧枝岐とか分岐矢印が出て、ここからも尾瀬に行けるのかって思うんですけど、それももちろんトンネルの中。

スターローン主演のデイライトに出も出てくるようなトンネルで、本当にいつ終わるんだろうと思うんですよね。でも、そのトンネルを抜ければすぐですから、頑張って行ってみてください。

駐車場は第一・第二駐車場は土日のみ1000円。後の日は無料です。


スポンサードリンク

奥只見丸山スキー場の宿泊は?

そんな秘境っていうか、帰って来れないんじゃないかってところだと、泊りじゃないと困りますよね。ってことで、スキー場内にも宿泊施設があります。緑の学園ってところで、リフト券パックもあるからいいんじゃないですかねえ。

が、そのシルバーラインに入る前には折立温泉とか大湯温泉とか、温泉地なんですね。それに、ここって実は魚沼ってことで、ごはんというかお米がとってもおいしいんです。ですから、そっちの温泉旅館に泊まるのもいいんじゃないですかねえ。

ホテルさかえやは、近代的な造りで人気です。
折立温泉 ホテルさかえや

やまきや旅館は源泉かけ流しで、自家製の魚沼産のお米が自慢です。
折立温泉 やまきや旅館

ってことで、温泉旅館に宿泊しての滑走もご検討くださいね。ウッシッシですから。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

ということで、お正月に行った時は、結構ガラガラで肩すかしに合ったカンジでしたが、やはり春の方が人気かな。そういう意味では、アルペンライダーには12月からお正月の方がお勧めかも。では、良い奥只見を。

※スキー場についての記事は、こちらにまとめてあります。
スキー場についての記事一覧まとめ

スポンサードリンク

-ゲレンデ
-,