NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

ゲレンデ

苗場スキー場のゲレンデ状況やリフト券と混雑具合に宿泊情報

2017/02/14

%ef%bc%90%ef%bc%93%ef%bc%92%e8%8b%97%e5%a0%b4

苗場スキー場といえば、スキー・スノボをやらない人でも名前だけは知っていますよね。そんな苗場スキー場、実際のゲレンデ状況っていうかコースっていうか、そのあたりと混雑具合。それに宿泊についてお伝えします。

スポンサードリンク

苗場スキー場のゲレンデ状況やリフト券は?

苗場スキー場ってユーミンがコンサートやるところですよね。っていうのはバブル世代かな。そうなんです。ユーミンが毎年コンサートをやっています。

若い人だと夏のロックフェスの方が有名かも。でも、スキーヤーにとっては、スキー場といえば苗場ですよね。

そうなんです。スキーヤーなんです。もちろんスノーボーダーでもいいんですけど、苗場といえばバブルの象徴みたいなスキー場ですからね。

若人だとあんまり行かないから。どうしてもバブル世代から上ってことで、そうするとスノーボーダーよりもスキーヤーに馴染みのあるスキー場。

ですが、広大なスキー場ですからね。もちろんスノーボーダーにも人気。それに今では隣の田代スキー場どドラゴンドラっていうのでつながってしまいましたからね。外国のスキー場みたな気分を味わえます。

ゲレンデプロフィールは
総面積:196ha
コース数:21
最大標高/最低標高:1789m/900m
標高差:889m
最長滑走距離:4000m
最大斜度:32度
リフト・ゴンドラ数:13本
レベル割合:初級30%、中級40%、上級30%

ですが、単一スキー場としては、日本一の来場者を誇るスキー場ってことで、ファミリーからガンガン滑りたい人までをカバーしています。

ファミリーの場合は、センターハウスっていうか、ホテルになりますけど、そこを出て向かって左手にファミリーゲレンデがあります。

小さいお子さんでも安心して滑ることができるので、若いパパやママといっしょのお子さんも安心。

その奥っていうか、高速第4リフトに乗れば、比較的斜度のなだらかな斜面があるので、足慣らしやカント・リフトの調整とか、まだ連続ターンがあんまり出来ないっていう人には、そこがいいんじゃないでしょうか。

「苗場って、チャラチャラしたイメージだから、硬派のオレには似合わない」とか言ってるカッコつけ。苗場って、ワールドカップも開催されたことのあるスキー場ですから、ゴンドラで上まで登ると、結構なハードなコースもあります。

ですから、上級者はそっちで滑る方がいいかな。特にプリンス第二ゴンドラで上まで上がって、途中にあるレストランでは、結構空いていることが多いので、のんびりまったり滑りたいミドルエイジにもおすすめです。

また、1枚バーンでロングターンをしたいって言う人は、プリンス第二ゴンドラ降りてすぐの筍平ゲレンデが中斜面でちょっと待てば人も少なくなるので、ロングターンしまくり千代子です。

リフト券は時期によって若干変わってきますが、トップシーズンは1日券が5000円です。かぐらスキー場との共通券だと5700円。でも、かぐらまで行って帰ってくると、結構時間がかかるから、かぐらで滑りたい場合は、泊まりにして、翌日かぐらに行ったほうが楽しめると思いますけどね。

ちなみに、レストランはホテル内に30近くあるので、お好きなように。フードコートから高級店まで揃っているので、おさいふと相談して、空いてるお店に行ってみてください。

苗場スキー場の混雑は?

ところで、苗場っていうと、どうしても大混雑っていうイメージがある人も多いんじゃないですかねえ。バブルの頃、そのあとも20世紀の最後の10年ぐらいは、リフト待ち1時間とかありましたからね。

あそこは、滑りに行くんじゃなくて、雪を見に行くところっていう話もあります。確かに、滑り終わってホテルに宿泊だと、着替えてパーティードレスでカクテルを飲みに来る女性とかも多いですからね。ここはスキー場か六本木かッて思ってしまうほどです。

が、それは20世紀の話、今はリフト待ちもそんなにありません。せいぜい土日で待っても10分ぐらい。通常は5分ぐらいですかね。

ですから、そんなに混雑ってこともありません。そもそもスキー人口が減っていますからね。心配はありません。

唯一土日の朝、ゴンドラがちょっと混むぐらいです。ですので、上級者は、朝一で上まで行って、そこで回すっていうのがいいんじゃないですかねえ。


スポンサードリンク

苗場スキー場の宿泊は?

苗場といえば、苗場プリンスホテル。ホテル直結っていうか、直営というか、ホテルの前がゲレンですからね。ぜひ苗場プリンスに泊まってください。

ただし、ザ・バブルですからね。車もアウディーの4駆とかが当然のように、バンバン車寄せにやってきて、ハイソなカンジの奥様っていうっても30前半と、いわゆる勝ち組のパパに、賢そうな僕ちゃんっていう組み合わせが多いかな。

当然泊まりはタワーの方にしましょう。窓からナイターを滑ってるスットコドッコイを見ることができますしね。ウッシッシなひと時を過ごすことができるでしょう。
苗場プリンスホテル

が、そんなバブルおやじとは一緒にされたくないっていう人、それに結構周辺にはお得なホテルやペンションが多いんですよね。パーク系の浅貝ゲレンデからすぐのホテル苗場ホワイトパレスも若い人には人気です。
ホテル 苗場ホワイトパレス

で、翌日かぐらみつまたで滑りたいって言う人には、本当は教えたくないんですけど、超おすすめの宿としては、かぐらみつまた高原コテージ。若女将が美人っていうのもありますが、食事がすごーくおいしくて、湯沢の地酒鶴齢がとっても合います。ぜひ行ってみてください。
かぐらみつまた高原コテージ


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

ということで、日本一有名な苗場スキー場、アクセスは実は湯沢からの方がスムーズです。月夜野からだと週末は結構渋滞しますからね。

ちなみに、男4人でプリンスのタワーに泊まったことがあります。バブルの先輩がタワーに泊まりたいって駄々をこねたのでね。では、良い苗場を。

※スキー場についての記事は、こちらにまとめてあります。
スキー場についての記事一覧まとめ

スポンサードリンク

-ゲレンデ
-,